工作太朗のジョブナイ

水着もOK!?パーソナリティの座を狙う女たちの戦い勃発!

ピン芸人の工作太朗とアシスタントの大塚南(らじお女子)が自粛期間中に作った新曲「21時のプリンシパル」。
大塚の抜け駆けに納得のいかない”らじお女子”のメンバーたちがスタジオに殴り込みをかけることに。

7月25日放送の『工作太朗のジョブナイ』から。

[この番組の画像一覧を見る]

昨日の味方は今日の敵?

今回は、オンライン開催となった『CBCラジオ ネットで夏まつり』の初日のトリを飾る放送。
ラジオとYoutube Liveで同時配信される、いつもよりコンパクトな1時間となりました。

コロナ禍での自粛中に工作太朗と大塚南が、MVまで作った新曲「21時のプリンシパル」に対し、大塚の所属するアイドルグループ”らじお女子”のメンバーには不満がある模様。

そこで今回は、番組パーソナリティの座を狙う女性同士の戦いが繰り広げられる『大塚だけズルイ!SPスペシャル』に。
大塚とバトルをしてもらい、勝ち残ったメンバーには『21時のプリンシパル』を生で歌う権利が贈られる企画です。

工作「大塚に憤りを感じている方々がお越しになってます」
大塚「いないいない!今まで一緒に頑張ってきたじゃん!?」

企画の意味自体がわからない、と早速ボヤく大塚。
自分もまだ(人前では)1度も歌ったことのないのに、と嘆きます。
「出方によっては交代も考える」とほのめかす工作に、珍しく下手に出る大塚。

らじお女子”から大塚の味方のはずのメンバーが続々参戦します。
エントリーNo.1は渡辺みさき。

渡辺「メラメラしてますよ」
工作「忖度とかなくていいから」
渡辺「MV作ってくれるなら大塚と違って水着着れます!需要ありますよね?」

いきなり本気の宣言に慌てる大塚。
 

信頼するコンビにも亀裂が…

間髪入れず、エントリーNo.2に太田あかりが登場。
勢いある登場の仕方に、意気込みと憤りが混ざっていると工作。

太田「南(大塚)と違って歌は下手なキャラですけど、ソロをもらったら上手くなるかもしれません!」

伸びしろに期待、と工作がフォローします。

エントリーNo.3は大塚より年上の1期生、小松吏穂。
ふだん大塚と”こまつか”というコンビを組んでいるとか。
お得意の非公認ですか、と工作がすかさず突っ込みます。

大塚「コンビでいってソロで行こうとしてる!」

番組出演初回ではメンバーを呼んであげようと言っていたのに、なぜか戦わされていると不満タラタラな大塚。

気になるバトルの内容は「ネタ見せリアクション」。
工作がいつものように3本ネタ見せし、そのリアクションを大塚とメンバーたちが競います(YouTube Liveのみで公開)。
オーバーリアクションでもノーリアクションでもない、絶妙なリアクションが求められます。
絶対負けるはずのない勝負、と意気込む大塚。

工作「自信のほどは?」
大塚「負ける気がしないですよ」
 

”ネタ見せリアクション”の結末は?

番組開始前、『ネットで夏まつり』の間にMVが公開された大塚の新曲「21時のプリンシパル」。

公開されると、いろんなスタッフからも反響があったとか。
「瞬きしないで目に焼き付けないと」「MVすごく良かった!個人的には南ちゃんが木の後ろから顔を出すシーンが昭和感満載で好きです」とリスナーからも熱いメッセージが届いていました。

工作「ほら受けてんじゃんここが!」
大塚「感想言ってくれるの嬉しいですね」
工作「恥ずかしさがいい感じで出てたよ、イメージビデオぽかったよ。好評じゃん!」

さて、”ネタ見せリアクション”の結果は…

結局、貫禄勝ちを果たした大塚。
生で「21時のプリンシパル」を熱唱するパフォーマンスをみせました。

エンディングでは…

渡辺「メンバーがMCやっている番組に出れて幸せですね」
太田「とても緊張してて震えがひどかったけど、あっという間の1時間でした!」

と素を見せた”らじお女子”のメンバーでした。
(nachtm)
 
工作太朗のジョブナイ
この記事をで聴く

2020年07月25日22時22分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報