推シマシ

TEAM SHACHI 坂本遥奈、大学の卒業式で泣かなかった理由

大学の卒業式が終わったTEAM SHACHIの坂本遥奈
無事に卒業できた喜びや、卒業して学生ではなくなる心境、卒業式で自分が泣かなかった理由など卒業に関するエピソードを楽しく語りました。

坂本遥奈と酒井直斗がパーソナリティを務める3月18日放送の『推シマシ』より。

[この番組の画像一覧を見る]

坂本、卒業しました!

まずは、酒井からリスナーや番組スタッフを代表して言葉が。

酒井「改めて、ご卒業おめでとうございます!!」

2人とも拍手でお祝いモードです。
リスナーからも、メッセージが届きました。

坂本遥奈様 この度は大学ご卒業、おめでとうございます。
4年間で育んできた学友との絆や、蓄えた知識を大事に、これからは一社会人としてますます成長していくことを心から願っております。
今後の活動予定も徐々に解禁され、パワーアップしていく坂本様の姿を見届けられることを楽しみにしております。 敬具」(Aさん)

まるでお祝い電報のようなメッセージに驚く坂本と酒井。
「敬具」と付くような丁寧な文面はなかなか受け取ることがないだけに、坂本も感激した様子。
3月16日に、名古屋の愛知学院大学を卒業したことを坂本の口から改めて報告しました。

酒井からのお祝いもですが、番組にだけでなく、Instagramなどでたくさんのお祝いメッセージをもらって本当に嬉しかった、と話す坂本。
 

卒業した今の心境は?

卒業式を終えた今、坂本はどんな心境なのでしょうか。

坂本「やっぱりちょっと寂しいね」

小学校6年、中学校3年、高校3年、大学4年。合計16年間も学生生活を送ってきましたが、それが終わってしまうことに寂しさを感じているようです。

「先生」と呼ぶ存在がいなくなること、毎日(大学は必ずしも毎日ではありませんが)学校へ通うといった習慣が、来月4月からなくなってしまいます。

「学校に通わなくていい経験」をまだしていないため、楽しみでもあり、寂しくもあると説明。

「大学生活を楽しむことができたのは、家族をはじめTEAM SHACHIに関わるスタッフの方々、ファンの応援のおかげだった」と感謝を述べる坂本。

坂本「テストの日とお仕事が被っちゃいそう!みたいなことも、マネージャーさんが調節してくださったりとか」

ファンの方からも「学生頑張ってるね」等、声をかけてもらえることが励みになって卒業できたと改めて熱く感謝を語りました。

酒井「みんな、遥ちゃんがこんなに大きくなったよ」

年の離れた妹を見守るような視点で、しみじみと卒業した坂本をお祝いする酒井でした。
​​​​​​​

卒業式と言えば…泣いた?

ここで、酒井が坂本にとくに聞きたかったことを質問します。

酒井「ねえねえ、泣いた?泣くの??」

卒業式と言えば、別れのイメージ。酒井は、坂本が卒業式で泣いたのかどうか興味津々です。

坂本「泣いてない」

坂本は「卒業か…」としみじみ思ったものの、不思議と中学や高校の卒業式と違い、同級生たちが社会人になるという今までと全然違う生活になるため、応援する気持ちのほうが強かったとか。

坂本「どこに就職したの?とか。愛知県から離れる子も結構多いじゃない?」

大学には地元の学生ばかりではなく、遠方から進学してきた学生もいます。就職も同じで、必ずしも愛知県でするとは限らないし、場合によっては配属が東京や九州と言った学生も。
同級生たちの4月からの新生活の話を聞いているのが楽しかったと言います。そのため、泣くような雰囲気ではなかったと話していました。

坂本「でもね、卒業式の朝に家を出る時にママに『ハンカチ持って行きなさいよ』って言われたの」
酒井「あら~、それは絶対泣くと思われてたね」

坂本自身も、「もしかしたら泣くかも?」と言いつけ通りハンカチを持って家を出たものの、結果は前述の通り、泣くというよりも「みんな、また元気で会おうね!」といった雰囲気で、思っていたのとは違っていたようです。
(葉月 智世)
​​​​​​​
推シマシ
この記事をで聴く

2021年03月18日22時05分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報