ドラ魂キング

今季の中日は3位?開幕戦から小松辰雄が心配する理由

中日ドラゴンズで野球解説者の小松辰雄さんが、3月24日放送の『ドラ魂キング』(CBCラジオ)に出演しました。

今日(26日)、プロ野球がいよいよ開幕。セ・リーグの1~3位までの順位予想をする小松さんですが、開幕となる広島戦については、ちょっと心配気味のようです。その理由は…

[この番組の画像一覧を見る]

セ・リーグ3位は?

小松「去年はドラゴンズを優勝にしたんですけどもね、今年は3位」

ピッチャー陣がよくない、ホームランバッターがいない、ということが理由だそうです。

小松「キャンプでの投げ込みも少ないようなことも言ってたしね」

ピッチャーだった小松さんは、そこが気になるようです。
以前この番組に出演した今中慎二さんも同じことを指摘しています。

先発陣で勝ち星として計算できるピッチャーについて、大野投手、福谷投手、小笠原投手の名前が挙がりました。

攻撃面についてはどうでしょう?

小松「ドラゴンズはヒットは出るんですよ。あと盗塁と、チャンスの時のバッティングでしょうね」

それらに加えて走塁が課題という小松さん。キャンプで積極的にやっていた走塁の練習が本番でできるかどうかだと言います。
 

阪神・佐藤輝明の攻略法

小松さんは戦力の差で2位がジャイアンツ、優勝が阪神と予想しました。

小松「阪神はやっぱりドラフト1位のが大きいですね。ああいう選手のホームランが出るとムードが変わってきます。他にも大山とかホームランバッターが多いんですよね」

ルーキーにもかかわらず4番バッターのような風格の佐藤選手。
小松さんだったらどう抑えるのでしょう?

小松「やっぱりインサイドの速い球でしょうね。あと、外へ遅い球を見せといて、またインサイドとかね。最後はインサイドの速い球でいいと思うんですけどもね」

 

キーマンはこの二人

一方ドラゴンズの打線については?

小松「京田の打順が7番っていうのは、ピンとこないんですよ。バッティングのいい木下を7番にして、ピッチャーを8番に。そして京田を9番にする。そうすると京田から足の速い選手が1番に回っていくわけじゃないですか」

京田選手が7番にいる脅威よりも、機動力を考えた打順です。

小松「京田が2割7~8分打って、盗塁を20ぐらいしてくれたら、かなり打線もアップすると思いますよ」

ピッチャーのキーマンとして挙げたのは小笠原選手。
3月21日の日本ハム戦では6回を投げて被安打1と好投していました。
 

どうなる?開幕広島戦

最後はリスナーの質問に答えていきました。

「今年のプロ野球は延長戦がありませんが、ドラゴンズにはプラスだという見方がありますが、小松親分の意見が聞きたいです」(Aさん)

小松「プラスになるでしょうね。去年は6回までリードしてたら、ほとんど勝ちでしたから。後ろがしっかりしてますからね。福がちょっと心配ですけどもね」

続いての質問です。

「開幕はマツダスタジアムで広島です。大瀬良、九里、野村と、ドラゴンズに対してかなり厄介なローテできます。開幕三連戦、正直きつくないですか?」(Bさん)

小松「まあ、きついですね。大瀬良はオープン戦で1点も取られてませんからね。2つ勝てればいいんですけど、適地だから一つでも御の字じゃないかと思います」

2勝1敗となると、初戦は取りたいところです。

小松「2試合目は柳でしょ。この前、悪すぎたから心配ですね」

キャンプでの投げ込みが少ないというピッチャー陣、ホームランが打てない野手陣、と不安要素が多そうな小松さん。

小松「どうしてもそうなっちゃうんです」

開幕を見守るOBの親心でしょうか。 
(尾関)
 
ドラ魂キング
この記事をで聴く

2021年03月24日18時17分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報