スポルティーバ アリーナの「水曜カレープロレス」に潜入

北野誠のズバリ / エンタメ

8月31日放送の『北野誠のズバリ』では、番組工作員こと工作太朗が、「カレープロレス」への潜入取材をレポートしました。

さまざまな店が立ち並ぶ鶴舞公園の高架下で、工作がたまたま見かけたのは「水曜カレープロレス」という謎のワード。

「毎週水曜日に開催されるイベント、店内の常設リングでプロレスが見られるよ!」

この言葉に惹かれた工作は、早速水曜日にこのお店「スポルティーバアリーナ」を訪れました。

インドカレーとプロレス

今まで、プロレスを一度も生で見たことがなかった工作。

「カレープロレス」という言葉に昔のバラエティー番組を思い出し、「カレーを掛け合う?凶器に使う?」と、工作の頭の中ははてなマークだらけです。

料金は、ワンドリンクとカレーがついて4,000円。

お店の人から「もうすぐ試合が始まるから、早く食べてくださいね!」と言われて、工作はようやく「ああ、カレーはかけるやつじゃなくて、食べるやつ」と理解しました。

そしてなんとこのカレーは、スパイスから仕込んだ、ルーを使わない本格的なインドカレーだったのです。

ひ弱なおじさん登場

時刻は夜8時ごろ、会場はすでに40~50人のお客さんでいっぱいでした。

客層は、学生風の男性、子連れファミリー、年齢層が上のご婦人の集団、サラリーマンなどバラバラ。

ハードロックのギターのメロディが流れ、リングアナが登場、いよいよ選手の入場です。

入場口に視線が集まりますが、「ここだー!」といういかにもなタイミングで、誰も出てきません。

結局、中途半端なタイミングで、細身だけどお腹が出た猫背の50代のおじさん、頭髪もさみしい、いかにも弱そうな長谷川選手ががぬるっと登場しました。

「えー!こんな感じなの?プロレスラー!」と、自らが抱いていたイメージとの違いにひるむ工作。

リングに上がる時に、ロープに足をひっかけてつまずき、自分の名前入りのタオルをバッとかざすも、裏地。

何をやっても決まらないおじさんに、会場からは笑いが起こります。

猫背のおじさんVS緑髪のマッチョ

再度カッコいい音楽が流れ、今度は髪の毛を緑色に染めた、タンクトップ姿のマッチョな選手が、ファンに「ウルセー!」と罵声を浴びせながら入場してきました。

「次も変なおっさんが出てくるのかな?」と思っていた工作はビックリ。

なんと、ひ弱な猫背のおじさんと緑髪のマッチョマンの対決だったのです。

案の定、バッチバチにやられてしまうおじさん。

おじさんがマッチョに髪の毛をむしられるパフォーマンスでは、会場が「やめろ!やめろ!」と一体となっておじさんを応援します。

場外乱闘では、おじさんの髪の毛の一番さみしい部分を客席に向けて、「今シャッターチャンスですよー」と促すマッチョ。

おじさんの頭髪は「インスタ映え」に使われてしまいました。

まさかの加齢臭地獄

しかし、おじさんもやられっぱなしではありません。

一輪車をゆっくり漕いで、マッチョにタックルをかます必殺・一輪車攻撃を繰り出します。

なんてことのない攻撃に見えますが、苦しむマッチョ。

後でマッチョに理由を聞くと、なんと「すごい加齢臭がするんです」と驚きの答えが返っていたといいます。

おじさん、「カレープロレス」だけに「加齢」臭で攻撃をしていたようです。

第一試合はこのようにお笑い系の要素が強く、工作も大爆笑。

気づけば手拍子をして、やられているおじさんに「やめてあげてー!」と声をあげるほどノリノリでした。

初心者も楽しめる

2試合目はマスクレディーと、ダンプ松本さん風の選手による、女性同士の戦い。

3、4試合目はいわゆるプロレスで、男性同士のアクロバティックな試合。

骨に響くようなドスンという音の胸元へのチョップなど、リングが近くて迫力満点だったと興奮気味に語る工作。

4試合すべて見た工作は、「ストーリーが楽しい。ここのお店だったら初心者でも楽しめるし。ああ、だからこういういろんな層がいるんだな」と納得しました。

「名古屋のプロレスシーンって、ちょっとアングラなイメージがあるかもしれないんですけど、若い層にも広がってきてるのかな」と工作。

手に汗握る試合展開で、ビールは進んだものの、結局カレーは試合終了後に食べたそうです。

4,000円でプロレスを楽しめ、おいしいインドカレーも食べられる「スポルティーバアリーナ」。

興味を持った方は公式サイトでご確認を!
(minto/撮影:工作太朗)
 
この記事をradikoで聴く

2019年08月31日11時09分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×