飲む前にすると良いこととは?お酒の常識ウソホント!

北野誠のズバリ / トーク

「お酒の前に牛乳を飲んでおくと良い」「いろんなお酒を飲むチャンポンは良くない」などといった酒にまつわる常識、これって本当なのでしょうか?

2月18日放送『北野誠のズバリ』では、そんな巷に広まるお酒の常識を元に、週に1度は番組イベントでお酒を飲む北野誠と、月曜アシスタントの松岡亜矢子、ITジャーナリストの井上トシユキがトークを展開しました。

「お酒の前に牛乳」は正しい?

東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生は、腸内フローラと呼ばれる腸内細胞を繁殖させることで健康を保つことができると提唱されており、『東洋経済オンライン』の記事では、健康なお酒の飲み方を紹介しています。

冒頭の「お酒を飲む前に牛乳を飲んでおくと良い」という説について、「胃腸に膜をつくるから」という説がありますが、この理由は誤りだそうです。

というのも、牛乳よりもアルコールの分子の方が小さいため、完全に防御するわけではないからです。

ただ、アルコールの分解速度を早めるので、酔いを醒ますのを早める効果はあるそうです。
 

ウコンを飲むタイミングは?

また、ウコンもクルクミンという成分が胆汁の分泌を促し、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を早めるといった作用があるそうですので、「飲む前にウコン」も誤りではなさそうです。

北野「ただ、(お酒を)飲む前にウコンを飲むと、(アルコールの)分解が良くなるから、なんぼでも酒が飲めるからあんまり良くないですけどね。あんまり酔わへんもん」

松岡「そっちか~(笑)」

北野「だから、(酒を)飲んだ後、寝る前に(ウコンを)飲んどいたら肝臓の解毒作用を早めてくれんねんけど、番組ディレクターのように前にウコンを飲んでおくと、酒が飲めるんですよ」

松岡「そういう人多くないですか?(酒を)飲む前にウコン飲んでる人。(夕方)5時前にコンビニの前でよく見ますよ」

ウコンは良いけど、順序が逆のようですね。
 

「チャンポンで飲むと悪酔い」はホント?

あと、「チャンポンをすると悪酔いする」というのは誤りで、これは単なるアルコール摂取量の問題だそうです。

井上「僕が聞いたことがあるのは、味が変わってフレッシュな気になってリセットして、もうワンチャン行けるなっていう」

松岡「わかる気がする」

北野「1軒目でビールとかハイボールとか飲んで、2軒目でもビールから飲めるっていう。あれリフレッシュされんねん」

井上「味変が効いてるっていう」

いろんなお酒を飲むという時点で、アルコールの絶対量は増えているわけですから、当然と言えば当然のようです。
 

はしご酒は違う意味で危険?

ここで話の流れは、はしご酒に関する方へ向かいました。

北野「最近飲むと眠たくなりますが、2軒目に移ったら起きますね」

井上「友だちといると、しゃべるのもあって酔わないのあれ、不思議ですよね」

北野「ただ立ち上がったら、『酔うた』っていうのもありますけどね。2軒目行ったら案外また行ける。だから3軒目、4軒目と酔っ払ったまま行けてまうんですよ」

井上「(名古屋の)栄に集中してるなんとか小路とか、あれヤバいですね」

北野「帰ろうかって2軒目出てきた時に、女子大小路(栄の歓楽街)で捕まって、とんでもない金額を払わされるコースが待ってます」

健康に限らず、いろいろなことに気をつけて飲まなければいけないようです。
(岡本)
 
この記事をradikoで聴く

2019年02月18日13時22分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×