北野誠のズバリ

剛力彩芽庶民化計画。北野誠の番組アシスタントに推薦?

女優・剛力彩芽さん(27歳)と、ZOZO創業者でスタートトゥデイ代表取締役社長の前澤友作さん(43歳)の破局が報じられました。

交際発覚から1年半、剛力さんの所属事務所は「破局したことは事実ですが、プライベートは本人に任せております」とコメントしています。

このビッグカップルの破局話に、北野誠とITジャーナリスト・井上トシユキ戸井康成が言いたい放題。

最終的に、剛力さんに庶民感覚を思い出してもらうための画期的な提案が飛び出しました。

見ている方がヒヤヒヤ

2人の交際が発覚したのは昨年の4月。

17歳の年の差があるIT長者とアイドル女優の熱愛のニュースは、世間を騒がせました。

昨年7月には、前澤社長のプライベートジェットでW杯ロシア大会決勝のフランス対クロアチア戦を観戦。

現代アートのコレクターとしても知られる前澤社長とアート作品の買い付けに付き合う姿が報じられたり、自身のSNSに前澤社長の写真を載せたりするなど、2人の交際は順調かと思われていました。

とはいえ、「見ている方がヒヤヒヤするようなお付き合いだった気がする」と、視聴者目線でコメントする戸井。

かけそば1杯で恋に落ちる

北野誠は、「別れたら、次の男付き合われへんで。こんな贅沢の限りを尽くしたらね。人生でプライベートジェットって…」と男性目線。

これに戸井は、「漫画とかドラマの世界だと、この後すごい普通の若者と、かけそば一杯分け合って。それで恋に落ちるみたいな感じがありますよね、よく」とコメント。

戸井は一体、どんな漫画やドラマを見ているのでしょうか。

井上「2人で200万とかの肉食いに行っとるんよ」
北野「ワインが1本100万とかやで」
戸井「それが350円のかけそばを2人で割るわけにはいかんてこと?」

この話題に北野は、お笑い芸人の今田耕司さんがテレビで語っていたことを思い出します。

強い気持ちか鈍感力が必要

「前澤さんとご飯を食べに行って、『今日は僕におごらせてください』。カード1枚の限度額では払いきれなかった言うんやから」

ワイン代が高額すぎて、今田さんのカードをもってしても支払いができなかったというのは驚きです。

「あれは総額500万って言われてましたね。そのレベルなのよ。かけそば350円じゃないのよ」と、戸井を諭す井上。

「次付き合う人は相当の覚悟か、相当のあまり何も知らない人かですよね」と戸井が話すように、前澤社長の“次の男”になるためには、かなりの強い気持ちが、もしくはかなりの鈍感力が必要となりそうです。

北野「剛力さんがどうなんだか。『プライベートジェット持ってない人、私ちょっと無理』」
井上「アラブに行くしかないでしょうね」

俺特製のふりかけをあげる

「別れたら剛力さんどうすんのやろな」と、以前から心配していたという北野。

一度最高レベルの体験をしてしまった女性には、他の男性が近寄りにくいのではないかと危惧する北野に、井上が画期的な提案をします。

「どうですか?『ズバリ』のアシスタントでいろいろ、なじんでもらおう」

井上は『北野誠のズバリ』のアシスタントに採用して、剛力さんに庶民感覚を思い出してもらおうというのです。

北野「一から(笑)」
戸井「普通に僕らと一緒の弁当食べて」
井上「オレンジランチ(CBC近隣の弁当店)の弁当。『幸せやろ、このお弁当ね』言うて」
北野「俺特製のふりかけもあげて」
井上「酢たまねぎもつけてあげて」

ズバリ軍団による、剛力さん庶民化計画は果たして進行するのでしょうか。
番組からの公式情報を待ちましょう。(ないない!)
(minto)
北野誠のズバリ
この記事をで聴く

2019年11月16日11時05分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報