北野誠のズバリ

名古屋にタワシおじさんが誕生?タワシの散歩で見えてきたもの

8月10日放送の『北野誠のズバリサタデー』、「工作太朗の潜入レポートのコーナー」では、工作太朗が「タワシを散歩させる女性」に潜入しました。

ある日、工作のTwitterのタイムラインに流れてきたのは、友人が「新しいペットを飼い始めた」と、タワシを散歩させている動画でした。

目玉などのデコレーションで飾り立てたタワシにリードを付けて歩く友人を見て、「闇を抱えてるのかな?」と思った工作。

詳しい話を聞くため、早速約束を取り付けました。

タワシを飼う友人

待ち合わせの駅のホームに到着した途端、「工作さーん!」と駆け寄ってくる友人。

その手に繋がれたタワシは2匹に増えていました。

その瞬間、友人と工作の周囲からはすーっと人が引き、まるで花道に。
かなり怪しまれてしまったようです。

「早く人目がないところに行こう」と考えた工作は、友人を連れて街外れの喫茶店に入りました。

「いらっしゃいませ!」の後、下のタワシに目線を向けて「えっ?」と固まる店員さん。

お客さんも通り過ぎるたびに振り返ります。

なかなか友人にタワシのことを切り出せないでいた工作ですが、ついに「それはなんなの?」と尋ねました。
 

タワシおじさんの存在

「これね、普通の人はちょっと気になるかもしれないけど。かわいいでしょ」

友人が持ち上げて見せてくれたのは、がっつり「タワシ」。

枯れ葉など、道でついた汚れもくっついていてシュールな絵面だったといいます。

工作「大丈夫、最近なんか疲れてる?」
友人「確かにそういう風に言ってくる人はいたけど。普通の人なら変に思っちゃうよね」

「変という自覚はあるんだ、じゃあ大丈夫」と少しほっとした工作。

友人がタワシを散歩させるようになったのは、タワシを4~5匹散歩させている、東京に出没するマント姿の「タワシおじさん」がきっかけでした。

しかし、このタワシおじさんは実は2号。
所沢在住の「元祖のタワシおじさん」は2007年に引退してしまっていました。

このタワシおじさんを見て「かわいいな!」と思ってマネする人が増えているようです。
 

飼い主を見てくるマイタワシ

「すぐにタワシがひっくり返るんだけど、どうやってひっくり返らないようにするか」など、タワシおじさん2号と連絡を取り合ってアドバイスをもらっているという友人。

他にも「目玉を中央に近づけた方がかわいいよ。リードは50~60センチにするのが一番いいよ」など、多くのコツを教えてもらったそうです。

工作魂に火がついた工作。

「僕もやってみないとわかんない!」ということで、“マイタワシ”を作成。

早速、CBCのある中区新栄の周辺を散歩してきました。

工作「みんなすごい顔して見てきますね!みんな見てくるし、多分動画とか撮ってるんでしょうね。すごい注目されて。」
北野「お前、だんだん違う方向いっちゃったな」

デコレーショングッズは全て100均で。

「散歩させてると、すごい飼い主を見てくるんですよ。めちゃくちゃかわいいっすよ」

タワシに心酔する工作に、「おい、何言ってんだお前!」と恐怖を覚えた様子のITジャーナリスト・井上トシユキ
 

名古屋のタワシブリーダー

工作「めちゃくちゃかわいいっすよ、しっかりついてきて来てくれるし」
井上「こえー!こえーよ、お前!」
工作「この100均の大きいタワシはなかなかひっくり返らずね、なめらかなんですよ、すごい。あまり音も気にならず。シャーって軽い音がして。かわいいですよ」

朗らかに語る工作に、「へー、よかったね」と感情のない声を発する北野誠

北野「名古屋で現れるタワシおじさんになったらいいんじゃない?ウチの番組降りる覚悟でがんばって」
工作「あーーーーーー!!!!!(絶叫)」

それでも「1回皆さん、タワシおじさんの動画をぜひチェックしてみてください」とアピールする工作。

その後、工作のTwitterの肩書には「タワシブリーダー」の文字が追加されていました。
(minto)
 
北野誠のズバリ
この記事をで聴く

2019年08月10日11時09分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報