<![CDATA[RadiChubu-ラジチューブ-]]> https://radichubu.jp/topics_list6_gunosy/ SKEやボイメンなどCBCラジオの名古屋エンタメ情報満載。読んで聴く、新しい習慣RadiChubu。 15 ja Mon, 24 Sep 2018 11:29:35 +0900 radichubu All rights reserved. entertainment <![CDATA[大矢真那の「憧れの人」は元SKE48のあの先輩!]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20540 https://radichubu.jp/files/topics/20540_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20540 20540 Mon, 24 Sep 2018 06:03:00 +0900 Mon, 24 Sep 2018 06:00:59 +0900

SKE48を卒業した大矢真那がパーソナリティを務める『大矢真那のホームタウン』。 9月22日の放送では、まず「こんな大人になりたかった!」をテーマに募集したおたよりを紹介しました。 この話題で大矢自身が憧れた大人が明らかになります。

      

野球観戦

「先日、ずっと応援しているプロ野球チームがたまたま職場の近くで試合を行うということで、観戦しに行きました。
野球観戦がこんなにも楽しいなら、チームの地元に就職し、年間シートを購入するような大人になりたかった!と思いました」(Aさん)

このおたよりに対して大矢が答えます。

「私はプロ野球についてあまり詳しくないんですが、たまに見ますよ。年間シートとなると結構お金かかりそうですね」

恥ずかしながら筆者もプロ野球の年間シートについて知らなかったため調べてみたところ、チームや席種によっては何百万という値段もあるそう…!
目指したらすごい大人になれそうです。

オタク人生

「こどもの頃は漠然と、30歳までに可愛い奥さんと結婚して、こどもと一緒に庭付きの家でわいわい暮らすのが夢でした。
しかし今は結婚の「け」の字もなく、オタク三昧!人生は何が起こるかわからないですね」(Bさん)

もうすぐ50歳を迎えるというこのリスナーは、これからもオタク人生を続けていく決意を表明しました。

「何て言ったらいいかわからないけれど…自分の人生ですからね。自分の思うように歩むのが一番ですよね。これからも胸を張って、オタクでいてくださいね」

ひとまず胸を張りましょう。

理想の大人

さて、リスナーの「理想の大人像」を聞いたところで、大矢自身のなりたかった大人について聞いてみました。

「最近は、自分がどんな大人になりたかったのか、今もどんな人になりたいのかよくわからなくなっています。いろんな人がいる中で、何が正解か、誰が完璧かよくわからないですね」

しかしそんな大矢にも、憧れの人がいるようです。

「元AKB48・SKE48の宮澤佐江さんにずっと憧れています。今も本当に大好きです。明るくて優しくて、ずっと近くで見ていたいと思える存在でした。一人一人への気遣いやフォローもですし、同い歳であり先輩として尊敬しています」

総選挙では常に上位を保ち続け、海外の48グループでの兼任経験もある宮澤。

AKB48からSKE48に移籍し、チームのキャプテンも務め、メンバー・ファンからの信頼はかなりのものでした。

「劇場でお会いした宮澤さんのご両親に『どうしたら佐江さんのようになれるのですか?』と聞いたこともあるんです。それくらい、今でも佐江さんになりたい。これからも私の中でずっと憧れの人です!」

オススメ家電

フリーテーマのおたよりを紹介します。

「先日の放送で大矢さんがカラーコントロールメガネについて話していたのを聞いて、欲しくなり昨日買ってしまいました。
室内では普通のメガネなのに、外に出たら数秒でサングラスに変わりびっくりしました!外仕事をしているのでさっそく明日から役立ちそうです」(Cさん)

紫外線の量を感知しレンズの濃度が変わり、眩しさの低減をはじめ紫外線のカットなどの機能を持つカラーコントロールメガネ。

「私が話していたのを聞いて買ってくださったんですね。私も買ってからしばらく使っていたのですが、夏の間はとても便利でした。でも、外に出るとすぐサングラスに変わってしまうので、冬場だとちょっと使うのをためらっちゃうかも」

東京であれば四季を問わずサングラスをしている人が多いですが、名古屋だと若干浮く気がする…という理由から、冬場に使うのはちょっと勇気が要るという大矢。

「ちなみに最近のおススメアイテムは、たくさんの情報を教えてくれる体重計!骨の重さや水分量、脂肪の量とか、すごい詳しく表示されるんですね。でもあれって、解剖していないのにどうしてわかるんですか?」

家電に詳しいリスナーさん、いたら教えて下さい!

欲しい家電

家電の話から、大矢が今欲しいグッズを紹介。

「ずっと欲しいのは、ヘルシオのオーブンです。確かレンジの機能も付いていて、油いらずでヘルシーに料理が出来るんですよね。
本当に今の家電ってすごいですね。家電芸人までとはいかないけれど、たくさんの家電に囲まれて生活したいなあ」

「あれ?料理しないんじゃ…」と思ったそこのあなた、ここはひとつスルーしておきましょう。
(ゆうつん)

♪9/22 セットリスト

M1  Lonely Lonely feat. Chara - LUCKY TAPES
M2  Tonight - PassCode

大矢真那のホームタウン
2018年09月22日19時00分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20540'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20540'); ga('send', 'pageview'); ]]>
column <![CDATA[ 9/21放送の『北野誠のズバリ』、この日のテーマは「これってアウト?これってセーフ?」。 「友だちの結婚式の招待状に『平服でもよい』と書いてあり、当日は礼服の人がほとんどでしたが、1人だけジーパンとTシャツの人がいました。コレってアウト?セーフ?」。 リスナーAさんから寄せられたこのおたよりを受けて、北野誠、ITジャーナリストの井上トシユキ、金曜アシスタントの片山淳子が「平服」についてのトークを繰り広げました。 ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20542 https://radichubu.jp/files/topics/20542_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20542 20542 Mon, 24 Sep 2018 06:02:00 +0900 Mon, 24 Sep 2018 06:00:59 +0900

9/21放送の『北野誠のズバリ』、この日のテーマは「これってアウト?これってセーフ?」。 「友だちの結婚式の招待状に『平服でもよい』と書いてあり、当日は礼服の人がほとんどでしたが、1人だけジーパンとTシャツの人がいました。コレってアウト?セーフ?」。 リスナーAさんから寄せられたこのおたよりを受けて、北野誠、ITジャーナリストの井上トシユキ、金曜アシスタントの片山淳子が「平服」についてのトークを繰り広げました。

      

なんのトラップ?

「最近就活でも言われてみんな悩んでますけどね。『平服で来て下さいって言われて、どうなんですかねー』って」と、平服問題は就職活動においても広がっているという井上。

北野「平服で着てくださいっていうのも、書かんでええと思うけどなぁ」
片山「平服の定義って何なんでしょうね、普段着ってこと?いつも自分が着てる普段着のこと?」

解釈が人によって大きく異なる「平服」。
その言葉を信じて普段着で行ったばかりに、恥をかいてしまう危険性が大いにあります。

井上いわく、ポイントは「靴」。
いくら平服といえどもスニーカーはNGで、革製であるべきだとする井上。

北野もジーパンとスニーカーはやめて、せめてジャケットは羽織らなければならないと指摘します。

「JRA(日本中央競馬会の主催レース)でちょっとええ席に行く時の服装と一緒ですね」

井上、なんともVIPな例えを持ち出してきました。

北野「わざわざ平服でお越しくださいって書いといてね、自分だけジーパンとTシャツで浮いた時にすっげぇ嫌やもん」
井上「確かに。なんのトラップ?と思いますよね」

お通夜で俺だけジーパン

ここで北野が、自らの身に起こった似たような体験を思い出します。

仕事柄お通夜に参列することも多いものの、ほとんどが急なことで、お通夜の服装は「なんでもええ」といわれているんだそう。

その時も仕事帰りに急に連絡をもらい、香典を持って慌てて駆けつけたところ、ジーパン姿は北野1人だけだったんだとか。

「俺もロケの帰りやから、もうしゃーないがな!」と嘆きます。

その時はロケ帰りという事情をわかってもらっているため、「急に来てくれはったんですね」と言ってもらえたそうですが、「あれ、やっぱし難しいよね」と北野。

事情があるにせよ、集団の中で浮いてしまうのはやはり避けたいものです。

井上「正確に言うと、本当の平服ってイギリス風にいうと、ダークグレイかダークネイビーなんですよね。クロじゃないんですよ」
北野「あっ、へぇー!」

井上「それが正式なんですよね」
北野「いつの間にか"礼服ジャーナリスト"にもならはった」

「まあ、イギリスの例でいきましゅとね」と、カタコトの日本語で胡散臭い英国紳士を気取る井上に、「誰や、誰やお前!」とツッコむ北野。

新郎新婦スウェットで登場

番組後半、この話題について反響のおたよりが寄せられました。

「私、逆パターンで浮きました。結婚式の2次会で、案内には『気取らない2人なんで、本当に私服で構いません』と書いてあります。

でもさすがに結婚式の2次会でも、私服はジーパンはあかんやろと思って、私はいつものようにスーツを着て行ったんですが、2次会当日出席している男女全員が私服でビックリしました。

2次会が始まりました。
『さっ、新郎新婦の入場です』と言われて結婚式場からオシャレなスーツを来て出てくるのかなと思ったら、最新の少しオシャレなスウェットで現れました。

えっ、スウェット?結婚式の2次会でスウェットなん?
スーツ姿の私は1人だけ、浮きに浮きました。

参加された方から『この方なんでスーツなの?私服でいいって書いてあったやん』と言われ、『俺、普段からスーツやから』言うてたんですけどねぇ。
おまけに、スウェット着た新郎新婦さん2人から『なんでスーツなん?』と聞かれました。
もうええやんけ、スーツでほっといてくれよと思いました」(Bさん)

逆パターンでも浮く

井上「これやっぱり、決めてもらった方がええかもしれませんね」
北野「案内状くれる時に、ドレスコードでスーツかワンピースでって」

井上「例示用としてイラスト描いといてもらうとかね、こんなん」
北野「ネクタイまではいいですよ、とか書いてもらってる方がええね。ホンマに思うわ」

結婚式はスーツ姿で参加するものの、2次会というのが悩むと北野。

井上「そこで微妙な謎かけされてもね」
片山「どれぐらいカジュアルなのかっていうのがね」

北野「『食べログ』などで店の雰囲気調べて、こんな感じかなみたいな感じにしてるけど」
井上「行ったらスウェットで出てくるわけ(笑)ビックリ!」

Bさんのように、逆パターンで浮いてしまうこともあるようです。

どちらにせよ悩ましい、「平服・私服で構いません」の表記。
浮かないためにもは、他の参加者への徹底的なリサーチが必要なのかもしれません。
(minto)

