セ・リーグで連敗続出!脱出の鍵は、毎日お風呂に入ること!?

若狭敬一のスポ音 / スポーツ

今シーズンのセ・リーグではヤクルトの16連敗をはじめ、広島の11連敗、DeNAの10連敗など、連勝連敗の試合が多く見られます。

野球解説者の山田久志さんが、8月3日のCBCラジオ『若狭敬一のスポ音』に出演し、チームが苦しい時の立ち居振る舞いについてが語りました。
聞き手は若狭敬一アナウンサーです。

16連敗を想像する

まずは、5月14日広島戦から16連敗を喫したヤクルトについて。

「現役時代から、コーチ、監督やって、そんな経験ないから、どういう心境になるかって、想像がつかないんだよね」と山田さん。
阪急ブレーブス、オリックスブルーウェーブ。さらには中日ドラゴンズ時代を通して、連勝はあっても、大きな連敗はなかったそうです。

しかし山田さん個人としては、入団して間もない時期に7連敗したことがありました。

「あの時、5連敗か6連敗した時には、確かに、俺は勝てないかも分からん。俺、この世界で通用しないなあと思ったもんね。
えらい世界に来たなあ、と、あの時は、あんな辛かったんだから、16連敗なんていったら、どんな感じかね…」

自身を振り返りながら、ヤクルトの連敗には言葉も出ない山田さんです。
 

盛り塩の効果は?

ヤクルトの16連敗まではいかなくても、チームが連敗した時にはベンチの両サイドに盛り塩があったそう。

「あれは清めだろ?あれは勝ち負けじゃねえだろ?負けてる時は塩で清めたってダメなんだよ。もっとドロドロの物を置かなきゃ」

盛り塩は、その場を清め、邪気を払うとされています。

「清めたって、勝てるっていう保証はどこにもないんだよ」と続けます。

「悪い運が来ないように、と思うのかもしれませんよ」と言う若狭アナに、「そう思ってることが、もう負けると感じてんのよ」と言い張る山田さん。
 

勝負師は毎日お風呂

チームに限らず、個人で成績が振るわない場合、選手によって様々な験担ぎがあるそうです。ちなみに山田さんは、道順を変えることもしたとのこと。

若狭「よく、下着を替えないっていう話を聞きますが」
山田「そこまで言ったらもうダメだな。
毎日、お風呂に入って綺麗にする。勝負師は、常に綺麗な格好でいなくちゃいけない、というのが私の持論。勝負師は見られてる商売だから、いつも綺麗なこと。
そして、勝ち負けを潔く認める選手じゃなきゃダメだ」

負けたからと言っていつまでも愚痴をこぼしていては伸びない、と山田さん。
そして「常に綺麗な格好」として、ユニフォームの着方に言及します。

「最近は、ストッキングを見せる人もだんだん増えてきたね。あの傾向は良いね。あれは良しとする。一時はダボダボでスパイクも隠れてしまうような選手もいたけども、あれはだらしないね」
 

こんな髪型はダメ

「私は今の野球選手の髪型なんかでも、あんまり良しとしてないもん」

自身も普段着から綺麗にして、散髪も頻繁に行っていて、さらにはネイルサロンまで。そんな山田さんの御眼鏡に叶う髪型は?
 
「刈り上げは良い。刈り上げは帽子かぶってるから、なんか良い」

頭頂部のあたりがロン毛でも、横が刈り上げなら、帽子を被ればわからないので、まだ許せるそうです。ダメなのは襟足が長いのと…。

「日本人は白か黒しか髪の色がないのに、茶にしたり金髪にしたりしているヤツ。何を考えてるんだ。そこを考えるんだったら、相手ピッチャーの事を考えとけ!アホ!とかって思うよね」
 

彼女の言う事は聞く?

「恐らく野球選手、野球ファンで、あの長い髪型をカッコイイと思ってる人はいないよ。カッコいいと思ってるのは、その選手の彼女ぐらいのもんだよ。彼女が長髪好きなんだよ。だから、やってるぐらいのもんだよ。選手ってそんなもんだよ」

選手心理をこう分析する山田さん。

「若狭さんだって、好きな彼女がいて、その短い髪をちょっと伸ばした方が似合うと思うよ、って言われたら伸ばすでしょ?野球選手だって同じだよ」

逆に言えば、彼女や奥さんから「長髪は似合わない」と一言あれば、すぐ切ることも…。

「それはわからない。でも、男は女の人の言うことを聞くよね」
 

プロ野球は見せるもの

山田「プロ野球は見せるものだから、見てくれるお客さんに良い感触を与えないとね。ここを間違えたらイカンよね。俺はこれでカッコいいんだと思ってやってても、他の人から見たら、そうじゃないんだってことが結構あるから」

若狭「客観的に見てもらうっていうのは大事なことですね」

山田「女性だって、例えば美容院に行った時に、何にも気がつかない旦那や彼氏には、非常に嫌な思いをするっていうじゃない。『髪短くした?』の一言でいい。この人、気付いてるわって思わせればいい。それと野球選手のユニフォームのことも大体似てる」

若狭「山田さん、結構、女性の変化には気づきます?」

山田「いやあ、それがなあ…、最近全くダメなんだよ(苦笑)」
娘がいるしさ。嫁さんだって、そうなるじゃない。でも今は、ただボーっとして見てるんだな~」

うな垂れる山田久志さん、最後は野球とは関係ない話でフィニッシュです。 
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2019年08月03日13時18分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×