遺品を整理するこどもたちの叫び「捨ててくれ!いろんなものを」

北野誠のズバリ / ニュース

超高齢者社会を迎え、ひとりで最後を迎える人が増加しています。
亡くなった方の家財・ゴミの片付け、相続に関する作業の手続きを代行する遺品整理ビジネスが、今、注目を集めているそうです。

4月6日の『北野誠のズバリ』では、親の家の片付けの問題を取り上げました。
北野誠とアシスタントの片山淳子にとっても、親がモノを捨てないことは身近な大問題のようです。

お願い『捨ててくれ』

北野は遺産整理ビジネスの話題を受け、自分の経験を語ります。

北野「大阪の実家に戻るたびに、お袋に言いたい。『捨ててくれ!いろんなものを』。
歳とったら断捨離って、すごい勇気がいるみたいね」

片山「もし"何か"のときに使えるかも、とか」
北野「もう"何か"はないねん!」

北野は「マジに家帰ったら、帰るたびに散らかってるねん。
お袋からしたら『散らかってない』言うけど、俺から言うと『散らかってる』ねん。

ほとんどいらんもんやねん。
『捨てようや』と言うと、ものすごく意地になって『捨てられへんねん』と言う。
これ”何かあった時”と言うけど、それはお袋が死んだ時以外ない」とキッパリ。

「言うた?」と、言葉につまる片山。
 

捨てないといけない理由

北野が捨てたいのには理由があるようです。

「昔の家はパワーシャベルで、中にものがあってもガンガン潰したんよ。そのまま産業廃棄物として処理できた。
ところが今はそれが法律上できない。まずは家の中のものを片づけてから解体業者につぶしてもらわなあかん」

片山「分別をするわけですね」

北野「で、遺品の整理ビジネスが生まれてきた。
俺みたいに、『片づけて』とか、『こんなんいらんやん』というと、ものすごい年寄りはへそを曲げる」

確かにどこの家にもありそうな話です。

「だいたい普通に考えたら、遺品整理は業者に来てもらって、一軒家は3日くらいかかるねん。

よく言われているのは、玄関から片づけて行って、寝室まで行って終わりにするのが一番いい。まず玄関で靴とかサンダル、いらんやつは捨てていく」

玄関から片づけるのはできそうな気がします。それで勢いをつけて、いらないモノをどんどん捨てる。
 

用途不明の大皿

いらないモノといっても、いろいろあります。
北野は実家の使ってない皿がまず目に浮かぶそう。

片山「引き出物やなんやでもらってきたもの」
北野「意味のない、桃源郷のような仙人が雲にのっているような皿。いつ使うねん、あんな大皿。

昔、夫婦喧嘩して親父がいっぱい皿割ったけど、あれ、よかったんや」

遺品整理業者にまかせる方法もあるようですが、問題点もあるようです。

「業者さんにまかせっぱなしにすると、意外と貴重なものが出てきたりするのんよ。忘れてた現金とかあったりするから。
その時は立ち会わなかったら、遺品回収業者が持って立ち去る。そういう業者もおるから」

中にはタチの悪い業者もいるようです。

「『いずれ使う』と言ってるもんは使わないので、70歳くらいでしっかりしている方は片づけていきましょう」と、切実に呼びかけました。
 

フリマにご用心

片づけるなら、フリーマーケットに出すという方法もありますが…。

片山「地域によったらフリーマーケットありますけど、またそこに行って、お母さん、小銭握りしめて、またお皿買ってくるんですよ」

これは片山の実体験のようです。

北野「うちのおかんも、フリーマーケットはワクワクする」
片山「また増えるねん」

"おかんにフリマ"は要注意のようです。
 

エコバックが…

北野「うちのおかん、手芸するのが好きやねん。この間実家に戻った時、エコバッグが40個くらいぶら下がってるねん。

おかんに『これ捨てよう』と言ったら、『私が丹精こめて縫ったカラフルなこのエコバックを捨てろと言うのか!』」

片山「それはへそ曲げる」

北野「あれね、もう"エゴ"バックやな」
片山「うまいこと言った!」

"エコ"バックが"エゴ"バックに。感心してる場合ではありません。

北野「みなさん、用もないのにフリーマーケット行くの、止めてください。
楽しみはわかりますが、できることなら"消えもの"を買ってください。残された者のお願いです」
 

遺品整理に3年?

この北野のお願いに「わかります」との共感のおたよりがたくさん届きました。

「遺品整理屋さんがどういう契約になっているかわかりませんが、悪い業者もいると思いますので、心配なら結局、自分だけで整理した方がいいと思います。
僕の実家は僕の見立てでは片付けは1カ月程度と見込んでいます」(Aさん)

「母の遺品整理やってますけど、亡くなって3年、いまだ片付いていません」(Bさん)

片付けの見込みは、3日が1カ月となり、3年経ってもまだ終わらないという報告に、「やっぱりそうなんやー」と嘆く北野でした。
(みず)
 
この記事をradikoで聴く

2019年04月05日13時13分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×