北野誠のズバリ
2018年09月21日13時57分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20542'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20542'); ga('send', 'pageview'); ]]>
omoshiro <![CDATA[ <img src="https://radichubu.jp/files/topics/20543_ext_01_0.jpg" / alt="20543_ext_01_0.jpg"> <p>9月21日放送『つボイノリオの聞けば聞くほど』の冒頭では、物の値段が上がってきているのではないかというトークが繰り広げられました。 特に食料品やお菓子などは、価格が上がるというよりは、価格はそのままで中身が少なくなっていると感じたことはないでしょうか? 結果的には値上げしているということになるのですが、一方で多くの人は収入が上がっているという実感はないという中、日本の経済は本当のところどんな状況になっているのでしょうか。 「マクロ経済が~インフレターゲットが~」といった仰々しい話ではなく、ごくごく身近なお話に終始しますので気楽にお読みください。</p>        <h2>最近の缶詰事情</h2> <p>まずは、普段の買い物で感じていることについて、おたよりが届きました。</p> <p>「最近、ラジオのニュースでサバの缶詰が品薄と聞いていますが、行きつけのスーパーでも少なくなっております。意外にサンマの缶詰は山積みになっていて、重宝しています」(Aさん)</p> <p>ここで、つボイノリオと小高直子アナウンサーが、普段の買い物から感じたことを語り合いました。</p> <p>つボイ「あまり経済とか物流には詳しくないですけど、こういう物を見る限り、どんな状況かというのはわかりますね。<br> マグロのフレークがずっと好きで食べてましたが、昔食べてた缶の1/3の薄さになってるんです。マグロって獲れんようになってるんだなと感じましたし、イカの缶詰も好きですけど、開けてみると汁が多いですね。全然、詰まり具合が薄いですね」</p> <h2>空気売ってんのか</h2> <p>小高「あのね、ポテトチップス。"空気売ってんのか!" いう感じになる。開けた時に "こんだけ?" って。メーカーさんも材料費などが高騰して苦肉の策でしょうから、あまり文句ばっかり言ってもいけないのかもしれません」</p> <p>空気が入ってるのは、輸送の際に形が崩れないようにという目的もあるようですが、それでも空気の割合が高いと感じてしまいます。</p> <p>ここでつボイは、まだ言い足りないことがあるようです。つボイ「イモとイカの煮合わせっていう缶詰があるんですけど、イモばっかりやないか!ちょこっとしかイカ入ってへんよ。何じゃアレは!」</p> <p>小高「イモと!(小さな文字で)イカの缶詰って書いといたら」</p> <p>つボイ「"イカ"という文字を虫眼鏡で見ないとわからないぐらいに小さく書いとけ!って思いましたけど」</p> <h2>空気が入りすぎている商品とは?</h2> <p>その後、2人の話に賛同した人、特に空気の割合が高すぎるというおたよりが続々と届きました。</p> <p>「小高さん、ポテチの"空気売ってるんかい!"に座布団1枚」(Bさん)</p> <p>「ポテトチップスもそうですけど、惣菜パン・菓子パンも空気の占める割合が高くなってきております。それで値上げなんですから。まあ、しょうがないんですけど…」(Cさん)</p> <p>小高「よく原材料とか書いてる所に、"空気率"とかも入れといて欲しいですね」<br> つボイ「空気が一番多いわ。容量の中で」</p> <p>小高「原材料って、多いものから順番に載ってますけど」<br> つボイ「1番空気、その次にイモとかいろいろ」<br> 小高「イモ(笑)。つボイさんの中で、イモとイカの缶詰が相当、大きく占めてるみたいですね」</p> <p>値段を変えないための苦肉の策ですが、量が少ないのはちょっと寂しいですね。<br> (岡本)</p> <p>つボイノリオの聞けば聞くほど<br><a href="http://radiko.jp/share/?sid=CBC&t=20180921090310">2018年09月21日09時03分~抜粋(Radikoタイムフリー)</a></p> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20543 https://radichubu.jp/files/topics/20543_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20543 20543 Mon, 24 Sep 2018 06:01:00 +0900 Mon, 24 Sep 2018 06:00:59 +0900 (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20543'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20543'); ga('send', 'pageview'); ]]>

現代日本が抱えている「8050問題」という言葉をご存知でしょうか? "80"は80代の親を、"50"は50代のこどもを表します。 親が高齢なのに、その子が引きこもりの状態になっているケースが増えてきているのです。 9月21日放送の『多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N』では、この問題を詳しく研究されている愛知教育大学大学院の教育実践研究科准教授の川北稔先生に伺いました。

      

引きこもりの高年齢化

引きこもりイコール若いこどもというイメージがありますが、今の日本では引きこもりも高年齢化していて、50代で引きこもりという人が増えてきています。
引きこもりが長期化し、高齢の親とともに社会から孤立してしまうケースが問題となってきています。

どういう世帯で暮らしている人が多いのか統計的に調べる「人口動態」においても、これからどんどん増えていく心配が大きいそうです。

実はこれまで国全体としての引きこもりの調査は39歳までを対象としており、40歳以上の引きこもりについては数字が把握されていません。
東京都町田市など地方自治体が独自に調査した結果、引きこもりはこれまで若者の問題と思われていたのが、40歳以上が多かったという結果も出てきています。

引きこもりとは?

そもそも"引きこもり"の定義とは何でしょうか。

川北先生「国の厚生労働省が作ったものがありますが、簡単にいうと修学や就労という自分の家庭以外の交流がないままに、家庭中心に生活している方です。調査をする時はその状態が6カ月以上続いていることを目安にします」

多田が「コンビニの買い物くらいは行くけど、基本的に世間との交流がほぼない人。もちろん学校にも行かない、あるいは仕事にもついていない人ですね」とまとめます。

引きこもりになる経緯

40歳以上で引きこもりになってしまう経緯はどういうケースがあるのでしょうか。

川北先生「今の40代の方は就職をする時『就職氷河期』と言われる頃で、非常に就職に苦労した世代です。それが大きいきっかけのひとつです。

非正規雇用も大変増えた時代で、その中でひとりにかかってくる仕事の種類・量が大きくなった時代でもあります。
いくつかの仕事を転々としてきたが、ある時ぷっつり実家に戻ってきた、そういう方が割といらっしゃいます」

“親亡きあと”は…

多田「40歳の時に実家に帰って、親に面倒を見てもらい始めたら、そのとき親は70くらい。それがそのまま長期化していくと、親が80本人は50、これが『8050問題』ですね。それから先はどうなるんですか?」

川北先生「そこが本当に心配で、"親亡き後"という言葉で心配されている方もいます。
実際、親御さんに介護が必要で施設に行かれたり、両親とも亡くなってしまって家にお子さんだけ残されているということも珍しくないです。
そういう状態で、親御さんの介護に関わっていた高齢者の担当の方が心配して、訪問したりすることがかなり多くなっています」

多田「50代で仕事がなく、どうやって生きていくかという問題ですよね」

川北先生「いろいろな支援の制度がだんだん提案されてきていますので、そういう窓口をぜひ活用していただきたいと思います」

ひと月に1件の大事件に

親が亡くなった後、こどもが大変なことになる例もあるそうです。

川北先生「親御さんが体調を崩されて、目の前で倒れたという場合も、病院などに連絡ができずにそのまま見守るしかなかった。これが保護責任者遺棄致死という罪に問われてしまいます。

今年に入ってからも、ほぼひと月に1回と言っても大袈裟ではないですが、そういう例があります。名古屋市でも南区で70代の親御さんと40代の息子さんが、両方とも亡くなって見つかったこともありました」

どう対処すればいいか

本当に深刻な問題ですが、どうやって対処すればいいでしょうか。

川北先生「社会的に孤立してしまう、人との交流が途絶えたり少なくなってしまうということは、誰もが抱えている課題です。
人生100年時代といわれ、やがては90歳になるまで生きる方も女性では二人にひとりと言われています。老後と言っても、これまで考えていたよりかなり長い期間を過ごさないといけません。こどもを頼ると言ってもお子さんも70代になっていたりします」

そこで川北先生は三つのことを提案しました。

① 早目の相談
老後を見越して、早目に地域の窓口に相談に行くこと、地域の見守り活動の輪の中に入るということが、誰にとっても必要になってきます。特別な一部の人の課題ではなくなってきているのです。

② 頼れる人・ところを共有
親御さんが倒れてから連絡を取ることができないなら、電話の前に緊急時の連絡先、かかりつけの病院や、この人なら話を聞いてくれるという親類など、元気な時から家族の中に共有しておくことです。

③ 小さな困りごとから外へ頼る
なかなか困っていても、人様の迷惑になりたくないという方も多いです。ただ小さな困りごとの時から少しずつ外に出すことが大事です。
誰しも歳をとるので、相談してみると意外と周りにも同じような人がたくさんいることがわかってくると思います。

多田は、最後に「元気なうちから、小さなことから、人に頼っていいですよということですね」と、強調しました。
(みず)

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
2018年09月21日08時15分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
column <![CDATA[ <script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20541'); ga('send', 'pageview'); </script> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20541 https://radichubu.jp/files/topics/20541_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20541 20541 Mon, 24 Sep 2018 06:00:00 +0900 Mon, 24 Sep 2018 06:00:59 +0900 (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20541'); ga('send', 'pageview'); ]]>

木曜日の「オトナのいろどりっ!」は、関富子先生のお料理レシピ。 毎月のテーマに沿ったレシピを1品ずつご紹介いたします。 9月のテーマは「うすくち醤油についてもっと詳しく知ろう」。 今回は、「きしめん」です。

      

意外なきしめんの由来

「きしめんだがね」

名古屋弁で紹介する関先生。

「まー名古屋人はね」
「やっぱし"きしめん"ですもんね」

同じ名古屋人の丹野みどりは激しく同意します。
あのひらひらした感じがたまりませんよね。

「あれは、なんでひらひらしているか知ってます?」

ここでいきなり関先生からのクエスチョンです。

「これはね、名古屋人の経済根性でね」
平たいほうが早く火が通るため、丸いうどんより平たいきしめんが流行したのだそうです。

これには思わず、ヒガシマル醤油研究所の古林さんも声を出して驚きます。

そして、"きしめん"という名前にも、由来はあるそうで。

「雉の肉が入っていたから、キジ麺から、きしめんになった」
「勉強になります」

思わず丹野みどりが口にしますが、勉強してほしいことは、もっと別のところにあるんですよ、丹野さん。
今月はヒガシマル醤油研究所所長の古林さんから、うすくち醤油について教わってください!

出汁の違いが、わからない?

気を取り直して、関先生にはおいしいきしめんを作るためのポイントを。

「もう、これは、出汁につきますね」

きしめんやおうどんなど、おつゆを張るものは、煮込む過程がないので、おつゆ自身を味わわなくてはなりません。
となれば当然、おつゆが美味しくなければ、きしめんやおうどんも美味しくならないわけで。
きちっとお出汁を取らなければ美味しく作れないということになるのです。

そんなお出汁が命のきしめんですが、丹野みどりの前には、2種類のきしめん。
さっそく食べ比べてみるのですが……

「先生、両方とも美味しいですけど」
「たぶん丹野さんの口にはそうはいると思うんです」

おっと。手抜き大好き主婦の丹野みどりにはわからない違いですと?

「片方は、削り節と花鰹の2種類だけでとったお出汁なんですよ。もう一つの方は、昆布と煮干しと削り節と花鰹でとったんですよ」

つまり、2種類と4種類。出汁の種類の多さが違います。
出汁の状態で飲むと、その差は歴然。
しかし、今回、2種類の出汁にプラス、淡口醤油とみりんを入れてしまうと、あら不思議。
味がうんとアップして、違いが全然わからなくなってしまいます。

「そうなんですよ、先生。正直なこと言っていいですか。どっちも変わらずおいしいんですよね」

2種類しか出汁を使っていないほうが物足りないなんてことは、まったく思いません。
これって、うすくち醤油の効果なのでしょうか。

出汁×うすくち醤油の効果効能

前回教わったことを踏まえると、うすくち醤油にはグルタミン酸があるので、昆布の旨味成分と同じものがプラスされてうんと味がアップする、という理屈でしょうか。

古林さんによると、うすくち醤油は出汁との相性が非常によく、出汁のおいしさを淡口醤油がより引き立てるそうです。
さらに、出汁そのものには、低い塩分濃度でおいしく感じるという「減塩効果」というものがあるそうですが、出汁に淡口醤油を合わせると、この減塩効果がさらに高まるそうです。

つまり、うすくち醤油と出汁をうまく使えば、健康でおいしい料理ができあがる、ということです。

そこまで聞いていた丹野みどりに、ふと疑問が浮かびます。

「出汁に淡口醤油を合わせると、なぜ減塩効果が高まるのですか?」

古林さんによると、これは、淡口醤油の持つ2つの特性が理由だそうです。
ひとつは、うすくち醤油は出汁の味が良くわかるから。
もうひとつは、うすくち醤油は塩味が良くわかるから。

ヒガシマルの研究によると、うどんつゆの塩分濃度である1.28%にした、食塩水、淡口醤油、濃口醤油の3つを用意して、それらの塩分濃度をちょっとずつ上げていくと、食塩水が一番早く0.03%塩分を濃くしたときに違いが分かるようになり、淡口醤油では0.05%、そして濃口醤油では0.08%塩分濃度を上げたときにやっと違いがわかるようになったそうです。

つまり、塩分濃度1.28%の淡口醤油と1.33%の淡口醤油を飲み比べると「塩辛くなった」と分かるのに対し、濃口醤油では、1.28%から1.36%にした時に飲み比べてやっと「塩辛くなった」とわかるそうです。

