関富子先生のレシピ♪♪~3/29 ~

丹野みどりのよりどりっ!
大好評!関富子先生のレシピ♪

今月3月のテーマは・・・

『 みんなでワイワイ!パーティー料理! 』

今日は・・・海老のヅケ天とかき揚げ 】

 材料 > 4人

・海老 8尾



・淡口醤油 大さじ1

・酒 大さじ3



・水 50㏄

・市販の天ぷら粉50g

・片栗粉 大さじ1/2

 

・新玉ねぎ 1個

・アミ海老 大さじ2

・薄力粉 大さじ1/2

揚げ油

・天ぷら油(又はサラダ油)

・胡麻油

 

 作り方 


 

①海老は塩水で洗い、殻をむき背綿をとる。

真っ直ぐ揚げたい時は腹の方に切りこみをいれ、

押さえるように伸ばしておく。

 

②海老の水気をふき取り、

淡口醤油大さじ1、酒大さじ3のタレの中に10分ほど漬けこむ。

*海老にほどよくうまみがつく

*淡口醤油を使うことで、ヅケにしても

黒くならずに天ぷらの白い色合いを残せる

 

③海老を漬け終わった汁に、水50㏄を足して薄め、

天ぷら粉50g、片栗粉大さじ1/2を加えてよく混ぜる。

衣が固い場合は水で調整する。

*片栗粉はパリッとした感じを出すため。コーンスターチも良い

 

④ヅケにした海老に生の粉をつけてから、衣をたっぷりまぶす。

170~175℃の油で揚げる。温度の目安は天ぷら粉を落としてパチパチとはじくくらい。

ごま油をおたま1杯ほど揚げ油に加えると風味が良くなる。

揚げ油に海老を欲張って入れず2、3本ずつ揚げる。

 

⑤衣が残るのでかき揚げをつくる。

新玉ねぎをうすく切り、アミ海老をまぜ粉を全体にうすくまぶし

残った衣をまぜかき揚げにする。

完成♪

*天つゆや塩などをつけずに食べられる!

*冷めてもおいしいので弁当のおかずにも良い!

*余った刺身をヅケにして天ぷらにするのも良い!

 

 ぜひぜひお試しあれ~~♪♪
 


プレゼントのお知らせ

ヒガシマル醤油の

「超特選丸大豆うすくち 吟旬芳醇」

400ミリリットル1本と、

うすくち醤油のレシピを1冊にまとめた料理本

「淡口しょうゆ ほんのり、うれしい」

をセットにして 毎月10名様プレゼント!



ご希望の方はこのコーナーへの感想と

「淡口しょうゆ」希望とお書きの上、

丹野みどりのよりどりっ!

メールフォーム

またはファックスでお送り下さい!


お待ちしております!
この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×