中日の9連戦、カギはビシエドの爆発!

ドラ魂キング / スポーツ

元中日ドラゴンズ選手で野球解説者の彦野利勝さんが、7月1日放送のCBCラジオ『ドラ魂キング』に出演しました。

およそひと月前の5月27日に出演した際、6月の展望に「この後は大丈夫でしょう」と楽観していた彦野さんへ、パーソナリティの大谷ノブ彦が発したきつい一言からゲストパートが始まります。

彦野予想はどうなの?

大谷「(前回の出演から)ガタガタとドラゴンズは調子を落としました。忘れてませんよ」と大谷。

当時の彦野さんは、クライマックスシリーズで広島と対戦しても勝てる、と楽観的な発言。ところが27日の彦野さん出演後、1勝4敗で交流戦へ突入し、ソフトバンク戦では3連敗。続く楽天戦も1勝2敗と負け越しました。

大谷「私、西武戦の16点取られた試合を観に行きましたし、ロッテに5点差ひっくり返された時は、もうダメかと思いました」

しかし交流戦ラストとなる日本ハムに3連勝、そして阪神に2連勝。チーム状態は良くなっている気はします。

彦野「でしょ?前回は、ここまでの話をしてたんですよ。ハハハハハハ」

後半にやや持ち直したものの、笑ってごまかすようにも聞こえます。
 

焦ることはない

大谷「これからは怪我人も帰って来るから、マジで相当行くんじゃないかと思うんですけど」

彦野「だから、僕はそう焦ってないんですよ」

交流戦は負け越してしまったとはいえ、3連勝した終わり方が良かったそうです。
さらに、その後の阪神戦の2連勝です。特に日曜日の試合は延長11回まで行って、1対0で勝つというギリギリの試合でした。

彦野「あれ、引き分けだったらあんまり意味がないんですよ」

結果がついてきたことで、選手の気持ちも全然違うようです。
 

勝負はどっちだ?

3日からの巨人戦。初戦、巨人のピッチャーは菅野投手です。

大谷「僕は、ドラゴンズの選手は、菅野投手に関しては、やってやろうっていう感じで行くんじゃないかなって思うんですよね。

解説者の彦野さんに言うのもなんですが、僕はこの9連戦は超大事だと思ってる。特にジャイアンツ戦。俺たちは今行けるんだという勢いで行って、もし山口投手を攻略できたら、ドラゴンズは一気に行くと思ってます」

山口俊投手は現在8勝を挙げており、今季は好調です。

彦野「いや、一気には行かない。もうちょっと我慢しましょう。ドラゴンズは8月が勝負だと思ってるから。
怪我人が全部帰ってくるんですよ、特にピッチャーが帰ってくる」

巨人、ヤクルト、広島と続く9連戦。その最初の巨人戦か?8月に入ってからか?ドラゴンズの勝負はいつになるのでしょうか。
 

今後はストッパーがキー

リスナーから彦野さんに質問です。

「ようやくドラゴンズは5連勝です。このまま勝ち続ければオールスターを前に借金返済も可能じゃないでしょうか?明日からのジャイアンツ戦が鍵となりますが、明日からのキーマンは、ズバリ誰でしょうか?」(Aさん)

彦野「やっぱストッパーになるんじゃないですか?」

リスナーからも「抑えは誰なんだ?」というおたよりが多数寄せられました。

大谷「監督自身はどっかのインタビューで鈴木博志だとおっしゃってるんですけど」

彦野「ただマルティネスが投げれる状態なので、いま鈴木博志を上げたところで、どこで使うんだという話になっちゃいますよね。7回や6回で使うわけにはいかないでしょ?
それなら、しっかり区切りをつけて、そこから一軍に戻すのもいいかなと思います。それか、ロドリゲスを繰り上げで使う手もありますし。その辺は監督が考えるとこだと思いますけどね」
 

ビシエドの爆発に期待

大谷「そう考えると9連戦のローテの中に一個抜けが出来る。阿知羅が濃厚ですけど二軍で打たれてるんですよね。だったら、もしかして松阪なんていうのもあるのかな?とか」

しかし彦野さんは、この9連戦よりも、あくまで8月を重視しているようです。
9連戦は負け越さないように5勝4敗を最低レベルとして、1~2勝増えれば御の字と言います。この9連戦の鍵は4番のビシエドだと言う彦野さんです。

彦野「このシーズンが始まってからビシエドのバッティングは、まだ一回も出来てないんですよ。去年と比べちゃってますけどね」

去年のビシエドは大活躍でした。

彦野「平田が帰ってきて、京田との1番2番が組めて、3番大島は調子良いでしょ。5番周平は頑張ってるじゃないですか。その間にいる一番打って欲しいビシエドが、まだ物足りない。ここが爆発しだすと、良い打線ですよ」
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2019年07月01日17時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×