ちょっとの塩分量で塩味がわかるのですから、塩分を控えて使ってもおいしい料理が出来上がる。よって減塩につながるということです。

ちなみに、今回先生が使った淡口醤油の量は、700mlの出汁に対して淡口醤油大さじ1杯ちょっと。
いかに塩味がわかりやすいかというところですね。

材料とレシピ

【材料】2人分
だし汁
・水 5カップ
 ・煮干 10g
・出し昆布 10g
・削り節 30g
・花かつお 20g

かけだし
 ・だし汁 3カップ半
・淡口醤油 大さじ1・1/2~
・みりん 大さじ1/2

・きしめん(冷凍) 2袋
・かまぼこ 4切れ
 ・油あげ 1枚
・青菜(茹)
・ねぎ(小口切り)
・花かつお

【作り方】
①かけだしに必要なだし汁をつくる。煮干しの頭と内臓をとり、細かくさいてサッと水洗いする。だし昆布は汚れをふきとり、切れ目をいれる。
②5カップの水を鍋に入れ、煮干しと昆布も入れて2時間くらいおく。
③鍋を火にかけ、沸騰寸前に昆布をとりだし、2分ほど灰汁をとりながら沸騰させる。火をやや強くし、削り節を入れ、さらに2分ほど沸騰させる。この時も灰汁をとる。花かつおを入れ、15秒沸騰させて火からおろし、こす。だし汁の出来上がり。
④きしめんはレンジで解凍し、温めておく。器も温めておく。
⑤鍋に作っただし汁3カップ半(700ml)を入れて温め、淡口醤油大とみりんを入れ、かけだしを作る。きしめんを鍋に入れ温める。
⑥温めておいた器にきしめんを盛る。お好みでかまぼこ、油あげ、青菜、ねぎと花かつおをのせて出来上がり!
(榊原)

丹野みどりのよりどりっ!
2018年09月20日16時37分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20506'); ga('send', 'pageview'); ]]>
gourmet <![CDATA[ <script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20506'); ga('send', 'pageview'); </script> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20506 https://radichubu.jp/files/topics/20506_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20506 20506 Sat, 22 Sep 2018 06:03:00 +0900 Sat, 22 Sep 2018 06:00:59 +0900

『北野誠のズバリ』の木曜コーナー、作家で哲学ナビゲーターの原田まりると、松竹芸人の紺野ぶるまが木曜日に週替わりで登場する「ぶるまとまりるはおやつの前に」。 9/20の放送では紺野ぶるまが登場。 友人の結婚式に行くための格好に散々悩んだ紺野がようやくたどり着いた、アラサーが着るべき衣装についてのトークを繰り広げました。

      

20代の衣装は着られない

「こんにちはー、紺野ぶるまです!お願いします」と挨拶する紺野に、「今日なんか声明るいやん」と指摘する北野誠。

「明るく行こうと思いましてね」という紺野が持ってきた話題は、「アラサー以上の女性が結婚式に呼ばれて着ていく衣装のベストな色」について。

「氏田さんも共感してくださると思うんですけど、すごい迷いませんか?」と振られて「うーん、もうね、ちょっと迷いますね」と、うなずく氏田朋子。

キャピキャピした、派手な色は20代まで。

当時結婚式に着用した衣装はまだ自宅にあるものの、30代の今なっては「体形が変わって入らない、二の腕なんてとても出せない」という問題があるという紺野。

「買わなきゃいけないんですよ、30なったら」という結論を出した紺野、意を決して新しい衣装を買いに出かけました。

黒×、ピンクも×

まず初めに考えたことは「30代なんで、無難に黒」。

ところが、結果は「逆に30代だからこそ、黒着ると喪服みたいになる。完全に喪服」状態だったよう。

ゲストも黒い衣装を着てくる人が増える年代だからこそ、お葬式感が出てしまう。

よって黒は断念。

「明るい色を着ているゲストが多いと、花嫁も若く見える」と言われていることもあり、次に当ててみたのはピンクの衣装。

「そしたら、本当おばさん引っ込んでろ!って感じなんですよ。痛々しい、逆に老ける」

ピンクも散々な結果に終わりました。

「あっそうなん?逆に老けんの?」と意外そうな北野に、「いや、もーう私着られへんかな。ピンク。ワンピースでしょ、しかも」と氏田。

北野「俺なんかピンクのシャツ好きやで」
氏田「いや、一部分やったらいいんですけど、ワンピースで全身ピンクじゃないですか。イタイよね」

これには「あーそやな、全身ピンクは30代キツいんか」と、納得した様子の北野。

オレンジ×、白×、赤×

「とはいえ、オレンジとか装飾系のお値段張るようなものをあてると、逆に“美魔女感”が出でちゃうんですよね。金持ってるマダム感が出て、老けるんです」

この日の紺野は、発言にいちいち説得力があります。

「お金かけたらかけたで。現役のおばさんっていう感じ」

やはりこれもNGです。

「やっぱり行くからには、ちょっとモテたいという気持ちも」

チラッと本音がのぞいた紺野ですが、「モテたいと言うか、汚い感じにはしたくないじゃないですか」と慌てて軌道修正します。

とはいえ、白は花嫁の色なので絶対に×。

続いて紺野が思いついたのは赤。

おシャレで、パキッと顔も映えため有望かと思われましたが、隣にいたカップルの「たまにさー、結婚式で派手なの着てくる人いるけど、あれどういう神経?赤とか」という会話をたまたま耳にして断念。

その後友達に「赤選ぼうとしたんだよね」と話したら、「赤は本当によくないよ」と言われてしまったんだそう。

主役である花嫁さんが色打掛にお色直しをする場合、赤い色を着ることが多いもの。

花嫁さんとの色かぶりは絶対に避けなければなりません。

結果的にカップルに救われる形となった紺野。

正解発表!

「なにがええのやろな、ほんま難しい。あとは着ぐるみ系しかないんちゃう?」と、混乱し始める北野。

このように1か月ほど真剣に悩み続けた紺野でしたが、ようやく結論にたどり着きました。

それは「紺色のレース」。

黒いレースだとやはり喪服感が出るものの、紺色と黒を纏ったレースだと一気にパーティー感が出て、暗くもならず、ゴージャス感もあり、レースの透け感で大人ならではのセクシー感も出て美魔女感も消える、と自画自賛です。

「黒と紺のレースめちゃくちゃ良くて。黒と紺のレースに、あえて高くない1,000円ぐらいのパールのイヤリングを付けたんですよ。これに高いの付けちゃうと美魔女感出ちゃうから。安いパールを付けたら、ちょうど31歳に見えるんですよ!ちょうど!」

ついに正解を導き出した紺野。

「花嫁も邪魔してないし、すごい結婚式のことを考えてる服なんですよね」という紺野に、「30代の私の周りもほとんどレースです」と氏田。

「ほんっとこれ、リスナーの方も見てほしいです」と、自信作を皆に見てもらいたいと切望する紺野。

結果モテまくり

「結構あたし、結構モテましたからね。結婚式場で」という紺野の言葉を聞き逃さず、「モテたんですか?」と真剣な口調で尋ねる氏田。

紺野「モテましたよ。『写真撮りたいって言ってるよ』って。3~4人ぐらいに言われました。『美女と写真撮りたいって言ってるから撮ってあげてくんない?』って。マジで言われましたよ、私」
北野&氏田「えー!」

紺野「やっぱりルールにのっとってオシャレしてる感じとかも、いいんでしょうね」
氏田「えっ、そこからなんかあったんですか?さらに」

追求の手を緩めない氏田。

紺野「いや、それは秘密です」
氏田「これあるわ、あったよー。だから声が明るいんですよ、誠さん」

氏田探偵の鋭い推理に、爆笑が止まらない紺野。

どうやらなんかあったらしい

北野が紺野渾身の衣装をTwitterの写真で確認します。

氏田「めっちゃセクシーでしょ」
北野「あっこれはええね、大人の女やね。しかも美魔女じゃなくて、ほんま30歳前後やね。あーこれいいですね」

北野からのお墨付きもいただきました。

氏田「これなんかあったんですよー。声明るいもん、今日」
紺野「やだやだやだ、ないないないないーないですぅー」

北野「なんかあったんやわ」
紺野「あったよ」

ついに自供した紺野。
紺野の第一声を効いた瞬間「今日なんか声明るいやん」と気づいた北野、かなり鋭かったようです。

「ひょっとしたら、2次会でタニシとばったり出会ったんじゃないか。事故物件に連れ込まれたとか」

北野のこの推理は…どうでしょう…

恒例の謎かけ

「これはもうねぇボケなしにオススメの、紺色と黒のレースという情報です、これは」

このコーナー始まって以来?の、ためになるネタでした。

氏田「ぜひみなさん、TwitterかInstagramで。これうまい具合に光を入れてね、ちょっと若返り狙ってる感じがあるんですけど」
紺野「いやいや入れてないですよ、光なんて。もう等身大です」

それでは最後に、恒例のなぞかけです。

お題は「結婚式」。

「芽吹きましたー。結婚式とかけまして、そうですねぇ…じゃああの、ち○こと解きます。その心は、どちらも“せいこう”するといいでしょう!」

紺野のち○こ謎かけ、今回もズバッと決まりました。

「どんなに綺麗に見えても言うてることは下ネタ」と、北野から芸人として最高の誉め言葉をもらった紺野でした。
(minto)

北野誠のズバリ
2018年09月20日14時44分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20511'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20511'); ga('send', 'pageview'); ]]>
entertainment <![CDATA[奈良のシカ1,200頭分のフンは誰が片付けているの?]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20511 https://radichubu.jp/files/topics/20511_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20511 20511 Sat, 22 Sep 2018 06:02:00 +0900 Sat, 22 Sep 2018 06:00:59 +0900

9月20放送の『つボイノリオの聞けば聞くほど』の「ムシのコーナー」、今回はAさんから中京圏のお隣、奈良県に関するおたよりが寄せられました。 「奈良公園にはおよそ鹿は1,200頭いて、毎日1トンほどのフンをするそうです。しかし、公園はフンまみれになることはありません。なぜなら…」

      

奈良の永久循環システム

小高「鹿が食べてる?」
つボイ「永久循環システムや。ブリッ、ぱくぱくぱく、ブリッ、ぱくぱくぱく」

小高「お掃除する人がいるんでしょうか?」
つボイ「人ではない」
小高「鹿?」
つボイ「ブリッ、ぱくぱくぱく、ブリッ、ぱくぱぱくく…何回やらせるの」(笑)

正解はAさんのおたよりにあります。

「お掃除する虫がいます。糞虫と称される、食糞性黄金虫、俗にいうフンコロガシです」

小高「フンコロガシが1トンのフンを食べるんですか」
つボイ「ちょこっとは残ってますからね。そんなに増えないのは糞虫がコロコロコロ…」

ところが小高が疑問を。

小高「そのフンコロガシはフンしないの?」
つボイ「少しします」
小高「鹿のフン1コ食べたら、1コ分は出しはしないわけですね?」
つボイ「あんた大喰らいやけど、食った分だけ出てますか?」
小高「私で例えるな!」

ならまち糞虫館

つボイは「フンコロガシのフンの行方は後日とさせていただきまして、それはトイレのコーナーになりますから」と、Aさんのおたよりの続きを紹介します。

「…フンコロガシが片づけてくれるからです。そしてこの度、糞虫マニアの中村圭一さんが、私設博物館として『ならまち糞虫館』というのを作ったそうです。
糞虫に特化し、奈良をはじめ各地で集めた日本の糞虫や世界の糞虫の標本が多数展示されているそうです。糞虫と聞くと黒くて地味な虫をイメージしますが、瑠璃色に輝いたり、角があったりとさまざまみたいですよ。土日のみらしいです」(Aさん)

小高「みんなフン食べる虫?」
つボイ「そう、糞虫やからね」
小高「ふーん」
つボイ「(笑)あさ~い笑いでずっといっていますね。表面をすっとなぞるような」
小高「いっつもそうやもんね」

かあさんに叱られる

次は猛暑のときは息をひそめていたのに、また活躍しだした蚊の話題です。

「最近涼しくなって身体は楽になりましたが、蚊に刺されることが多くなりました。血を吸う蚊はメスだけだそうです。
蚊は花の蜜とか果実が主食で血を吸わなくても十分生きていけるそうですが、メスの蚊は元気な赤ちゃんを産むために、卵巣を発達させるために命をかけて血を吸いにくるそうです。
蚊のオスは呑気なもんで果実や蜜を吸って、たまにメスと交尾しながら生きているんでしょうね。

どちらにしても寿命は1カ月程度だそうですけど、蚊の世界でもメスががんばってますね。刺されるのは嫌ですが、今までバシッと叩いて殺していた蚊は全部メスだったと思うとかわいそうな気持ちになります。でもこれからもバシッと叩いてしまうでしょう」(Bさん)

つボイ「女の人は命をかけて種族を守っているわけです」
小高「女の蚊ぁさんね」
つボイ「蚊ぁさん(笑)。蚊の父さんはどういうんですか?」
小高はけだるく「わかりません」。

今日は二人とも浅い笑いから抜けられそうにないです。

蚊のとうさんは?

