オーケイ岡山、福山雅治主演映画の出演シーンで大ショック!

北野誠のズバリ / トーク

10月8日放送『北野誠のズバリ』は体育の日ということで、祝日特別企画「松竹芸能お笑い芸人第5弾」。

これまで、かみじょうたけしさんやチキチキジョニーさんなど、北野の後輩が登場しましたが、今回のゲストはお笑いコンビ・オーケイの岡山祐児さん。
相方の小島弘章さんは「収納王子コジマジック」として生活情報番組などに出演していますが、テレビではコンビで出演する機会があまりないという状況。

北野いわく「小島が一番初めに収納したのが岡山で、俺が(DVD『北野誠のぼくらは心霊探偵団』で)久しぶりに外へ出した」のだそうです。

ジョン・ウー監督の映画に出演!

そんな岡山さん、最近の仕事はなんと、『レッドクリフ』などで知られるジョン・ウーが監督で、チャン・ハンユーさんと福山雅治さんがダブル主演の映画『マンハント』。
かねてから『ズバリ』では「年に5日しか仕事がない」と言われていた岡山さんにとって、かなりの大舞台です。

もちろんセリフもある役で、大阪で撮影していたのですが、撮影中のある日、ジョン・ウー監督から「撮影が延びて、岡山県でも撮影することになったので、このまま残ってくれないか」と頼まれました。

それを聞いた岡山さんは、「心霊番組『北野誠のおまえら行くな。』の沖縄ロケがあるので困りますわ。後出しジャンケンみたいに言われても」と断ったのだとか。

そのまま沖縄で楽しくロケを行った後、映画の撮影期間は終わり、今年の2月に公開されました。

事前に出演を聞いていた北野は映画を観に行きましたが、まったく岡山さんの姿はありません。

「全然出てないやないか、(出演するシーンは)どこやねん!」と言う北野に対し、岡山さんは「ちょっと待ってください、出てますと。安心してください、お兄さん。僕はもうアクターなんです。芸人じゃないんですよ」と豪語しました。

衝撃の事実が発覚!

その後も岡山さんは映画館で観ることはなかったのですが、最近、レンタルビデオ屋で「準新作」として貸し出しされているのを発見。

さっそくビデオを借りて家に帰って観てみると、岡山さんが演じていた役・セリフ・行動のすべてについて、全く知らない人が演じていたことが発覚!

最近、北野はあらためて映画を観直したのですが、これでは出てこないはずです……。

岡山さんは当時共演していた後輩に対し、電話で「俺以外で撮った?」と聞いたところ、「次の日、撮りました」との答えが。

その後輩は、撮影の時に「あるアクターの方が、次も居ないといけないシーンで急に出られなくなったから、違う人でやり直します」と説明されたのだそうです。

そのアクターとは、まさに岡山さんのこと。北野からは「ジョン・ウー監督よりも 、(『おまえら行くな』の)鎌倉監督を取ったな」と言われてしまいました。

もう1つの出演シーンは?

では、映画出演は幻に終わったのかと思いきや、岡山さんは「実はエキストラとして、出演してるんです」と告白。

「映画出演が嘘やと思われたら困るから、コピーしてきました」と、画面を撮影した写真をプリントアウトしたものをスタジオに持ってきました。

その写真について、「見てください!一番最後の写真。カバン持ってますよね。目立つようにマイカバンを持って行ってたんですけど、このカバンです!これ、(出演している間の)タイム測ったんですけど、コンマ5秒。私、出演しております」と説明。

時間が短い上に、背中しか映っていなかったこともあり、北野は「これは俺でもわからんわ…」とあきれていました。

次の映画出演の時は、ダブルブッキングにならないことを願うばかりです…。
(岡本)
この記事をradikoで聴く

2018年10月08日13時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×