工作太朗のジョブナイ

あのアイドルと話せたら?何万分の1の幸運をつかんだ話

先日、自身の"推しメン"と直接話せるアプリ配信で見事に当選した「らじお女子」の大塚南。

ところが、せっかく自分をアピールする機会を得たにもかかわらずアピールが足りず、「番組愛がない!」と工作太朗が突っ込みました。

6月6日放送の『工作太朗のジョブナイ』から。

[この番組の画像一覧を見る]

ジョブドルはラブナイ?

『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の企画”MONSTER IDOL”から昨年誕生した5人組女性アイドルグループ、”豆柴の大群”。
安田大サーカスのクロちゃんがプロデュースを手掛けたことでも知られています。

大塚南が憧れている"推しメン"はそのメンバーのひとり、ナオ・オブ・ナオ。
憧れの人と直接話せる双方向アプリ「SUGAR(シュガー)」を利用してライブ配信を視聴していた大塚。すると、なんとナオ本人と直接話せる抽選が…。

大塚「当たったんですよ!」

いち視聴者として参加していたら、大塚曰く「何万分の1」の確率で選ばれたそうです。
当たった途端、急に自分が画面に映るそうでびっくりしたとのこと。
何人かに話せるチャンスが用意されていて、そのラストひとりに選ばれたようです。

大塚「めっちゃ動揺しちゃって」
工作「動揺するよ」
大塚「でも結構話しましたよ」

結局、本人と4分ほど話せたそうです。
その状況を聞き、「どんくらい喋るの?」「何を話したの?」と前のめりになる工作。
最近髪を染めた大塚、実は推しメンのマネだったのでその話をしたそう。
また「名古屋でアイドルをやっている」とぼんやり正体を明かしたそうです。

工作「(はっきり)言えよ~!弊社のジョブドルよ」
大塚「『ジョブナイ』という名前は出してないんですけど…」
工作「ホント、全く出してないんだ。ラブナイだぞ、大塚南のラブナイだぞ?」

まさか当たるとは思わず、驚きと嬉しさでしどろもどろだった様子。
 

突然の会話に緊張気味?

グループ名は出せなかったものの、何とか自分の名前を明かすことは出来たとか。
らじお女子”の活動が忙しかったこともあり、あまりイベントにも行けていなかったそう。
なので質問する代わりに、特典会に以前行ったときの自分の思い出を話したりと、自分の強い思い入れを熱く語ったそうです。
突然だったらそうなるかもな、と工作も納得の色をみせます。
相当変わった行動をしない限り、向こうの目に止まることはないと工作。
改めて大塚の髪の色に気づいて一言。

工作「グレたのかと思ったよ」
大塚「違います、おしゃれヘアーです」

放送前、なぜか髪の色の話を口止めされていたことを明かします。
これも推しメンのためと大塚はニコニコ。

工作「どうでもいい話聞いちゃった~」

いつかゲストとして番組に来てくれたら最高、と話す二人でした。

クイズ”正解は1週間後”

放送から1週間後に起こることを工作と大塚が予想するコーナー。
溜まった出資金は競馬企画の資金に還元されます。

先週のお題は「日本ダービーで勝つ馬はどれ?」。

”コントレイル”で見事、予想を的中させた大塚!
リスナーの方々がツイートでたくさん予想馬を教えてくれたようです。

一番人気で倍率は高くなかったようですが、競馬ってそういうものらしい、日本ダービーは紅白歌合戦のようなもの、とあまり競馬には詳しくなさそうな工作。

工作の話を一瞬聞き逃し、出資金を入れ忘れる大塚。

工作「ラブナイだぞ、愛がないぞ」

毎回、工作さんが100円入れるコーナーになっていると指摘する大塚。
さて、来週のお題は?
「番組公式インスタグラムフォロワー数を予想して」とリスナーからリクエストがありました。
最近開設された公式アカウントのフォロワー数は現在、13。

大塚「更新、どんな感じなんだろ…?」
工作「答えようがない。答え甲斐がないかなと」

今週上げる予定を二人がスタッフに尋ねると、予定は未定との返事が。
SNS、ここのメンバー皆不得意だなと突っ込む工作でした。
(nachtm)
 
工作太朗のジョブナイ
この記事をで聴く

2020年06月06日21時05分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報