この蚊の父さんはどう表現するかという話題に、おたよりが寄せられました。

「蚊のメスは“蚊”あさん、蚊のオスは“蚊”とうさんはどうでしょう」(Cさんほか多数)

小高は「こんなにたくさん“蚊”とうさん?」と、“蚊”とうさん説の多さにびっくり。

そうじゃない人もいます。
「“モスキートうさん”はどうですか」(Dさん)

小高「今日何?みんな暇?」

“蚊”大喜利の様相を呈してきました。

つボイは「次は小高さんなんや!言うかもわかりませんけど」と最後の紹介。

「働くメスに対してオスは二の次になってしまう。“か”の次で“き”…とうさん?」

放送はなぜか、"き”"のところで「お時間です!」という小高の声で突然終了。
勝手ながら、その後は脳内補完いたしました。
(みず)

つボイノリオの聞けば聞くほど
2018年09月20日10時02分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20509'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20509'); ga('send', 'pageview'); ]]>
omoshiro <![CDATA[ 9/18の『丹野みどりのよりどりっ!』では、Aさんからいただいたこんな疑問を解決しました。 「どうしてネクタイは、斜めに裁断されているの?」 ネクタイは生地を斜めに裁断して作られているのですが、皆さんご存知だったでしょうか?どうして、斜めに切る必要があるのか、その理由に今回は迫りたいと思います。 ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20509 https://radichubu.jp/files/topics/20509_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20509 20509 Sat, 22 Sep 2018 06:01:00 +0900 Sat, 22 Sep 2018 06:00:59 +0900

9/18の『丹野みどりのよりどりっ!』では、Aさんからいただいたこんな疑問を解決しました。 「どうしてネクタイは、斜めに裁断されているの?」 ネクタイは生地を斜めに裁断して作られているのですが、皆さんご存知だったでしょうか?どうして、斜めに切る必要があるのか、その理由に今回は迫りたいと思います。

      

今回の回答者

「どうしてネクタイは、斜めに裁断されているの?」というキニナルについて、東京ネクタイ協同組合の鈴木民夫さんにお答えいただきました。

東京ネクタイ協同組合は、ネクタイの普及、ネクタイ文化の発展の為に様々な活動を行っている、今年設立70周年を迎えた組合です。
毎年ベストネクタイストの選出を行ない、表彰を行ったりもしています。

ちなみに昨年、シンガーソングライターの中村千尋さんとのコラボレーションでネクタイ応援ソング「ネクタイしようぜ」を製作し、YouTubeで見ることが出来ます。

ネクタイが斜めに裁断されている理由

まずは今回の質問に行く前に、まずはネクタイがどのようにして作られているのか聞いてみました。

鈴木さん「ネクタイ生地はネクタイ専門の染工場で糸を染め、ネクタイ専門の織工場で生地を織り、ネクタイ専門の縫製工場でネクタイに仕上げます。企画、製造、販売に至るまで一貫した流れの中でモノ作りが行われている歴史のある洋装品です。
そして今回のご質問にもありましたように、生地からネクタイを作る時には、斜めに生地を裁断しております」

丹野「そうなんですね。では、どうしてネクタイは斜めに裁断して作られているのですか?」

鈴木さん「生地を斜め(バイアス)に使用してネクタイを作るのには使用上、着用上の大きな理由があります。斜めに生地を使うことにより、ネクタイが程良く伸び縮みして、ネクタイを着用しやすく(締めやすく)、また着用した後の首の動きに合わせて適度に緩む性質をネクタイに機能として与えられるからです」

丹野「伸び縮みの柔らかさが必要になってくるわけですね」

鈴木さん「そうですね。さらには、織り上げたネクタイ用の生地から斜めに生地取りをしていくと、縦横に生地取りをするよりも無駄な部分(端布)を少なく取ることが出来ます。斜めに取ることは、一石二鳥なわけです」

ネクタイを使う人にも、作る人にもメリットがある作り方だったわけですね。ちなみに縦横に生地を取ったネクタイだと柔軟性がなく、締まりすぎてしまうこともあるんだそうです。

ネクタイの歴史

今では、ネクタイをすることは普通ですが、そもそもいつからネクタイができ、使われるようになったのでしょうか。この疑問も聞いてみました。
 
鈴木さん「ネクタイの歴史は古く、ローマ時代に戦いに向かう兵士の家族(女性)が自分の腰布を千切り、武運長久を祈り、お守り代わりに兵士の首に巻き付けたという話が伝わっています」

丹野「家族からのお守りだったんですね!」

鈴木さん「より明確にわかっている話としては、フランスの太陽王ルイ14世の時代、国王の身辺警護の近衛兵をクロアチアの傭兵で組織しており、その近衛兵達が首に巻いていた所属、階級、家紋を表す目印であるスカーフをルイ14世が大変気に入り、わざわざ作らせ自ら着用したことから流行して、その後ネクタイとして定着し、その起源となったということです。
クロアチアの兵士たちが巻いていた布も、妻子や恋人からのお守りであったらしく、時代を隔てても愛する者への人の思いは変わらないといえるかもしれませんね」

日本のネクタイ史

丹野「日本にはどのように入ってきたのですか?」

鈴木さん「日本での歴史は、土佐の漁師だったジョン(中浜)万次郎がアメリカから帰国する際に所持していた記録に残る3本のネクタイから始まると言われています。明治になり舶来のネクタイが東京の日本橋辺りで販売されだし、時間を置かずに帽子製造業の小山梅吉が見よう見まねで蝶ネクタイを作り始めたのが国産ネクタイ第一号となります。この国産ネクタイが発売された1884年10月1日にちなみ、日本ネクタイ組合連合会では1971年(昭和46年)に同じ日を『ネクタイの日』として制定しました」

丹野「ということは、国産第一号のネクタイは蝶ネクタイだったということですね?」

ネクタイの起源となったスカーフが所属や階級を表していたというのは、戦の多かった当時を物語っています。また、幕末に多くの人達に影響を与えたジョン万次郎が、ネクタイを初めて日本に持ち込んだというのも興味深い話です。

ネクタイ選びのポイント

ビジネスの場では、ネクタイをする場面が多いはず。どんなネクタイを選んだらいいのか、どのように手入れをしていったらいいのか、聞いてみました。

鈴木さん「ネクタイは男性ファッションの中で要となるマストアイテムです。選ぶ色によってその日、その時の気分も表現、演出することが出来ます。心を映す小道具と言えるかもしれません。

トータルコーディネートを考える時に、海外ではネクタイをしないスーツ姿はありえません。万国共通で、ネクタイを楽しむ方はファッション全体の味付けを整える調味料としてネクタイをとらえている方が多いのではないでしょうか。
装い全体の中での差し色として、バランスを取る為にネクタイを使用し、元気を出したい時、ハレを強調したい時、個性を際立たせたい時、または慎ましさを演出したい時などそれに合わせた色、柄の強弱を選ばれたらよろしいかと思います」

お手入れについて

丹野「お手入れに関してアドバイスはありますか?」

鈴木さん「お手入れに関しては、まずは汚さないこと、そして洗わなければならないようにしないことが重要です。
市販の撥水加工を施す為のスプレーを全体に吹き付け、完璧ではなくとも水、油などからネクタイを守ってあげるような事をしてあげれば、ネクタイに対する愛着もさらに深くなることと思います。

高価なネクタイであればある程、非常に繊細な織、そして作りをしています。素材もほとんどの場合正絹ですので、汚してしまった場合には、信頼のおける、専門知識と技術のあるドライクリーニング店に出すようにしてください。
着用後のしわ伸ばし等はスチームアイロンのスチームだけを浮かしてかける程度にして、その後陰干しをしてください。アイロンは絶対にかけないようにしてください。ネクタイの風合いが全て損なわれてしまいます。しわと共に汚れが付いた場合は、プロの手に委ねるのが賢明です」

丹野「直接アイロンをかけてしまうと、ネクタイのふっくらした感じがなくなってしまいますもんね。」

今日のお話を聞いていると、ネクタイは非常に繊細で歴史のあるアイテムなんだとよくわかります。自分の個性を出すのも良し、自分の気分を表すのも良し。そんな魅力あふれるネクタイを自分なりに楽しんでみると面白いかもしれませんね。
(おきな)

丹野みどりのよりどりっ!
2018年09月18日16時37分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20465'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20465'); ga('send', 'pageview'); ]]>
column <![CDATA[ <img src="https://radichubu.jp/files/topics/20488_ext_01_0.jpeg" / alt="20488_ext_01_0.jpeg"> <p>9月19日放送の『丹野みどりのよりどりっ!』、「オトナのクリニック」では脂質異常症を取り上げました。 脂質異常症とは、血液中の脂肪分が多すぎたり、少なすぎたりする状態をいいます。メタボリック症候群のひとつです。 脂質異常症だとどんなリスクがあるのか、どうすれば治すことができるのかなど、みわホームクリニック院長の神野美和先生に伺いました。</p>        <h2>メタボリック症候群のひとつ</h2> <p>丹野「脂質異常症って、あまり聞き慣れないですね」</p> <p>神野先生「なじみがない言葉ですね。高血圧とか糖尿病と比べると、認知度が低いですが、脂質異常症はいわゆるメタボリック症候群のひとつですし、これを放っておくといちばんいけないのは動脈硬化が進むことです。</p> <p>昔は高コレステロール血症とか高脂血症というのが広く世の中に知れ渡っていました。最近はHDL(いわゆる善玉コレステロール)が低いこともリスクが大きいことがわかっています。トータルで脂質異常症という名称に変わりました」</p> <h2>ちょっとちょっと悪いが怖い</h2> <p>丹野「メタボにいろいろな要因が組み合わさると怖いと聞きますが」</p> <p>神野先生「元に内臓脂肪肥満があって、そこにちょっと血圧が高い、ちょっと血糖が高い、ちょっと脂質が異常であるという組み合わせによって、血管がゆがんでくるという話です。</p> <p>"ちょっと"が組み合わせることで血管の痛みが互いに相乗効果を起こします。1つが飛びぬけて悪いことよりも、ちょっとちょっと悪い方が怖いです」</p> <h2>男性85センチ以上、女性90センチ以上</h2> <p>丹野「人間ドックを受けたり、採血をしたりしないと、わからないのでしょうか」</p> <p>神野先生「メタボ検診ではまず腹囲を測ります。ちょうどおへその高さです。<br> 男性が85センチ以上、女性が90センチ以上が、メタボの第一の基準になります。腹内脂肪を面積に広げたときにちょうど100平方センチメートルになります」</p> <p>丹野は「お腹が出ることはかわいかったり、つい笑いのネタにしたりしますが、実は非常に怖いですね」と得心します。</p> <h2>生活習慣を見直す</h2> <p>丹野「出始めたお腹の脂肪をどうやって取っていけばいいでしょうか」</p> <p>神野先生「結局メタボは生活習慣病なので、自分の今の生活習慣を見直すことがまず一番大事です。<br> 一気には取れないので、継続して、自分の食事とか生活の活動量を見直すという地道な作業しかないです」</p> <p>丹野「例えば運動。これはいいに決まっている。激しい運動しなくていいんでしょう、歩けばいいんでしょう、ながら運動でいいんでしょう。わかっているんですけどこれができないです」</p> <p>神野先生「人間、継続が一番難しいです。よく雑誌とかテレビとかでも、よくこの運動が効きます、一日一分。やりますよね。でもそれすら続かないですよね」</p> <p>丹野は「中にやろうとか、立って歯磨きしようとか思うんですね。1回やっただけで三日坊主にすらならないことを何度となく経験してます」と、しみじみ同意。</p> <h2>継続が大事!</h2> <p>神野先生「生活にいかに組み入れるかですよね。階段を上らないと家に帰れない。駐車場をちょっと遠くに止めて、歩かないと仕事場にいけない。自分で動くところを作るしかない。</p> <p>みんな忙しいし、わざわざ余分に運動なんかできないのはわかっています。でも、運動強度は運動という概念でなくて、本当に背筋を伸ばすとか、座りながらでも足を上げるとか、今までゴロゴロ寝ていた運動をちょっと座ってやる、座っていた運動を立ってやる。ちょっとした意識で活動量はちょっと増えますよね」</p> <p>丹野「動作をちょっと変えるだけでもいいのですね」</p> <p>神野先生「そうやってちょっと変えていくしかないですが、あと続けることです。これが一番難しいことです。それが結局自分の身体を作ることになるので、そこをがんばっていくしかないです」</p> <p>「継続は力!」、受験勉強の時より、メタボ対策の時に大事かもしれません。日頃の怠惰さを指摘されたようで心に刺さりました。<br> (みず)</p> <p>丹野みどりのよりどりっ!<br><a href="http://radiko.jp/share/?sid=CBC&t=20180919163455">2018年09月19日16時34分~抜粋(Radikoタイムフリー)</a></p> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20465 https://radichubu.jp/files/topics/20465_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20465 20465 Fri, 21 Sep 2018 06:04:00 +0900 Fri, 21 Sep 2018 06:00:59 +0900 (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20488'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20488'); ga('send', 'pageview'); ]]>

