北野誠のズバリ

つぎの快適をつくろう

北野誠のタイトルコールと耳馴染みのある「コロナ♪」のサウンドロゴで始まる『つぎの快適をつくろう コロナにズバリ』。
11月は毎週水曜日に、ストーブやファンヒーターでおなじみの『コロナ』の魅力に迫るコーナーを放送しています。

2回目の今回は、コロナの久保さんを招いてタイトルにもある「つぎの快適」についてお話を聞きました。

その先にある“快適さ”への追求

開始早々、北野が久保さんに質問。
「コロナの“これから(つぎの快適)”については、何か新しいことを考えているんですか?」

久保さんが丁寧に答えます
「つぎの快適をつくろう」は今年の9月に発表したコロナの
新しいスローガンです。“ただ暖かい”“ただ涼しい”というのは言って見れば当たり前ですよね。
その先にある快適さを追求して、生活をより豊かにするお手伝いをしていきたいと考えています。」

そして、スローガンと同時に発表した製品が新作暖房機「NOIL HEAT(ノイルヒート)」

『“オイルを使わないオイルレスヒーター”
「NO」「OIL」「HEATER」で「NOIL HEAT(ノイルヒート)」と言います』

北野曰く「おしゃれなビジネスマンが使うスーツケースをすこし薄くしたような形」

コーナー開始前にスタジオ内で「NOIL HEAT」のスイッチを入れていたみたいなのですが
早々にスタジオが暖かく包まれたようです。

コロナの技術

コロナの新作暖房機「NOIL HEAT」はオイルを熱するわけではないので、すばやく空間を暖めることができるようです。

なぜ、すばやく空間を暖めることができるのでしょうか。

原理は、アルミのかたまりの中に電気ヒーターを入れてあり、アルミは他の金属よりも暖まりやすい性質があるので、すばやく暖房運転を開始できるそうです。

これは、コロナの得意な技術!!と出演者は思いましたが…しかし…

久保さんが解説を続けます。
「ただ、これを作るのに実は相当苦労しました。
暖房性能をフルに発揮するために、アルミの形や配置を何度も何度も作り直したり、歪みの許されないヒーター菅は100分の1ミリまで精度を高めました。
そうこうするうちに誕生までに3年もかかったんです。」

北野も思わず「さすが新スローガンの第一弾商品ですね。社を上げた商品ということですね。」
と納得した様子。

NOIL HEAT

北野がコーナー終盤に最後の質問
「電気ストーブというと近くに置いて暖まるイメージがありますが、“NOIL HEAT ”はどうなんですか?」

『確かに電気ストーブにはそういうイメージがあるかとは思います。
「NOIL HEAT」は、あたたかい空気を対流させてお部屋を暖めます。
対流と輻射熱で部屋全体をほんわか暖めます。』

オイルレスでパワーもあり、灯油をいれなくてもいい、匂いも少ない、そして、静か・・コロナが目指す“快適”はこの「NOIL HEAT」が現しているようです。
 
関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報