工作太朗のジョブナイ

「初音ミク」で楽曲制作!いよいよ作業は大詰め!?

自身のラジオ番組を通じて歌声合成ソフト「初音ミク」で楽曲を制作中の、ピン芸人・工作太朗と大塚南。

制作は大詰めを迎え、ついに完成版が披露されました。リスナーの反響は?
4月10日放送のCBCラジオ『工作太朗のジョブナイ』から。

[この番組の画像一覧を見る]

完成版がいよいよ公開!

「ものをつくろう!」のコーナーでは、CBCラジオ開局70周年キャンペーンの公式イメージキャラクター「初音ミク」の起用決定にちなみ、楽曲を非公式に制作中です。

詞担当の大塚が歌詞を完成させた前回の放送。
それを受けて、曲制作をいよいよ詰める段階にきています。

工作「マスタリングっていう操作を今までやったことないんだよね」

マスタリングとは売り物になるレベルにまで曲を仕上げること。
初めてその意味を知った大塚はキョトンとしている様子。

工作「もう完成近いんじゃないかって(思ってる?)」
大塚「あんまやることないのかな、ってくらいで」
工作「オレはめちゃくちゃ詰めることあんだけどね!」

目に見える変化はないものの、最後のひと押しの詰め作業はとても大変だと工作は明かします。

大塚「昨日の夜、ギリギリまで来ましたもん。連絡」

工作から連絡がきた時、実はダンスのレッスン中だったそう。
制作作業を遅くまでやってくれてるんだと思いつつ、録画にスマホを使いたかった大塚。
返事がなあなあだったことを工作に突っ込まれます。

工作「丁寧に書いてるから余計怪しいみたいな」

そしていよいよ、”ほぼ完成版”の楽曲が流れることに。
先週までのバージョンに比べ、出だしから音の厚みがだいぶ増した感じがあります。
すっかり初音ミクの声も聞き慣れてきた様子の二人。
 

データがとうとう夢にまで…

リズムを合わせたり、歌詞の細かい部分も矛盾がないようにと、いろいろ調整してきたようです。

これまでなかったサビ以降の歌詞部分も歌い上げる初音ミク。

工作「…という感じです!」
大塚「先週(自分が)歌った歌をミクさんが歌っていると思うと、もう本当に…」

相変わらず初音ミクへのリスペクトは欠かさない大塚。
わずか1週間で曲の完成度を高めてくる工作はすごい、と感嘆の声を上げます。

工作「オケの方もめちゃくちゃ進化させたから、そこも気づいてほしかったけど」

制作作業に取り憑かれるあまり、工作はデータが壊れた夢まで見たそうです。

大塚「夢見過ぎじゃないですか?こわいこわい」

まだバックアップを取っていないようで、正夢にならないようにバックアップしなきゃ、と工作。
リスナーからは「ピアノ弾く音入りましたね」「まだミクの声が小さい」と様々な指摘が。
音圧や周波数をいじるなど、さらにボイスの調整を重ねたと専門的に解説する工作。

工作「大塚さーん、起きてます?」
大塚「起きてます」
 

一枚絵とタイトルを同時募集!

ここからさらにギターの生音を入れたり、まだ若干改善の余地が残っているそう。

最終的には楽曲をYoutubeにアップしたいと工作。
その背景に用いる”一枚絵”を募集することに。
「工作さんとミクさんが夕日をバックに…」というアイディアが早速寄せられます。

大塚「歌詞のイメージをみて、描いて頂ければって感じですね」

また、曲のタイトルも未定だったため、タイトル案も同時に募集することにした工作。
視聴者の力を借りて曲を仕上げようとする二人。今回はうまくいくのでしょうか?
(nachtm)
 
工作太朗のジョブナイ
この記事をで聴く

2021年04月10日21時12分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報