~12/13~関富子先生のレシピ♪

丹野みどりのよりどりっ!
大好評!関富子先生のレシピ♪

12月のテーマは・・・
『 一挙両得!冬のおもてなし料理


今日は…
手作りかまぼこ 



 材料 >2本分

・白身の魚(タラ)150g
・海老 4尾
・白はんぺん(大)1枚(約100g)
A・卵 1/2個
 ・酒 大さじ1・1/2
 ・淡口醤油 大さじ1/2
 ・砂糖 小さじ1
 ・生姜汁 小さじ1
 ・胡麻油 小さじ1
・片栗粉 大さじ2~

芯・ほうれん草 4株
 ・ハム 4枚

・卵 2個
・油 少々
B・淡口醤油 小さじ1/2
 ・酒 小さじ2


のり
 ・卵 1/2個
 ・水 大さじ1
 ・片栗粉 大さじ3


 作り方 

①タラなどの白身魚を1切~1切半(150gほど)を用意。
 白身魚は皮と骨をとり細かく刻む。
 海老も殻をむいて背綿を取り細かく刻む。
 大きめの白はんぺん1枚を細かく切る。
 切った材料と、卵、酒、淡口醤油、
 砂糖、生姜汁、ごま油と片栗粉を、
 ミキサーにかける。
*調味料の分量は目分量でよい。
*ミキサーがかけづらいときは卵の分量を多くする。
*片栗粉で硬さを加減する


②卵をときほぐし、淡口醤油と酒で調味し、
 大きなうす焼卵を2枚焼く。

③ほうれん草は硬めに色よく茹でしぼっておく。
 ハムは5㎜幅に切る。

④のりの材料、卵・水・片栗粉を合わせる。

⑤うす焼き卵全体に④を塗り、
 その上にミキサーをかけたすり身を、
 巻き寿司を作るように広げる。
 茹でたほうれん草や、ハムなどを置き、
 置いた材料を芯にしてのり巻きのように巻く。
 合わせ部分にものりをつける。
*巻きにくい場合は、両端にほうれん草とハムを置き、
 中央に向かって巻き込むと形が整う。


⑥濡れ布巾で包み、強火で25分~30分蒸す。
*蒸し器が無い場合は、大きめの鍋に湯を張り、
 お湯の高さよりも高くなる湯呑みや茶碗などを置き、
 天ぷらのサンなどを渡す。
 この場合はかまぼこを細めに作ると良い。


⑦熱い内に布巾をはずし、冷めたら7~8㎜の厚さに切る。
 出来あがり!



 ぜひぜひお試しあれ~~♪♪




プレゼントのお知らせ

ヒガシマル醤油の

「超特選丸大豆うすくち 吟旬芳醇」

400ミリリットル1本と、

うすくち醤油のレシピを1冊にまとめた料理本

「淡口しょうゆ ほんのり、うれしい」

をセットにして 毎月10名様プレゼント!



ご希望の方はこのコーナーへの感想と

「淡口しょうゆ」希望とお書きの上、

丹野みどりのよりどりっ!

メールフォーム

またはファックスでお送り下さい!


お待ちしております!

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×