9月19日放送『北野誠のズバリ』では、9月まで放送されていたあるドラマについて、かなり熱の入ったおたよりがいくつも届きました。 この放送日の前日は、綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)の最終回が放送され、視聴率も19.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)とかなりの話題となりました。 この『ぎぼむす』を超える話題となったドラマは何だったのでしょうか。水曜アシスタント・大橋麻美子とトークを展開しました。

      

青春ドラマに思わず泣いてしまい…

この日のメッセージテーマは「泣きました」だったのですが、まずはドラマを見て泣いたという話が届きました。

「連続ドラマの『チア☆ダン』(TBS系)ですが、土屋太鳳ちゃんがケガをした時は、かわいそうでかわいそうで泣いてしまいました。アメリカを目指したチアダンスの全国大会。福井中央高校に破れての2位。悔しい。悔しくて泣きました。

そんな状況を横で見ていた嫁と息子が、"ようそんなんで泣けるなあ。バカじゃねえの!"と、僕の気持ちを小馬鹿にしてきました。無神経な奴らですなあ。
『NHKのど自慢』でも、"女手一つで育ててくれたお母さんのために歌います"と司会者から紹介されたら、泣けてきます」(Aさん)

『チア☆ダン』は、この7月から9月まで放送されていた土屋太鳳さん主演の連続ドラマで、チアリーディング部が全国大会を目指すという青春ものです。

若者ターゲットのドラマだが…

これだけではありません。『チア☆ダン』をテーマに募集していたわけではないのにもかかわらず、もう1通届いています。

「娘が高校時代チアリーディングをやっていて、何となく土屋太鳳にも似てると言われるので、始まる前から楽しみにしていた『チア☆ダン』。仕事の関係で録画してみてましたが、毎週必ず何かしら感動するシーンがあり、夜中に1人泣いておりました。

先週終わってしまい、今はチアダンロスのため、バックで流れるサンボマスターの『輝きだして走ってく』を聴くだけで、いろんなシーンが思い出されます。
先日も釣具店で買い物をし、レジで偶然この曲が有線から流れたところ、涙ぐんでしまいました。
店員がめっちゃ不思議そうに寄ってきて、"大丈夫ですか?"という顔をされ、非常に恥ずかしかったです」(Bさん)

北野「50代のオッサンの心、わしづかみや!あれ若者向けのドラマやと思ってたけど」

大橋「えー、意外!(ドラマよりも前に公開されていた)映画も観てたんですけど、まさに若い子向けかと……」

明らかに若者向けのキャスティングなのですが、意外とおじさんの心をつかんでいるようです。
(岡本)

北野誠のズバリ
2018年09月19日13時34分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
column <![CDATA[ <script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20483'); ga('send', 'pageview'); </script> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20488 https://radichubu.jp/files/topics/20488_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20488 20488 Fri, 21 Sep 2018 06:03:00 +0900 Fri, 21 Sep 2018 06:00:59 +0900 (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20483'); ga('send', 'pageview'); ]]>

人々を笑わせ、考えさせた研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の発表が今月13日に行われ、長野県・昭和伊南総合病院の堀内朗医師が医学教育賞を受賞しました。 日本人の受賞はこれで12年連続です。 9/19放送の『つボイノリオの聞けば聞くほど』「ニュースなつボ」のコーナーでは、この「イグ・ノーベル賞」の話題を取り上げました。

      

12年連続の快挙!

最近、注目を集めている「イグ・ノーベル賞」。

"不名誉な”または“恥ずかしい"という意味の英語、ignoble(イグノーブル)とノーベル賞の頭に"反対"を意味する接頭語、Ig(イグ)を合わせたダジャレで、ノーベル賞のパロディ的なネーミングです。

前述したように日本人の受賞がとても多く、なんと12年連続。

ちなみに昨年は雌雄の交接器が入れ替わった「トリカヘチャタテ」という昆虫の研究が生物学賞を受賞し、この番組でも話題となりました。(参照:日本人研究者が"性器の大発見"でイグノーベル賞を受賞!

今年の医学教育賞の受賞者は、昭和伊南総合病院の堀内朗内科診療部長・消化器病センター長。

受賞した研究は、「座位で行う大腸内視鏡検査―自ら試してわかった教訓」というもの。

これに「おもしろいねぇ」と、しみじみ呟くつボイノリオ。

堀内先生の病院では大腸の内視鏡検査にとても力を入れており、検査を受ける人が年間1万5,000人と地方の病院としてはかなり多く、全国的に注目を集めています。

堀内先生は「内視鏡検査で見つかった大腸ポリープを切除すれば、大腸がんの発症を9割抑えられる」と、検査の重要性についてこのように語っているということです。

イラスト付きで紹介

つボイも受けたことのあるという大腸の内視鏡検査。

横向きに寝て、肛門から内視鏡を入れるというのが一般的です。

この検査の痛みや不快感を減らす方法を探していた堀内先生は、「座ったままで受けたらどうだろう」と思いつきました。

椅子に座り、股を開き、内視鏡を自分の肛門にゆっくり入れてセルフ実験をしてみたところ「驚くほど簡単にできた」んだそう。

2006年、この体験談をアメリカの消化器内視鏡学会誌に発表。

その体験談では、右手で内視鏡の端をつまんで、肛門に挿入しながら、左手でカメラを動かすつまみを操作。モニターに映し出された自分の腸内を見つめる姿をイラスト付きで紹介しました。

「そのイラストいるんかっていう話もしますけどね」と笑う小高直子。

合計4回試して、内視鏡の入れにくさと感じる痛みや不快感がそのたびに異なることも発見したという驚きの実験結果です。

つボイの体当たりレポート?

授賞式では司会者がこの研究を紹介すると、会場は笑いの渦に包まれました。

堀内先生は「ありがとう、受賞できて光栄です。私のやり方をお見せしてもよいですか?」と、壇上で内視鏡を見せてさらに笑いを取ったということです。

この座った姿勢で内視鏡を入れる検査は、「誰も恥ずかしがってやってくれない」ということで、病院では採用されていません。

「イグ・ノーベル賞も取ったことだし、希望する患者さんがいるかもしれませんね」と想像する小高。

堀内先生が座位での検査を実演しようとしたその時、まるでコントのように女の子が止めに入ったのも、この授賞式のお約束だといいます。

「座ったまんまでこれできるということは、つボイさん。放送しながら内視鏡検査できそう」と、なにやらよからぬことを考え付いてしまった小高に、「いいですね、ましてやテレビ局もありますもんですから、そのまま放送できる。モニターにカメラ映しとけば」と、さらに斜め上の返事をするつボイ。

つボイの体当たりレポートによる座位での内視鏡検査が実現する日も近い?

選考委員は超一流

「日本科学未来館」のHPによると、今回のイグ・ノーベル賞の医学賞は「ジェットコースターに乗って腎臓結石の排出を促す試み」。

化学賞は「ヒトの唾液が物の表面の汚れを落とすのに優れていることを計測で示した」。

文学賞は「ややこしい製品を使う際に、たいていの人は取り扱い説明書を読まないことについて」。

1991年に創設されたイグ・ノーベル賞。

笑いをもってインパクトのある方法で受賞することによって、脚光が当たりにくい分野の地道な研究に一般の人々の注目を集めさせて、科学の面白さを再認識させてくれるという立派な貢献をしています。

自薦・他薦を含めて5,000以上の業績や研究がノミネートされ、ノーベル賞受賞者を含む、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学の立派な教授たちによる書類選考が行われます。

10兆ジンバブエ・ドル札

面白い研究に贈られることも多いのですが、風刺や皮肉を込めて賞が授与されることもあります。

例えば「水爆の父」として知られるエドワード・テラーは、「我々が知る"平和"の意味を変えることに、生涯にわたって努力した」という理由で1991年にイグ・ノーベル平和賞を受賞。

1995年にはフランスのシラク大統領が「ヒロシマの50周年を記念し、太平洋上で核実験を行った」という理由で同じくイグ・ノーベル平和賞を受賞しました。

「まっイヤミですわな、これはね。イヤミで受賞」と小高が話すように、もちろん本人たちは授賞式に姿を現さなかったそうです。

「本人が来ても大したものももらえないんです」とつボイ。

賞状は選考委員のサインは入っているものの、コピー用紙にプリントされたもの。
賞金は基本的にゼロ。

2015年からは10兆ジンバブエ・ドル札が受賞者に手渡されていますが、ジンバブエ・ドルはハイパーインフレですでに廃止されており、結局価値はゼロとのこと。

8歳少女のお約束

授賞式の前に観客全員が紙飛行機を作って投げ続けるのが慣例となっていますが、その掃除のモップ係を例年務めているのは、ハーバード大学物理学教授であるロイ・グラウバーさん。

ところが2005年に、このグラウバーさんが本家のノーベル物理学賞を受賞したため、モップ係を欠席したという信じられないようなユニークな話もあります。

アメリカのハーバード大学で行われる授賞式の旅費と滞在費は自己負担。

受賞者のスピーチは60秒以内で、「観客から笑いを取る」というルールが存在します。

1999年から、この制限時間が過ぎると「ミス・スウィーティー・プー」という名の8歳の女の子が壇上に現れ「Please stop. I'm bored.(もうやめて、私は退屈なの)」と連呼するというお約束があるそうです。

毎年8歳の女の子が務めるのですが、受賞者からのワイロの贈り物に買収されこともあるんだとか。

優秀な科学者の全力の冗談

国立国際医療センター研究所の山本麻由さんが2007年に受賞したのは『牛の排泄物からバニラの香り成分『バニリン』を抽出する研究』。

この時はスピーチ中の会場に、有名なアイスクリームショップのお店がわざわざ作った「ヤマモトバニラツイスト」というアイスクリームが観客にふるまわれました。

「メチャクチャ優秀な科学者たちが全力で冗談をやっている」というイグ・ノーベル賞。

ですが、笑えるだけではなくて、とても考えさせられる内容やなるほどと唸る重要な研究もあります。

「しょうもない研究」というだけではなく、このイグ・ノーベル賞を受賞した研究の中には、その後実際に今の社会で使われている重要な研究も存在しているそうです。

今月22日から、東京ドームシティの「Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)」で「イグ・ノーベル賞の世界展」が開催されます。

詳しく研究内容を知りたい方は是非足を運んでみてください。
(minto)

つボイノリオの聞けば聞くほど
2018年09月19日11時05分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20489'); ga('send', 'pageview'); ]]>
omoshiro <![CDATA[ <script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20489'); ga('send', 'pageview'); </script> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20483 https://radichubu.jp/files/topics/20483_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20483 20483 Fri, 21 Sep 2018 06:02:00 +0900 Fri, 21 Sep 2018 06:30:59 +0900

長野県北部、坂城町という町を中心に伝わる「おしぼりうどん」という伝統食があるそうです。 9月19日『多田しげおの気分爽快‼︎』はこの「おしぼりうどん」について、ねずみ大根振興協議会会長の小林善道さんに伺いました。 この小林さんの人柄に多田しげおもアシスタントの桐生順子も引き込まれました。

      

おしぼりうどんとは?

