特集記事

岩佐美咲が初の配信ライブ開催!しかし予期せぬハプニングも…

AKB48メンバーで演歌歌手の岩佐美咲がパーソナリティを務める『岩佐美咲の演日』。

岩佐「もう早いもので9月も半ばということで。今年は夏らしいことがほとんどないまま秋を迎えてしまいました。年末まで1日1日を大事に過ごしていきたいですよね」

4連休も目前に迫った、9/13の放送の模様から。

[この番組の画像一覧を見る]

初の開催

今回もリスナーからのメッセージを紹介します。

「先月行われた無観客ライブ、配信で楽しみました。とっても、とってもよかったです。画面越しでもわさみんの素敵な歌声が届いてきましたよ。ギターでの弾き語りで、キリッとした表情と真っ直ぐな歌が忘れられず、今も余韻に浸っています」(Aさん)

およそ一月前となりましたが、配信限定でライブを行った岩佐。

約1時間のワンマンライブでは自粛期間中に練習したギターで、初の弾き語りに挑戦。

あいみょんのカバーで「マリーゴールド」、AKB48の「365日の紙飛行機」も披露しました。

岩佐「皆さんに少しでも楽しんでいただける方法は何かと考えて、初めてギターの弾き語りに挑戦してみました」

メッセージで寄せられた「キリッとした表情」については「初披露だったのでかなり緊張していて、ちょっと顔が強張っちゃっていただけかも…」と振り返ります。

岩佐「弾いているときは必死だったのでなかなか表情まで気が回らなかったですね。『マリーゴールド』を選んだのは季節もぴったりだし、明るい曲調で皆さんの心に届いてくれるかなと思ったからなんです」
 

ハプニング発生!

実は弾き語りの披露にはこんなハプニングも。

岩佐「リハーサルまで、私服のスニーカーで弾いていたんです。本番はかなり高いヒールであることをすっかり忘れていて、マイクスタンドもそのままの高さでリハーサルを終えまして(笑)。
いざ本番、高さが合わずにちょっとやりづらかったんですけど、なんとか最後までやり抜くことができました」

本人のブログにも掲載があった、10cm超えのピンヒールを履いての弾き語り。

どんな状況でも慌てずに歌い切るのはさすがの岩佐プロです。
 

妹も応援

さらにライブの感想が続きます。

「先日のライブに参加しました。新曲の披露やカップリングのカバー曲もとてもよかったです!特に『ふたりの海物語』は、今までのカバー曲の中でも最も完成度が高い一曲なのではと思います」(Bさん)

新曲「右手と左手のブルース」に収録されている「ふたりの海物語(岩佐美咲バージョン
)」。

特に今回はファンから好評の声が多く届いている楽曲だと話します。

岩佐「新曲のカップリングの中でも、この曲が特に人気なんです。実はこの配信ライブをわたしの妹も見てくれていたのですが、この曲が一番よかったと言ってくれたんですよ」

チケットを購入し、コメントもたくさん送って応援してくれる姉思いの妹さんです。
 

ぜひチェックを

岩佐「まだ聴いたことがないという方にも是非聴いていただきたいんです。CDのジャケット写真もコラボバージョンで可愛いので、ぜひチェックしてみてください。
ミュージックビデオも作ったのですが、アニメとのリンクした演技もあるのでそこに注目してほしいです」

艶やかで渋めの着物でしっとりと歌うミュージックビデオは、映像がとても綺麗で華やか。

パチンコというジャンルだけに関係なく、多くの方がにおすすめしたい作品です!

特に女性には、着物やメイク、髪型なども見応えのあるものとなっていますよ!

岩佐「こちらの新曲ですが、来月にはさらに新しいタイプで発売することも決まっています。カバー曲も増やしてみなさんにお届けします。ぜひお楽しみくださいね」
(ゆうつん)
 

9/13 セットリスト

M1 「年下の男の子」岩佐美咲
M2 「花芒」谷龍介
 
特集記事
この記事をで聴く

2020年09月13日05時00分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報