工作太朗のジョブナイ

名古屋アイドルが番組AD体験で見てしまったものとは?

CBCラジオの新番組の初回に、ピン芸人の工作太朗と、らじお女子の大塚南が出演しました。
華やかな”らじお女子”のメンバーに囲まれていつになくデレデレしていたという工作をよそに、大塚はまさかのADに?
11月14日放送の『工作太朗のジョブナイ』から。

[この番組の画像一覧を見る]

大塚、まさかのADに…

7日の同番組でパーソナリティー陣を紹介した新番組『ゆるよる』の話題に。
工作と大塚は、らじお女子が担当する木曜日のスタジオに足を運んでいました。

「先日の『ゆるよる』、パーソナリティとADお疲れ様でした!工作さんが(らじお女子の)メンバーに囲まれてデレデレしていましたが、AD南さんはどのように見ていましたか?工作さん、南ちゃんひとりじゃ物足りないですか?」(Aさん)

らじお女子の「チームFM」担任として出演を果たした工作。
大塚も”らじお女子”メンバーとして出演するのかと思いきや、まさかのADとしての登板でした。

大塚「今思うと、何だったんでしょうね?」
工作「これからもまた続いていくのかな?AD制度として」
大塚「お飾りじゃなかったですもん」

ADとしての役割をイチから説明された様子。
CDを保管するレコード室がコワイところにある、という内部事情まで教えられたのだとか。
『ジョブナイ』感が出てしまうのを極力抑えるためにADだったのでは?と推察する二人。
 

いつもよりデレデレしていた?

番組には「工作さん、楽しそうにし過ぎじゃないですか?」という内容の投稿が寄せられました。

いつもと違い、デレデレしていて機嫌が良かった、と指摘に納得する大塚。
かみ倒したときも楽しげにしていたそうで、へこんでいる様子は一切なく、声のトーンも高めだったとか。
「今日って楽しそうですね~」と突っ込んでいたという大塚。

「初回なので新鮮だった」と振り返る工作。
メンバーが気合を入れて頑張っている様子が伝わってきたそうです。

一方の大塚も「いつもと違う緊張気味の仲間たちを横目で見られて面白かった」とAD目線から感想を語ります。

工作「フラットな目線じゃなくね?」
大塚「(いつもなら)自分も緊張してたと思うんですけど。ADだから一歩引いて」

らじお女子”全体のそれぞれのキャラクターは大塚ほどまだ知られていないため、楽しかったのでは?と工作。

工作「初めて知るようなことがいっぱいあった。リーダーのさえちゃんが意外にお嬢だったりとか」
大塚「お嬢なんですよ」
『ゆるよる』もぜひ聴いてほしいと語る工作でした。
 

オリジナルステッカーの制作が開始!

工作が何かを作り、途中経過を報告する「ものをつくろう!」のコーナー。
水面下で制作を進めていたスマホCMソングの進捗はひとまず置き、今週から番組特製『ジョブナイ』ステッカーを作ることに。

工作「ようやくですよ。やっとラジオっぽいっていうかね」
大塚「人気番組はだいたいあるよ、ステッカー」
工作「(番組開始以来)1年以上かかりました。遅くない?」

制作の進め方を相談する工作に対し、CDジャケットの制作と同じようにするのがいいのでは、と進言する大塚。
いったん自分たちで叩き台を作り、リスナーに意見を求める方式のようです。

大塚「ちなみに南ちゃん 、もうできてるから」
工作「え!?」
大塚「ステッカーじゃないよ、アイディアが」
工作「出しなさいよ…頭の中かい!?アウトプットして!」

ステッカーの大きさは、やっぱりスマホサイズがいいのではと大塚。
人気番組のステッカーを参考にすべく、デザイン案をメールでいただけたら、と今回も案を募る工作でした。
(nachtm)
 
工作太朗のジョブナイ
この記事をで聴く

2020年11月14日21時05分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報