おしぼりうどんは、ねずみ大根という大根を使うそうです。

「小林さんはねずみ大根振興協議会の会長をやってるんですね」と呼びかける多田。
「今んとこだけね」と返す小林さんに、思わず笑ってしまう多田。

小林さん「ねずみ大根を擦っておろすんです。その擦ったのを布で絞って、そこへ味噌や何かを入れて、それで釜揚げうどんをつけて食べるってことですね」

おしぼりうどんの「おしぼり」は、おろしたねずみ大根を絞ってお汁を作るところから来ています。

「味噌をたんと入れると甘くなります」と小林さん。ねずみ大根の絞り汁に味噌、かつお、ネギなどお好みの薬味を入れて、そこに釜揚げうどんをつけて食べるのがおしぼりうどんの食べ方。そばやつけ麺のような食べ方です。

ねずみ大根とは?

「さっきからずっと疑問だったんですけど、ねずみ大根。これどんな大根?」と質問する多田に「ねずみにそっくりな形で、長さ15センチぐらいです。ネズミのように尻の方がすごくふっくらしてて、それで、その先に細長い根っこがニョロニョロっと出てるのがネズミ大根です」と答える小林さん。

大根は普通、先っぽに行くほど細くなっていきますが、この大根は先っぽがモッコリ膨らんでいて、パッと見たら白いネズミがうずくまってるように見えるんだとか。
ねずみ大根は坂城町の特産品だそうです。

「味はどうなんですか?」と多田の質問に「辛いです」と答える小林さん。
その言い方で相当辛いことが伺えます。
「ねずみ大根は辛いです」と重ねて言う小林さんでした。

ねずみ大根は物凄く辛いので、味噌で甘くしたり、薬味を入れて調節して食べるのがおしぼりうどんの特徴でもあります。

辛さが美味い

多田「坂城町の方にとってみれば、この辛いのが美味いんだということですか?」
小林「そういうことですね」
多田「小林さんもこの辛さは大好き?」
小林「私の方はちょっと…大根は作っても辛いのが苦手なもんで食べないんですよ」

小林さんの意外な答えに、桐生順子も思わず声を挙げて笑ってしまいます。小林さん、声といい、どことなくとぼけた感じといい、落語家を彷彿とさせます。

多田「小林さんは作るばっかりで、この大根は食べない?食べない理由は辛いから?」
小林「食べると、あと身体の調子がちょっと悪くなって、苦手なもんで食べないんですね」

想像もしない回答が飛び出し、慌てるスタジオ。

多田「そんなの人に食わしていいんですか?」
小林「ええ。それは、みなさん、美味い美味いって大盛況ですよ」

このやりとりはまさに落語です。

「人は美味い美味いって食うけども、小林さんは正直言って、ようわからんなあ、というとこですか?」と言う多田に、「そうそう。ハハハ。それでも一応会長は仰せつかってやってます」と答える小林さん。辛いのは嫌いでも会長はOKです。

おしぼりうどんを食べた人の感想

おしぼりうどんを初めて食べた人はどんな感想なんでしょう?

「それは、ちょっとわからないけどねえ、ハハハ。まあ遠くからも来ますよ。関東は東京からも来るし、新潟の方からも来るし、名古屋の方からも来るし。まあいろいろ…」と小林さん。

「初めて食べた人は美味いって言うのか、辛いって言うのかどっちだろうね?」と重ねて聞く多田。

小林さん「それは…ハッキリしたことは俺にはわかんないけどね」

「いいですね。むしろすごく食べたくなりました!」と桐生が興味を示しました。

11月はねずみ大根の季節

坂城町では11月になると、おしぼりうどんが振舞われる「ねずみ大根まつり」や「ねずみ大根収穫体験」も行われます。

「そういう時には会長が『俺は食わん』とは言わんほうが良いでしょうね」と多田の忠告に「それは言わないし。地元の者は、会長辛いのダメだよって知ってるけどね」と小林さん。

多田「でも会長やってるんだ」
小林「グハハハハハ」

さらに観光で来た方には…。

小林さん「その都度『美味いから、たんと買ってってください』って宣伝してます」

辛いのは苦手でも流石はねずみ大根振興協議会会長です。
(尾関)

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
2018年09月19日07時43分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20486'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20486'); ga('send', 'pageview'); ]]>
society <![CDATA[プーチン大統領が平和条約の呼びかけの真意は? イチから知ろう北方領土問題]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20489 https://radichubu.jp/files/topics/20489_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20489 20489 Fri, 21 Sep 2018 06:01:00 +0900 Fri, 21 Sep 2018 06:00:59 +0900

今月12日、ウラジオストクで開催中の東方経済フォーラムで、ロシアのプーチン大統領が安倍晋三首相に対し、今年中に日本と平和条約を締結したいと提案しました。 両国には長年に渡る「北方領土問題」が手つかずのまま残っています。提案された平和条約に、この問題はどう絡むのでしょうか? 18日の『丹野みどりのよりどりっ!』では、この疑問についてCBC論説室の横地昭仁解説委員に尋ねました。

      

江戸時代「四島は日本」

まず両国に残る「北方領土問題」についてです。

横地「北海道の根室沖、歯舞群島、国後島、択捉島、色丹島。もちろん日本は『我々の固有の領土で、ロシアが不法占拠している』と主張しているわけです。

歯舞は群島ですがひとつの塊として『北方四島』と呼びます。実は延長線上でずっと島々が連なっていてカムチャッカ半島までいっている、これをひっくるめて千島列島の一部になっています。

話は江戸時代、1855年、当時の江戸幕府とロシア帝国の間で条約が結ばれていて、この四島は日本である、その先のウルップ島はロシア帝国だと(決まった)。これがすべての出発点です。

そこから90年後、第二次世界大戦末期、1945年8月9日にソ連が対日参戦。終戦の8月15日以降、9月はじめにかけてこの四島を占拠して日本人を追い出し、今もその状態が続いています」

平和条約とは?

その問題が70年以上手つかずのまま、プーチン大統領が平和条約を提案しました。これはいったいどういうことでしょうか?

横地「これも第二次世界大戦の終結に絡む話です。8月15日が終戦の日になっていますが、これは天皇陛下の玉音放送で、ポツダム宣言を受け入れますよと言った日。正式に調印したのは、9月2日、戦艦ミズーリで行いました。これで日本が降伏しました。

国際社会に日本が復帰したのは1951年のサンフランシスコ講和条約です。この条約の正式名称は日本国との平和条約で、戦争状態を終わらせましょうということでした。

ところが、いくつかの国とは条約が締結されていなかった。実は、当時のソ連(現在のロシア)とはいまだに平和条約が締結されていません。
1956年に戦争状態が終わったという日ソ共同宣言はしていますが、それでもずっと平和条約が結ばれていない、いわば異常状態になっています」

冷戦の時代

なぜそんな「異常状態」が長く続いているのでしょう?

横地「1951年に、講和条約と同時に日米安保を結んでいます。東西冷戦の時代で、日本はアメリカ側についた。だからソ連とは交渉がうまくいかないというのがあります。

また、講和条約の条文自体に、一時千島列島は全部が日本だったことがあり、その条約の中に千島列島は放棄しますと書いています。だから四島が含まれるかどうか、特に国後、択捉が含まれるかどうかは、ちょっとはっきりしないという説もあって、もやもやしていました」

東西冷戦から経済協力へ

ではなぜプーチン大統領は急に年内の平和条約締結を提案したのでしょうか?

横地「揺さぶり的という感じもしますよね。
ただ急に言いだしたように見えて、さっき言った1956年の日ソ共同宣言には、平和条約を締結したら四島のうち歯舞、色丹を先に日本に引き渡す…つまり順序が、島を返して平和条約じゃないみたいに書いてあって、プーチンさんも今回それを言っていました。

当時はまだソ連に戦争犯罪人として服役させられたままの方がいて、この人たちを早く日本に戻したいという状況もありました。軍事的な東西対立もありました。

その後は、エリツィンさんの時代になって経済協力しましょうと。プーチンさんと安倍さんの間でも話し合いが続いてきた。東西冷戦から経済協力という中での、東方経済フォーラムというところでのプーチンさんの発言だったということです」

プーチンさんのくせ球

つまり、ロシアの本心としては経済協力を求めたいということでしょうか?

横地「それは大きいです。
島といいますが、四島の面積を合わせると、だいたい愛知県と三重県くらいの面積です。しかも海の資源が豊富です。そこをどうやって開発していくかは、ロシア一国ではできないので、安倍さんもこれまでずっとプーチンさんとの話し合いの中で経済協力を前面に出してきたということがあって、それで今回の発言ということがあります。

もうひとつ、軍事、安全保障の面で、ロシアも存在感を高めています。特に択捉島のあたりは、海も空も守るという面では非常に重要になってきています。

そうした中での今回はくせ球かな。日本としてこのくせ球をどう返していくか、というのが総裁選の大きな論点でもあると思います」
(みず)

丹野みどりのよりどりっ!
2018年09月18日16時15分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20471'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20471'); ga('send', 'pageview'); ]]>
gourmet <![CDATA[ 9月18日放送『北野誠のズバリ』のメッセージテーマは、「どうしよう…」でした。 日常生活で突然アクシデントに遭遇してしまったり、失敗したりして困ってしまったというエピソードが番組に届きました。 そのおたよりを元に、火曜アシスタント・佐藤実絵子と、事故物件住みます芸人・松原タニシの3人でトークを展開しました。 ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20486 https://radichubu.jp/files/topics/20486_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20486 20486 Fri, 21 Sep 2018 06:00:00 +0900 Fri, 21 Sep 2018 06:00:59 +0900

9月18日放送『北野誠のズバリ』のメッセージテーマは、「どうしよう…」でした。 日常生活で突然アクシデントに遭遇してしまったり、失敗したりして困ってしまったというエピソードが番組に届きました。 そのおたよりを元に、火曜アシスタント・佐藤実絵子と、事故物件住みます芸人・松原タニシの3人でトークを展開しました。

      

同じスナックの女性に二股

「誠さんどうしましょう……。ただいま悩み中です。
スナックのママと、そこで働いているバイトの女の子の2人に手を出してしまい、困っています。これがまた、2人とも同じ団地の同じ棟に住んでいるのです。

自宅から歩いて5分の所にあるのでママの家に行きやすく、『これはいいや』と思ってましたが、Y子に手を出してしまった後、家を聞くと自宅と同じ方面だったので一緒にタクシーに乗りましたが、何とママの団地に着くではありませんか。
Y子は窓に顔を寄せ、『あっ、もうママ帰ってるわ』とのんきなセリフ。

何気なく探りを入れると、ママとは3部屋挟んでいるだけとのこと。偶然なのかどうかは聞けませんが、このままママの部屋に通い続けるとバレますなあ。僕はどうしたら良いんでしょうかねえ」(Aさん)

かなり自業自得の感があり、佐藤は「最悪ですね」と切り捨てていましたが、ここで北野が番組ならではの名案を思いつきます。

解決の鍵は事故物件?

「どちらか1人に決めるべき」、あるいは「両方と別れて、スナックに行くのは止める」という答えになるのかと思いきや、想像の上を行く答えでした。

北野「Y子ちゃんの部屋に幽霊が出るとか言って、いきなり行った時に『何かこの部屋、嫌な気がする』って」

タニシ「その手があったか…」

佐藤「最悪(笑)」

北野「何か嫌な匂いのする物が入った小瓶かなんかをパッと振りまいといて、『これ、ヤバイんちゃう?"大島てる"のサイト(事故物件に関する情報を掲載)で調べたら、事故物件やったで。引っ越した方がええで!身体、悪なるで』って言うて、事故物件に見せかけて、Y子を引っ越しさせる」

タニシ「それ一番良いなあ」

さすが、松原タニシを「事故物件住みます芸人」としてプロデュースした北野だけあって(過去記事「北野誠、愕然!後輩が売れるほど自分の評判が下がっていく!?」参照)、意外な発想に行き着きました。

お悩みをズバリ解決?

