ドラ魂キング

珍説登場!中日首脳陣はファンのメンタルを試している?

投手陣の頑張りはあれど、なかなか打線が爆発しない今季のドラゴンズ。

5月17日放送のCBCラジオ『ドラ魂キング』では、ダイノジの大谷ノブ彦清水藍がこの問題について熱く語りました。

[この番組の画像一覧を見る]

投手が打つしかない

「ドラゴンズ勝てませんね。昨日の試合は確実に勝てる試合だったと思いました。柳投手も口には出さないけど、打ってくれよ、と一言いいたいだろうな。昨日の柳のヒット、打者がダメなら俺が打つ、でしょうね」(Aさん)

放送前日のヤクルト戦では、5回裏に柳投手自身がヒットで得点に貢献するも、結果は2-2の引き分けで終わりました。

同局の若狭敬一アナウンサーによると、ドラゴンズはダントツで一軍と二軍の入れ替えが少ないチームなんだそうです。
対して圧倒的に入れ替えが多いのが巨人。ヤクルトでも入れ替えに積極的で新人に経験を積ませていっているようです。

打てないドラゴンズ、なぜ入れ替えないのでしょうか?

 

首脳陣の皆さんへ

かつて監督を務めた落合博満さんは「一軍で一生懸命やって批判を受けてる選手が叩かれるのは筋違い。叩かれるべきは、いつまでも二軍でくすぶっている選手」という内容のコメントをしていたそうです。

大谷「確かにその通りかも知れないけど、バッターとして二軍で活躍したんだったら、一軍でもバッターとして使って欲しいなと思います」

一軍がそれなりに打てていたら、落合さんの言うこともわかりますが、今のドラゴンズは…。

大谷「僕は好き嫌い、依怙贔屓、全然OK。だけど目に見えて好き嫌いや依怙贔屓をやるんだったら勝たないとダメ。結果が伴わないとダメだと僕は思います。だから結果が出るように、首脳陣の皆さん、頑張りましょう」

首脳陣へ檄を飛ばす大谷です。
 

モヤモヤが溢れ出す

大谷「これだけファンの皆さんが、こうした方がいいんじゃないか、ああした方がいいんじゃないかと言っても全く反映されない。見てて、しんどいし、心が折れそうになります。あんまり一生懸命応援しすぎると、Twitterで良からぬことを呟いたりしそうで…」

清水「特にモヤモヤが溢れてしまう一週間でしたから」

先週は5試合で2分3敗。そのうちの一つは得点ゼロ。

大谷「ここは、こうじゃないの?って思うことが多すぎちゃって。選手たちは、少ない結果でチャンスをものにして、結果が伴ったのに試合に出れなかったら、どこにその憤りをぶつけていいかわかんないよね」

二軍で打てても、一軍のピッチャーは違うという意見もありますが、一軍の選手が打てていない現状で二軍との入れ替えをしないとなると、ファンからすれば疑問しかありません。
 

ガーバーは簡単に復調する

「昨日の試合は負けなくて良かったと思うこと、選手はとにかく勝ちに必死なんだと、昨日の9回で感じ、とにかくドラゴンズを信じて応援あるのみと思いました。だけど、だけど悔しいよ」(Bさん)

前日のヤクルト戦、同点に追いついた9回一死の場面。
福田選手のセンターフライで、三塁からタッチアップした大島選手ですが、本塁でアウトとんなり試合終了。

大谷「最後タッチアップ。うな垂れる福田を見てね、頭を抱えるベンチを見てね、本当にこの気持ちはすごく伝わってきている」

期待されながら不振のガーバー選手に関しては…。

大谷「皆さん、ガーバーに文句言いますけど、あの環境どうですか?」

いきなり一軍3番で起用されたものの、現状はストレートが合っていません。つまり状態は最悪だと考えられます。
使いつつ調整するというパターンもありますが、今のドラゴンズにはその余裕はありません。

大谷「二軍でしっかり調整すればいいだけだと僕は思うんですよ」

この日、登録抹消になったガーバー選手。しっかり調整して欲しいものです。
 

ファンは試されている

投稿で多かったのが二軍で活躍中の岡林勇希選手について。
5月に入って打率4割。いま使わなかったらいつ使うの?という状態です。

大谷「岡林がすごいから一軍に来るんじゃないか?でもスタメンで使われないんだろう、そんな内容のおたよりが多い。

僕らファンは試されてるんですよ。また、これで使わないって言ったら、わざとやってんのか?と思うよ」

首脳陣には好き嫌いがあるんでしょ、と突き放してしまいたくなるくらい、冷めた自分がいるんだとか。「自分で言っててすごくつらい」と大谷。

「もし岡林に期待して使わなかったら、説明してくんないけど、なんか理由があるんだろな。プロから見たら今の一軍がベストメンバーなんやろうな、とか。ハハハハ、これはホント」

自嘲気味に笑うしかありません。
 

ベンチの空気を変える選手

大谷「ベンチの空気を変える奴が必要だろうね。ソフトバンクが調子悪い時も、松田はずっと声出してるもんね。試合に出てないのにすっげー出してる。あれは他球団ながらすごいメンタル。ああいうのに引っ張られるんだよ」

ドラゴンズでは藤嶋健人投手。打撃不振のガーバー選手に対し、良い守備をしてベンチに戻って来た時に「ナイス、ガーバー」と声を掛けました。

大谷「映像で残ってるからガーバーも忘れないと思うよ。あれ見た時に、めちゃくちゃ良いチームやんと思ったけどね。だからこれからのドラゴンズ、前向きな方に行くといいな」
(尾関) 
 
ドラ魂キング
この記事をで聴く

2021年05月17日17時00分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報