ドラ魂キング

やっぱり京田は根尾をライバル視している?川上憲伸と大谷ノブ彦が注目

ダイノジの大谷ノブ彦が、平日夕方のラジオ番組『ドラ魂キング』の月曜を担当することになりました。

初回となる4月1日の放送では、元中日ドラゴンズ投手で野球解説者の川上憲伸さんをゲストに迎え、開幕3連戦を終えたドラゴンズの戦況について語りました。

好調の石川駿は?

まずはリスナーの質問から。

「二軍の情報を教えていただけませんか?特に石川駿選手についてお願いします。大変調子がよいと伺っておりますが、一軍昇格はあり得るのでしょうか?」(Aさん)

石川駿選手、オープン戦での打率はなんと5割。ファームではいま最も調子の良い選手と言ってもいいのですが、一軍には上がれませんでした。

川上「当然、必要な選手ですから必ずチャンスはある。ただ、チーム状況があるので、良いから使うっていうわけにもいきません。今のうちに試しておかないといけない選手もいるかもしれないですからね」

現在はキャッチャーが3人体制ですが、加藤捕手にある程度任せられるようになると、2人体制にして野手の枠に回すかもしれませんが、その辺はまだわからないとのこと。
 

渡辺勝はどう?

大谷「現状、中日ドラゴンズの代打は、右が福田永将。左が渡辺勝でいいんですかね。渡辺選手なんてスタメンでどうですか?守備もいいし足も速いんで見てみたいな思うんですけどね」

川上「そこは、ちょっと待てよってとこでしょうね」

オープン戦後半から当たりが出ていないアルモンテ選手に代えて、次の3連戦のうち1試合に渡辺選手をスタメンでレフトの推す大谷ですが…。

川上「それは難しいところで、アルモンテのような選手はレギュラーとして日本にやってきてますから、もし調子悪いから落とされたとなると、モチベーションがぐっと下がります。
すると今度は上がって来れない可能性があります。怪我でひと休みならいいんですけど」

外国人選手の心理を解説する川上さんです。
 

憲伸の注目選手は京田

今季のドラゴンズで注目の選手を挙げる川上さん。

川上「気になるところは京田選手ですよね。京田選手は足が魅力。ですから守備に関しては、それなりに文句ないと思うんです。極論言えばサードもショートもセカンドも守れる。逆に言えば京田選手にショートしか守らせない方がもったいないと思うんです」

大谷「そういう考え方もあります。ただ京田選手はショートじゃなければヘソを曲げるということはないですか?」

川上「例えば、ショートが根尾君だとヘソ曲げるかもしんないですけどね」
 

怒りを抑えて怖さを出せ

ではヘソを曲げない時は?ここから独自の例えを出す川上さんです。

川上「広島から田中選手がいきなりショートにトレードで来たとなって、「田中はショートしかできないから、京田君、セカンド頼むよ」と言われたら、たぶん快諾する京田選手。

ついでにセカンド菊池まで来た時に、「菊池はセカンドしか守れないから、周平とサードを争ってくれないか」と言われたら…。

大谷「自分はサードやりますよって京田君なら言うと思う。けど根尾君だったら、『何言ってんですか、あなた』で一蹴(笑)」

川上「だけど、それぐらい京田選手は使いたい。彼の動きは気になりますね」

京田選手のインタビュー記事は、腐ってるわけではないのですが、怒ってるようなニュアンスがあり、ショートにはプライドがあるのでなないかと指摘する大谷。

川上「コメントに怒ってる部分は出てます。これが、怒ってるんだけど、怒ってないふうに喋れるようになると、より一層、彼の怖さが出ると思うんですよね」

この言葉に、大ウケする大谷ノブ彦でした。 
(尾関)
 
ドラ魂キング
この記事をで聴く

2019年04月01日16時00分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報