北野誠のズバリ

2人合わせて100歳!昭和生まれの熟女アイドル「アイドルず」

「私たちー2人あわせてー100さーい!現役アイドルの『アイドルず』でぇーす!」

ラブリィな声が響きます。

6月13日放送の『北野誠のズバリ』、「工作太朗の工作員潜入レポート」のコーナーで取り上げたのは、この度めでたく「2人合わせて100歳」を迎えた、愛知県西尾市のご当地熟女アイドルアイドルず」。

工作太朗アイドルずの東山彩さんに、電話でインタビューを行いました。

[この番組の画像一覧を見る]

「永遠の16歳です!」

愛知県西尾市のご当地熟女アイドルアイドルず」は、“妖精”担当のふゎりぃさんと、“妖怪”担当の東山彩さんからなるコンビ。

5月6日に彩さんが56歳の誕生日を迎えたことで、2人合わせてなんと100歳に!

この度発売した「100歳記念シングル」について詳しいお話を聞くため、工作が彩さんに電話インタビューを試みました。

普段、パソコン教室の先生をしているという彩さん。

「56歳になられたんでしたっけ?」と念のため確認する工作に、彩さんは「やだわ~。永遠の16歳です!(ぶりっこ口調)。まっ、56だけどね!」

3枚目キャラの明るい彩さんです。
 

教え子の半分はドン引き

新型コロナウイルスの影響でせっかくの100歳記念イベントは中止に。

それでも彩さんは毎日忙しくしているそうです。

彩さん、実はパソコン教室の先生だけではなく、大学の非常勤講師や専門学校の先生としても活躍しているのです。

5つの授業を受け持っていているため、月~金はスケジュールがパンパン。土日は授業準備で大忙しというわけです。

「学生さんたちはアイドルずのことを知ってるんですか?」と素朴な疑問を口にした工作に、「うん、伝えてる」と彩さん。

学校ではセーラー服を着ていないものの、彩さんのアイドル活動は学生たちに知られているそうです。

それでも「ひらひらの服を着て、ぶりっこ声で話している」という彩さん。

学生の半分は応援、半分はドン引き、なんだとか。
 

男子学生から本気の「お願い」

「先生やから、他人やからええけど、自分のお母ちゃんがやってると思うとちょっと引くやん」という北野誠の考えは的中。

現在20歳の彩さんの息子は「おかん、イタいからやめてくれ!」と、とにかく嫌がっているんだそう。

アイドルでありながら先生でもある彩さん、ある日学生からとんでもないお願いをされてしまいました。

提出課題と一緒に「先生、僕は童貞なんです。僕の筆おろしをおねがいできませんか。いろいろ教えてくれませんか」というメッセージが。

その学生は、かなり本気モードだった様子。

「彩さんのアニメ声にグッときてる若者もいたり」と工作。

バリバリのキャリアウーマン

休日には、自らアイドルずのMVやテレビCMの映像を作ってるという彩さん。

被写体から編集までこなす、マルチなアイドルです。

実は彩さん、音楽やイベントを通して西尾市観光PR活動をする「COCOプロジェクト」の代表も務めています。

アイドルであり、映像クリエイターであり、先生であり、社長でもある彩さん。

バリバリのキャリアウーマンですが、本業はあくまでもアイドルです。

「皆さん、おまたせしました!」と工作。

ここで、アイドルずの100歳記念シングル「ゴメンネッ☆ラーメン」が流れます。
 

「昭和生まれの閉経アイドル」

この曲は「本当はラーメンが大好きなのに、ダイエット中だから食べられないよ。デート前にニンニクは臭うから食べられない、ラーメンごめんね」という乙女な内容。

「100歳記念」とは全く関係ない、ニューシングルです。

このシングルをひっさげて、これからイベントにどんどん出ていきたいという彩さん。

そんな彩さんのつかみは「昭和生まれの閉経アイドルでーす」。

これに「閉経、そこに使うかー」と手を叩いて喜ぶ北野。

彩さんの目標は「寝たきりになっても活動する『寝たきりアイドル』」。

「ベッドごと登場しようかな」と野望を秘めているようです。

目指せ!「2人合わせて200歳」のご長寿アイドル
(minto)
 
北野誠のズバリ
この記事をで聴く

2020年06月13日11時08分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報