特集記事

岩佐美咲がこの10年で変わったこと、そして変わらないこと

AKB48メンバーで演歌歌手の岩佐美咲がパーソナリティを務める『岩佐美咲の演日』。

10月17日の放送の模様をお届けします。

[この番組の画像一覧を見る]

秋の楽しみ方

今回もリモート収録でお届けしています。

岩佐「今週まではリモートでの放送という予定になっています。来週くらいからはスタジオで収録できるんじゃないかと思っていますが、どうなっているんでしょうか。久しくCBCのスタジオに行っていないなあ。スタッフのみなさん、元気にしているかな?」

パソコン上でお互いの顔は見ているものの、なかなか相手の顔を直接見て話すことが出来ていないという方、皆様の中にも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

岩佐「東京スタジオのある九段下には皇居もありますから、また皇居ランにも挑戦したいと思っているんですよ。ランニングにはちょうどいい季節ですからね。本当にやろうと思ってますよ!」

以前このラジオでも、初の皇居ランに挑戦したと話していた岩佐。

まだまだ感染予防対策は終わりませんが、この季節ならではの楽しみをたくさん見つけていきたいところです。
 

10周年!

ここからはリスナーからのメッセージを紹介します。

「もうすぐわさみんのデビュー10周年の年が終わってしまいますね。わさみんがこの10年で変わらないと思ったこと、そして自分の中で変わったことはなんですか?」(Aさん)

今年でデビューより丸10年を迎えた岩佐です。

岩佐「今年は10周年、来年は10年目ということでやらせていただくつもりなんですよ。10年といっても、根本的な性格はほとんど変わっていないかな?変わったところといえば、自分で言うのも何ですが大人にはなったと思いますよ」

グループ所属時代も含め、演歌歌手としてさまざまなことにチャレンジしてきた岩佐。

年齢を重ねたこともそうですが、この10年での経験は岩佐を大人へと成長させてくれたんだとか。

岩佐「内面的なこともそうですが、見た目もね。昔の映像や写真を見ると、髪型や服装でびっくりすることがあります。自分のチョイスに驚くことがありますね」

最近はもっぱら丈の短い服を履かなくなったとのこと。

服装で一番に重きを置くのは「着心地、動きやすさ」だそうです。

岩佐「プライベートではヒールもあまり履かなくなりましたね。おしゃれは我慢なんて言いますが、ちょっと今の私には難しいかな。どれだけ歩けるか、疲れないか、そして暑さや寒さに強いかなどで選んでしまいますね」
 

名付けの難しさ

続いてはこんな質問。

「わさみんはゲームの主人公の名前や、ハンドルネーム、ペットの名前を付けることは得意ですか?」(Bさん)

いつか生まれる子供の名前選びに迷ってしまいそう…と話すリスナーからのメッセージです。

岩佐「わたしは本当にネームセンスがないんですよ。だから最初から諦めて悩まないんですよね。ゲームのキャラクターの名前なんて、猫の名前に"ネコ"って付けるくらい(笑)」

こんな具合でとにかく名前を付けるのが苦手な岩佐ですが、ある秘策も持っているんだとか。

岩佐「食べ物の名前で縛ってしまうと楽なんですよ。例えば焼肉のメニューで決めてしまうとかね。カルビ、ハラミ、キムチ、ユッケ、ナムルなんて付けたりしています。実家のペットはハムとチーズなんですよ(笑)」

次のペットの名前候補は「トマト」と「レタス」かも?

食べることが好きな岩佐の性格が表れた名付けエピソードでした。
(新海優)
 

10/17 セットリスト

M1「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~ 」岩佐美咲
M2「鳴子峡」水森かおり

特集記事
この記事をで聴く

2021年10月17日05時00分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報