この答えで確信を得た2人。ズバリ悩みが解決できました。

北野「トイレで"カターン!"って倒れてるふりして、『どうしたの?』って言われたら、『何かおった気がする……』って。事故物件に見せかけて退去させる、それしかない!」

タニシ「それしかないですね」

北野「われわれ、このために事故物件を広めてきたんですよ」

タニシ「やっとここで活用できる時が来ました!」

北野「事故物件にでっち上げましょう!」

2人でこれは名案だと盛り上がっている中、そもそも二股をかける男性がひどいということで、唯一女性の佐藤は最後まで「最低だ~!」と語っていました。

女性が引っ越すのと、両方の女性にバレるのと、どちらが先なのでしょうか……。
(岡本)

北野誠のズバリ
2018年09月18日14時25分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20469'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20469'); ga('send', 'pageview'); ]]>
society <![CDATA[ <img src="https://radichubu.jp/files/topics/20474_ext_01_0.jpeg" / alt="20474_ext_01_0.jpeg"> <p>9/18放送の『多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N 』、旬の食材を紹介する「旬食」のコーナー。 名古屋市中央卸売市場・中部水産株式会社、「おさかなマイスター」としても活躍されている神谷友成さんに電話でお話を伺います。 秋を代表する魚"3S"(サンマ・サケ・サバ)の中から、今回はサンマについてのお話です。</p>        <h2>バカ安!生サンマ</h2> <p>まず話題はサンマの入荷状況について。</p> <p>「今朝は大量入荷がありまして。もう潤沢に出回ってまして」という神谷さんに、「そうかなと思うのですね」と切り出す多田しげお。</p> <p>多治見市で魚屋さんを営んでいるリスナーからのおたよりを読み上げます。</p> <p>「いつも名古屋の市場に魚を買い付けに行ってます。今朝は生サンマ、バカ安でした!」(Aさん)</p> <p>「あはは、多かったですね~」と神谷さん。</p> <p>元々、大不漁だった去年よりは漁獲量が見込めるだろうという予想をしていた今年。</p> <p>実際、蓋を開けてもまずまず良かったのですが、台風前にスパッと切れてしまったといいます。<br> それでも無理やり探して、小型のものをチラホラ漁獲する日々。</p> <p>その後台風による停電で出荷できなくなってしまい不安に思っていたところ、急にドカンと獲れたんだそう。</p> <p>今年のドカンはこれで3回目。<br> 大きいサイズが姿を消して、小ぶりのものが混ざるようになってきたそうです。</p> <p>それでもかなりの数があって、この日はずいぶんとお値打ちになっているとのこと。</p> <p>「今週いっぱいはこれでいけます!」と神谷さん。</p> <h2>エコな棒受け網漁法</h2> <p>この時期のサンマは「棒受け網漁法」で獲ります。</p> <p>棒受け網漁法とは、サンマの光に集まるという習性を生かした漁法のこと。<br> 闇夜で船の片側だけ、例えば右舷だけサーチライトの光を照らして、ひょろひょろっとついてくるサンマを集めます。</p> <p>集めている最中に、今度は逆の左舷側に棒を出して、棒の下に網を受ける格好で海の下にそーっと沈めます。</p> <p>そして右側のライトを消して、左側をどんどん点けていくと、右舷から左舷に光がグルーッと回る形になり、サンマが光と共に移動します。</p> <p>そこで網を絞って、海水ごとドボドボッと吸い上げるという漁法ということです。</p> <p>この漁法のメリットは、エサを使わないこと、魚を傷つけないこと、そしてなによりも光に集まらない習性がある産卵前のメスを獲ることがないというところにあるんだそう。</p> <p>「サンマの卵って見たことないですよね。そんなサンマは獲れないですもんね、すごくエコなんですよ」と神谷さん。</p> <p>「メスは逃がして、どこかで卵を産んで、また次の世代を作ってくださいねと」と納得の多田。</p> <h2>おすすめサンマご飯</h2> <p>ところが、そんないいことづくめに見える棒受け網漁にも、デメリットは存在します。</p> <p>それは電気代がすごくかかるために、燃料代のほとんどが発電に回ってしまうということ。<br> そこで最近では従来のハロゲンライトから、発電効率の高いLEDに代わっているんだそう。</p> <p>最後に、神谷さんおすすめの食べ方を紹介していただきます。</p> <p>「もちろんサンマご飯ですね!」と神谷さん。</p> <p>「3枚におろして、チャチャッとフライパンで焼いて、炊き込みご飯に入れる。そんなイメージですね」</p> <p>「労力はそんなにかからないんですけれども、食べる人の評価が高いですよ!」と聞いて、「それいいです!」「それ最高ですね」と絶賛する桐生順子と多田。</p> <p>「ショウガを忘れないように、ムッチャおいしいです!」と太鼓判を押す神谷さんでした。<br> (minto)</p> <p>多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N<br><a href="http://radiko.jp/share/?sid=CBC&t=20180918081745">2018年09月18日08時17分~抜粋(Radikoタイムフリー)</a></p> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20471 https://radichubu.jp/files/topics/20471_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20471 20471 Thu, 20 Sep 2018 06:03:00 +0900 Thu, 20 Sep 2018 06:00:59 +0900 (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20474'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20474'); ga('send', 'pageview'); ]]>

名古屋を拠点に活動するエンターテイメントグループ、"BOYS AND MEN"がお送りする『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』。 9月17日の放送では、水野勝、田中俊介、田村侑久の3人が出席しました。 これまでさまざまなグルメ企画が行われてきましたが、今回の企画は「あっためて食べてみよう!」。 普通なら電子レンジでチンして食べないような食材について、あえて温めて食べるとおいしいのかを試そうという実験企画です。

      

健康的な食品を温めると…

ボイメンの3人がこれから実際に食べてみて、温めた方が良かった場合は「あり」、そうでない場合は「なし」、そして「普通」の3段階でジャッジします。

ここで田中が、「楽しみだけど、ちょっと怖い……」と正直な感想を漏らしました。

まず最初に試す食材は「ギリシャヨーグルト」。

「香りはマイルド」という意見もありましたが、実際の出来について聞かれたスタッフの「自信ない」という言葉に不安を覚えます。新企画の1個目の食材、果たして大丈夫なのでしょうか。

ジャッジの結果は、
田村:なし
田中:普通
水野:普通
まずまずの評価です。

「甘くないからダメなんだと思う」という意見もある一方で、田村は「気持ち悪くなりそう。胃もたれしそう」とマイナス評価。

田中はそこまでは悪くないとしつつ、「温めてすげぇ!っていう感動はないから、"あり"ではなかった」と評しました。

砂糖を入れるなど、改良の余地はありそうという結果に終わりました。

生前提の食材を温めると…

2つ目の食材は「生ハム」。普通のハムは温めて食べることも多いため、大ハズレはなさそうです。

ここでスタッフが生ハムを重ねたままの状態で温めたからか、チンした後は硬くなった塊と化してしまいました。

ジャッジの結果は、
田村:あり
田中:なし
水野:普通
きれいに意見が分かれました。

田村は「味の濃いハム」と、予想通りの回答。

ただ、生ハムならではの食感がなくなり、普通のハムとも異なる食感となったため、田中は「生ハムを食べたい理由は食感を楽しみたいからであって、チンをかける必要がない!」と一蹴。

わざわざ温めるほどのものではないという結果に終わりました。

冷たい前提の食材を温めると…

3つ目はバニラアイスの「雪見だいふく」(ロッテ)。当然、中身は溶けてしまうのですが、外の餅との相性は良いのでしょうか。

温めた後にやってきたのは、不明な物体。「ビジュアルが説明できない」とのことで、サイトに写真を載せることになりました。

「クリームはスムージーのよう」、「香りは良い」、「湯葉みたい」と、さまざまな意見が飛び交う中、実食です。

ジャッジの結果は
田村:なし
田中:なし
水野:普通

3人ともテンションが低くなってしまいました。

田村は「雪見だいふく、普通に食いてえ!と思う。口に入れた途端にチーズ状態だから、すぐにでろでろって感じで」と食感の悪さを指摘。

水野は「アイスは温めた方がおいしい。軽くなって、エアリーな感じになって。デザートとしておいしい」と語りました。

田中は「中のバニラだけをカップに入れて、ホットミルクのように飲んだらおいしいかも」と提案。

評価は今のところ最低ですが、別物として改良する余地はありそうです。

ゼリー状のものを温めると…

最後に出てきたのは、ゼリー状の栄養食品。一気に飲むイメージがありますが、温めてもおいしいのでしょうか。

出てきた物を見て、3人とも絶叫!

さらに実食ではゼリー状でそのままのどへ流れ込むからか、「熱い!」とまた絶叫。

ジャッジの結果は
田村:あり
田中:あり
水野:あり

意外にもパーフェクトを取りました。

「体調を崩した時に、スープっぽいし、自分ではちみつとかアレンジを加えたら行けそう」と、病気の時にはむしろ温めた方が良いのではないかという意見が出ました。

最後には初の完食となり、大成功の形でまとまりました。
(岡本)

BOYS AND MEN 栄第七学園男組
2018年08月17日23時42分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
omoshiro <![CDATA[ <script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20451'); ga('send', 'pageview'); </script> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20469 https://radichubu.jp/files/topics/20469_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20469 20469 Thu, 20 Sep 2018 06:02:00 +0900 Thu, 20 Sep 2018 06:00:59 +0900 (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20451'); ga('send', 'pageview'); ]]>

9月17日放送の『SKE48 観覧車へようこそ‼︎』は、「るーちゃん」こと井上瑠夏、「まりん」こと坂本真凛、「いずりん」こと仲村和泉の、チームSの8期生トリオが出演しました。 この日はリスナーから出演メンバーへ夏の思い出についての質問があったのですが、その回答法に対して頭をフル回転させる3人です。

      

複雑な女心

まずはリスナーからのおたよりを紹介。

「秋の香りがする今日この頃ですが、みなさんに五七五で、夏の思い出を俳句で披露してほしいです」(Aさん)

「五七五」という縛り付きの難問です。まずは仲村から。

「SHOWROOM 痩せた?太った? みんな言う」

生配信アプリを使い、毎日ファンの方との交流を深めていた仲村の一句です。

仲村「この夏、配信するたびに痩せた?とか太った?とかたくさん言われました。痩せた?なら嬉しいのですが、太った?だとちょっと悲しいので、これからは思っていなくても痩せた?でお願いします!」

日焼け止め

続いて坂本の一句。

「いつもより 焼けた?と聞かれ ショッキング」

坂本「お母さんにもファンの方にも、焼けた?って聞かれることが多くて。でも、ちょっとくらい焼けていた方が痩せて見えることもあるから結果的にはいいかな」

ちなみに坂本は普段日焼け止めを塗らない派だそうですよ。

海でバーベキュー!

ラストは井上。

「海に行き みんなでワイワイ 楽しんだ」

本日の出演メンバーも所属するチームSのみんなで計画を立て、買い出しに行き海でバーベキューをして過ごしたという思い出の一句です。

井上「海に入ったのがすごく楽しかったよね!」

仲村「真凛もるーちゃんもびしょ濡れになるまで遊んでたよね。海に入らないメンバーは、杉山愛佳さんという凶暴な先輩に、びしょ濡れにされてて楽しかったね(笑)」

各々の楽しい夏の思い出が披露されました。
ちなみにAさんのリクエストは「俳句」ですが、「季語」のない句が混ざってしまったのはご愛嬌。

秋の夜長

「もう秋ですね。秋の夜長と言いますが、みなさんは夜に寝られない時はどうしていますか?」(Bさん)

クーラーも必要なくなり涼しくて過ごしやすい気候ですが、どうしても眠れない日ってありますよね…。

坂本「私は携帯でラジオを聴いてることが多いかも。人の声を聞いていると眠くなるからおススメ」

仲村「私は小説を読んでるかな。小説といってもそんなに真面目なものじゃなくて、恋愛系とか青春系だったりとか読みやすいものが多いかな」

この仲村の回答に井上が質問します。

井上「いずりんさ、よく怖い話を読んでない?」
仲村「え?読んだことないよ!」
坂本「待って!これが怖い話なんだけど(笑)」

井上が見ていた、怖い話を読んでいた人は誰だったのでしょうか…。

井上「私は眠れない時、ホットアイマスクをしています!めっちゃいいですよ!そうしたらぽわ~んってあったかくなって、いつのまにか寝ていますよ♪」

坂本「赤ちゃんみたい(笑)」

仲村「アイマスクやったことないや!やってみる」

恥ずかしい出来事

「生きていると、恥ずかしい出来事ってありますよね。みなさんが特に恥ずかしかったことってありますか?ちなみに僕は、初恋の女の子にクラスの全員の前でフラれたことです…」(Cさん)

今でもこのエピソードを鮮明に覚えているというリスナーからのおたよりです。

坂本「私は、小学生くらいの時に絵の具の筆を洗っていた時のことなんだけど。ベランダでブンブン振り回してたら飛んでいっちゃって。クラスの男子に見られてて、恥ずかしかったな」

ちなみに飛んでいった坂本の筆は誰も拾ってくれず、スルーされたとのことです。

井上「私も学校のベランダでの出来事。黒板消しをパンパンってやって粉を落とそうとしていたら、下の階の人に粉が飛んでいっちゃったの!やっちまったな~って」

どちらかと言うと、恥ずかしかったのは頭に粉がかかってしまった下の階の人かもしれません。

仲村「私は年が明けたばかりの時期の雪の日のことです。その日は雪が止んでいて、地面が凍っていたんですよね」

そんな日に外に出なくてはいけなかった仲村は、警戒しつつ歩いていると近くを歩いていた人が転んでしまったそう。

仲村「その人を心配しつつも見ていたんですが、その10秒後くらいに自分がこけて!近くの人に『あららら~』って言われて、すごく恥ずかしくて」

何事もなかったかのように立ち上がり、その場を去ったそう。

そういう時って、最初は恥ずかしさが勝つものの、後々転んだ痛さがくるんですよね…。

人生でも忘れられない出来事を送ってくれたリスナーに比べ、なんだか可愛いエピソードを披露してくれた3人でした。
(ゆうつん)

♪9/17 セットリスト

M1「いきなりパンチライン」(SKE48 23th single.)

