関市のおいしいパッションフルーツ✨

レポドラ日記

岐阜県関市に行ってきました

とても良いお天気でしたが
風が涼しくて気持ちよかったですよ~

実は岐阜県関市では
パッションフルーツ
栽培しているんです!!
 
パッションフルーツって
南国のフルーツのイメージだったので
びっくり(@_@)

お話は
「株式会社関むぎ
パッションフルーツ組合」
古池裕美さんに伺いました♪



実はパッションフルーツを
食べたことなかったので
わくわくでしたよ(*'ω'*)

まずパッションフルーツとは、、

5センチくらいのりんご型で
重さは100グラム前後

皮は赤紫色ですが



中は赤っぽい黄色
甘酸っぱくて香りが豊かなんだそう✨



中の種もそのまま
食べられるんですよ😊



国内では鹿児島や沖縄での
生産量が多いそうですが、
なぜ関市でパッションフルーツを
栽培しているかというと、、


元々は関市で
「緑のカーテン」として
植えることになったのが
始まりなんだとか

パッションフルーツは
葉っぱが大きいので
緑のカーテンに最適なんだそう🍃

それで試験的に畑で
パッションフルーツを作ってみたら
糖度18%の良い実ができたので
パッションフルーツを
栽培することになったんです

また関市は夏場1日の
寒暖差がある日が多いので
甘みのある果実
できるそうですよ('ω')

初めは色々苦労もあったそうですが
試行錯誤の上、
今では毎年4.5~5トンの実がついて
今年の目標は6トン!!

多いと1本の木から200個
パッションフルーツが
収穫出来るみたいですよ

すごい!!
 
 
古池さんの栽培している
パッションフルーツは
路地栽培で
無農薬、有機栽培なのが
ポイント☆


太陽光を浴びることで
甘くて香りが良い実
なるんだそう

実際に畑も
見せていただきました✨



5月に植えて今は
私の膝丈くらいの高さですが、



6月にはこんな感じで
綺麗なお花が咲きます


 
「時計草」とも呼ばれて
いるんですよ

このお花は
6月下旬から7月中旬の期間
見られるんだとか

そして8月には木の背丈は
約3メートルになって
実も収穫できます

まだ実がなっていないので
今日は昨年採った
パッションフルーツで作った
ジュースをいただきました




おいしい!!

トロピカルで初めて飲んだ味!!
甘くて後味が爽やか

ますます
実物のパッションフルーツを
食べたくなりました



実は今日の中継は
「そばのカフェおくど」
やらせていただきました



去年の8月にオープンしたばかりで
「近くの素材を
新鮮にシンプルに提供」がモットー
ここでは古池さんの
パッションフルーツを使った
ジュースカレーライス
食べられるほか、



手打ちそば
地元産の柚子を使った
ジュースも楽しめます💛

パッションフルーツのカレーライスは
甘さとスパイシーさを兼ね備えた
どこにもないカレー!!

とのことだったので
気になりますね🌸

お店は古民家を改修したそうで
レトロで「和」の雰囲気が
素敵でしたよ(*^^*)







今日お話を伺った、
「株式会社関むぎ
パッションフルーツ組合」

パッションフルーツ
ジュースパッションフルーツティー
ホームページから注文できるので
是非チェックしてみてください!
(※パッションフルーツは9/1~)


古池さん、
協力してくださった
中田さん、江坂さん、皆さん
本当にありがとうございました



株式会社関むぎ
パッションフルーツ組合
TEL:0575-49-3003
この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×