中島ヨシキのフブラジ

神経の細い女の子!?声優・井上雄貴の意外な一面

声優中島ヨシキがパーソナリティを務める『中島ヨシキのブブラジ』。
10月12日のゲストは、『アトム ザ・ビギニング』『天使の3P!』などで人気の声優、井上雄貴さん。

番組では井上さんの二重人格、気分屋な一面など意外な素顔を披露しました。

[この番組の画像一覧を見る]

神経の細い女の子みたい!?気分屋の一面も…

井上雄貴さんは今回から2週に渡っての出演。
恒例の一問一答コーナーでは、人柄や声優のキャリアを目指した理由などについて聞き出します。
まずは、井上さんの人柄に迫る中島。

中島「自分を分析してざっくりとどんな人?」
井上「二重人格か、気分屋?」

爽やかな声からは意外な自己分析。拗らせている感じは少ないものの、「その日やその時で気分の落差が激しい性格」なのだそうです。

井上「細かいことを気にする時もあればどうでもいい時もある」
中島「神経の細い女の子みたい!」

爆笑するふたりですが、井上さんはそんな自分を「すげー面倒臭い」とし、扱いにくさを吐露します。

気分の落差は「なにかのきっかけで変わる、急に」なのだそうです。
スイッチが切り変わるように感情の起伏が急激に変化するとのことで「やだっ、ちょっと面倒臭いわ!」とオネエ口調でリアクションをとる中島。

中島「どんな時にスイッチがパチッと入るの?」
井上「電車とかでドンッとぶつかった時とかあるじゃないですか、ああいう時に一気に落ちます」

どうやら非常に繊細で率直な井上さん。
飾り気のない雰囲気が好感度の高い理由なのかもしれません。

”楽しい”の魅力に惹かれて声優に

定番の質問をぶつける中島。

中島「声優を目指したきっかけは?」
井上「働きたくなかったから…」
中島「あー!一緒。俺は勉強したくなかったからだけど」

毎日決まった時間に決まった場所に行って一日働いて…というよりも”楽しいこと”を優先したかったのだそう。
もちろん声優も立派な職業ですが、井上さんにとってはあくまで”楽しいこと”だとポジティブに捉えているようです。

中島「(声優は)特殊だって言われがちだけど、サラリーマンの方たちとやっていることは一緒。普通に10時にアフレコとか、時間の規則はある」

井上さんも「向き不向きの問題かな」と応じ、結果的に声優という仕事が向いていたと自己分析します。

「働きたくない」「楽しいことがしたい」という世間一般の職業に対する、ある種の反動から飛び込んだ声優の世界。
ネガティブな感情(?)がその後の活躍や今の代表作にもつながったようです。

意外に優しい?中島を評価

さらに「俺がしてみたい質問ひとつ」と中島。

中島「いいところをひとつ言って俺の気分を良くして」
井上「思ったより優しい」

その回答を聞いて、中島は「意外とね?」と返答。

中島「違うんですよ、別に知らない人に優しくする必要ないだけの話で」

単に人見知りであることを付け加えて強調します。
これには井上さんも「さっぱりしてますね。でも確かにそうです」と納得。

話しぶりから中島の方がずいぶん年上かと思いきや、2人の年齢差は1歳だけ。
中島には芸歴の長さがある分落ち着いて感じますが、年齢差が近いだけあって根本的にはどこか似ているような感じがしました。
一問一答を終え、心の距離が近くなった次回のお二人の掛け合いが楽しみになった今夜の放送でした。
(nachtm)
 
中島ヨシキのフブラジ
この記事をで聴く

2019年10月13日00時46分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報