工作太朗のジョブナイ

ピン芸人・工作太朗が創るスマホCMに、意外なリスナーの反響…

CMソングの制作を依頼されたピン芸人・工作太朗
8月8日放送の『工作太朗のジョブナイ』で2種類の試作品を聴き比べたところ、アシスタントの大塚南(らじお女子)にはどちらも好感触だったようです。

[この番組の画像一覧を見る]

CMソング試作品をいざ試聴!

工作が何かを作り、愛知県非公認のものづくり大使を目指す「ものをつくろう!」のコーナー。

現在”CBCスマホ”のCMソングを鋭意制作中で、最終的にはなんとテレビCMでも流れるそうです。
指定された作成時期は”10月から12月のうち無理のない時期”とわりと自由な感じです。

大塚「優しい…」
工作「優しさが逆に怖いね」

そして今週は早くも試作品をもってきた工作。

工作「作ってきました!」
大塚「仕事が早い…!」

曲の長さは15秒で完結する形でもOKとのことで、前作「21時のプリンシパル」よりは楽だったと工作。
今回は2パターン作ってきたそうで、聴き比べてもらったうえでぜひ感想を聞きたいと話します。

早速、試聴開始。候補①は爽やかなテイストの曲。
”ガラケーからスマホへの乗り換えを想定させる歌詞が望ましい”と歌詞の要請があるため、「あなたも今すぐ変えよう~」と工作が歌詞をつけてみます。

大塚「ガッツリ入れていくんですね?」
工作「たとえばだよ!」

アリじゃないか、と大塚は好感触。
工作はさらに効果音を付け足したいようです。
 

リスナーの反響は真っ二つ!?

続いて、候補②の曲を試聴します。

1曲目よりロック調でさらにインパクトがある感じで、”CBCスマホ”のワードがぴったりとハマる終わり方になっていました。

工作「悪くないんじゃない?」

1曲目よりも宣伝色が強く、これが吉と出るかが悩みどころの様子。
2曲とも普通に好き、と大塚的には良い手応えも。
作曲者の工作としてはひとまず宣伝は考えず、とにかくオシャレで印象に残る曲を狙っているとのこと。

ほどなくして、リスナーからも続々と感想が寄せられます。

「1曲目の方が爽やかで聞きやすいと思いました」「(1曲目は)坂道グループみたいな感じがしました」「個人的には後の曲のほうが好きかな~」「後の曲が分かりやすくてCMっぽい感じ」「(2曲目は)”らじお女子”にはなかったバリバリロックな感じで新鮮に聞こえました。甲乙つけがたいですが」と意見が割れている様子。

1曲目の方が爽やか、という意見には大塚も頷きます。

大塚「ただ、”らじお女子”が歌うと考えると…私情が入ってしまって」

また、「両方マイナーコードじゃないですか?明るいコードの方がCMソングに合うような気がする」「1曲目の小室サウンドを彷彿とさせる感じ、嫌いじゃない。2曲目はアレンジがちょっと古臭くない?」と音楽通のリスナーからの意見も。

スタッフからは、今回の候補曲は残し、もう1曲作って計3候補から選び直しという提案が。

大塚「でも、本当にすごいと思います!」
工作「”その3”作りますわ。来週決めましょう!」

「21時のプリンシパル」のようなメロディの方がCMっぽいというアイデアも飛び出し、今後の展開が楽しみです。
 

「21時のプリンシパル」MV再生数は?

放送から1週間後に起こることを予想するクイズ「正解は1週間後」のコーナー。

先週のお題は、”先週YouTubeのCBCラジオ公式チャンネルで公開された「21時のプリンシパル」の再生数”。
公式チャンネルの登録者数は約1万人ですが、工作が1200回、大塚が405回と若干弱気な予想。

工作「結構いくんじゃないの?超えててほしいと思うけどね」

結果、再生数は…902回!

工作「ちょうど、あいだ!ありがたいけどね」
大塚「ゲーム的には申し訳ないけど…わたし的には嬉しい!」
工作「地味に嬉しいんだけどね」

予想を外しつつも、本音がこぼれる二人。
未見の方は是非動画をチェックしてみてください!
(nachtm)
 
工作太朗のジョブナイ
この記事をで聴く

2020年08月08日21時00分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報