SKE48 観覧車へようこそ!!
2018年09月17日20時30分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20447'); ga('send', 'pageview'); ]]>
gourmet <![CDATA[ <script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20447'); ga('send', 'pageview'); </script> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20474 https://radichubu.jp/files/topics/20474_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20474 20474 Thu, 20 Sep 2018 06:00:00 +0900 Thu, 20 Sep 2018 06:00:59 +0900

14時からのデーゲーム中継(中日VS巨人)のため、1時間の短縮放送となった9/17放送の『北野誠のズバリ』。 『中日新聞』の記事から「名古屋人にとってのたこ焼きは醤油味」という話題を取り上げました。 甘口ソースに鰹節と青のりがたっぷりかかった、たこ焼き。 言わずと知れた大阪名物ですが、名古屋では醤油味のたこ焼きを提供する店舗がいくつもあります。 この名古屋風たこ焼きは、生地そのものにも醤油をたらすなど、大阪のたこ焼きとは一線を画すたこ焼きです。

      

名古屋のたこ焼きは黒い!

名古屋でたこ焼きを食べたことが全くなかったという北野誠。

「こういうたこ焼きがあるということを今回ニュースで初めて知りました」という北野の言葉に、松岡亜矢子は「えっ!?」と驚きを隠せません。

北野によると、大阪ではたこ焼きはマクドナルドと同じ類のおやつ。

大人になった今ではそんなに食べる機会はないそうです。

松岡「大阪の人ってメチャクチャたこ焼き食べるんじゃないんですか?」
北野「もう飽きてきたしね」

今でもガンガン食べるという松岡には、北野の発言が信じられない様子。

名古屋の醤油味たこ焼きをネットで確認したところ、「黒っ!黒いたこ焼きやな。たこ焼き黒いやーん」と、その見た目に衝撃を受けたという北野。

それもそのはず、大阪のたこ焼きは基本的に小麦にダシが入ったふんわり黄色なので、そのギャップに驚いてしまったよう。

キャベツ入りを拒絶

「中の具はタコ・ネギ・紅ショウガ・天かす」と説明する北野に、「キャベツは入れないんですか?」と疑問をぶつける松岡。

北野「なんやねん!なんで広島風にしたがるの?そこまで」
松岡「えっ、えっ、えっー待って待って!たこ焼きってキャベツの…」

北野「入ってるわけない!大阪にキャベツ入ってるたこ焼きはございません!」
松岡「入ってないんですか?」

たこ焼きをめぐる、大阪VS名古屋の戦いが続きます。

「お好み焼きでしょう。たこ焼きじゃないです、それは」と、断固拒否の北野。

人の食生活に文句はない、大阪でも醤油風のたこ焼きはあると言いながらも、「でも1つだけ不思議なのが、君たちはキャベツ醤油かけて食べてんの?いつも。ほっほー、ほっほー。不思議な感じやな。キャベツってソースじゃないの?」と、醤油派の松岡を激しく責め立てます。

「大阪人は意外とソース好きやねん」と北野。

「京都人が薄口がなんやかんや言うてるけど、大阪はソースとポン酢大好きやねん」

北野の大阪の自宅には、ウスターソース・お好み焼きソース・焼きそばソース、中濃ソースの4本が常備されていて、お好み焼きを食べる時にはこの4本を自分なりにブレンドしていたとのこと。

それよりも山芋

とにかく、名古屋のたこ焼きは醤油味がメインだという事実に驚いたという北野に、大阪のたこ焼きにはキャベツが入っていないという方がビックリという松岡。

「まあでもね、たこ焼きは何入れてもええと思うんですよ」

かなり譲歩し始めた北野。

「大阪ではちっちゃい干しエビも結構入れますからね、お好み焼きにも干しエビ混ぜたりもするし」

中の具材よりも、お好み焼きにおいて関西人が重要視していることがあるといいます。

それは、「これ、山芋入ってんのか?」(エコー)

関西人はとにかく、山芋の有無の方が気になるとのこと。

「山芋入れてないヤツの気が知れんわ!」(エコー)

広島風お好み焼きに対抗する時に、関西人が必ず言う文句なんだそう。

「ちょっと食べたなりますやろ、みなさん」と、いたずらっぽく語る北野でした。
(minto)

北野誠のズバリ
2018年09月17日13時17分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20453'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20453'); ga('send', 'pageview'); ]]>
entertainment <![CDATA[諏訪湖で行われた日本初のスケート大会]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20451 https://radichubu.jp/files/topics/20451_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20451 20451 Wed, 19 Sep 2018 06:05:00 +0900 Wed, 19 Sep 2018 06:00:59 +0900

長野県の諏訪湖は日本のスケート競技大会発祥の地です。 日本で初めてのスケート大会が行われたのは1906年(明治39年)のこと。 出場者、観客全部合わせて1万人という大規模な大会だったそうです。 9月17日の『多田しげおの気分爽快‼︎』では、この大会について下諏訪町宿場街道資料館の専門研究員・小口徹さんに伺いました。

      

当時の日本のスケート事情

日本初のスケート大会が諏訪湖で行われたのが1906年。まだ日本ではアイススケートが普及していない頃です。
そもそもなぜ、諏訪湖が選ばれたのでしょうか?

「もともとはヨーロッパの方でスケートが流行っていたようで、大使とか行使で来日したヨーロッパの方や、あるいは留学していた方が向こうでその面白さを学んで、こっちへ来てもやりたいということで、東京に一番近くて良い氷が張る諏訪湖が選ばれたようです」

スケート自体、まだまだ普及してない頃です。スケート靴はどうしていたのでしょうか?

「当時、スケート靴は外国から輸入したり、日本で似たようなものを作ったようなんですけれども、値段が平均で当時30円。今の金額で言うとだいたい30万円ぐらいしたそうです」

「うわ、高っ!」

小口さんの説明に思わず素に戻る多田しげお。
国産の安いものでも今の金額で大体4万円ちょっとぐらいだったそうです。
気軽にスケートができる値段ではありません。一般の人はどうやってスケートをしたのでしょうか?

スケート靴を自作

「下駄の歯を切り取ってそこにスケートのブレードを付けたんです。いわゆる鉄板をつけたようなものですね。当時、厚さが6ミリぐらいあったものを叩き出して作ったようなんです」

小口さんの説明に「それでも6ミリのものを作れたんですね」と感心する多田。

小口さん「厚くてですね、フィギュアですから先端と後ろの方がぴょんと丸く上がっていたやつで」
多田「そこまで正確にブレードを作れたんですね。日本人すごいなあ」

下駄に取り付けてしまうというのは凄い発想ですが、その前に流行っていたのが「下駄スケート」とも言われた鎹(かすがい)付きの下駄だったそうです。

下駄ならではの利点

「鎹っていうのはホッチキスの針のお化けみたいなもんで、それを下駄の下に縦に打ち込んだものです。ただエッジがなかったのでスピードは出ませんでした。当時は図形を描いたり、ターンをしたり、それだけのフィギュアスケートだったんです」

鎹付き下駄が進化して、ブレード付きの下駄になりました。鼻緒付きのスケート靴とも言えそうです。
「これには良いところもありまして、サイズフリーであること」と小口さんの言葉に、思わず笑う多田でした。

一台を兄弟みんなで使うとか、学校では40台ぐらいを購入して、こどもたちが使いまわしていたということもあったそうです。
「なるほどね。サイズフリー」と多田は感心しきりです。

スケート大会=運動会?

日本初のスケート大会では、どんな競技種目が行われたんでしょうか?

「それが面白いんですけれども、別名、氷上運動会とも言いまして、当時のプログラムを見ますと、例えば『変装競争』とか…」

「ちょっと待って!今でいうコスプレですか?」と思わず話を止める多田。

その他には「5人連鎖競争」というスケートのムカデ競争。さらには、みかん食い競争、スプーンレースなど、まさに氷の上でする運動会の様相です。

「スケートが庶民にも使えるようになったということで、みんなでスケートに親しもうというコンセプトだったようですね」と話す小口さん。

戦車も乗った諏訪湖の氷

「参加者、観客が1万人が集まったんですよね。諏訪湖はもちろん完全結氷ですけども、とは言え、1万人が乗っても大丈夫なんですね?」と半信半疑の多田。

「一般的に氷の厚さは当時30センチくらいあったようですが、この年は結構、寒い年だったようです。あと戦車が乗ったという話もありますので丈夫だったと思います」

小口さんが言うように戦車が乗れるなら、1万人ぐらいは余裕だったのでしょう。

しかし現在の諏訪湖は完全結氷しないシーズンもあり、だんだんと氷の厚さも薄くなってきてるようです。

「厚さ10センチ以上になると御神渡りができるんですけども、今年の冬に出来ましたが、それ、4年ぶりだったんですよね」

御神渡りとは諏訪湖が全面結氷した時に出来る氷の亀裂です。諏訪大社の神様が上社から下社へ渡った跡とされています。
これにも温暖化の影響が表れているのでしょうか。

運動会からスピード競技へ

「氷上運動会もタイプが変わりまして、明治41年(1908年)に諏訪湖一周スケート大会というのが行われました。約15キロを速い人で40分45秒という記録があります」コスプレやみかん食い競争から、だんだん今のスケート競技種目に近づいてきました。

「そのあたりからスケート大会の性質が変わりまして、後はもう、ずーっとスピードに偏ってくることになります」と言う小口徹さんでした。

現在、長野県は北海度と共にスピードスケートが盛んな地域。平昌で大活躍した小平奈緒選手は諏訪湖のある諏訪市のとなり、茅野市の出身です。今年の冬は御神渡りが見られるかも気になるところです。
(尾関)

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
2018年09月17日07時38分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20452'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20452'); ga('send', 'pageview'); ]]>
entertainment <![CDATA[ シンガーソングライターのイルカさんが、9月16日放送の『小堀勝啓の新栄トークジャンボリー』に電話で出演しました。 オリジナルアルバムを最新リマスターで蘇らせる、イルカ・アーカイブシリーズの第5弾を7月にリリースしたイルカさん。 79年と80年にリリースされたオリジナル盤は、イルカさんの人生の分岐点で発表されたものでした。 ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20447 https://radichubu.jp/files/topics/20447_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20447 20447 Wed, 19 Sep 2018 06:04:00 +0900 Wed, 19 Sep 2018 06:00:59 +0900

シンガーソングライターのイルカさんが、9月16日放送の『小堀勝啓の新栄トークジャンボリー』に電話で出演しました。 オリジナルアルバムを最新リマスターで蘇らせる、イルカ・アーカイブシリーズの第5弾を7月にリリースしたイルカさん。 79年と80年にリリースされたオリジナル盤は、イルカさんの人生の分岐点で発表されたものでした。

      

イルカ、引退?

イルカさんと小堀勝啓が話すのは、今年1月に開催された『青春のグラフィティ』以来のこと。

小堀「前回、直にお会いしたのはちょうど成人の日。「イルカさんがお孫さんのために来年の着物のデザインしてるという話がありました」

イルカ「手描きをやっと描き終えまして、今、お仕立てに出してて、ホッとしておりますよ。覚えていて下さり嬉しいです」

イルカさんのオリジナルアルバムを最新リマスターで蘇らせる、イルカ・アーカイブシリーズ第5弾が7月に発売されました。
リマスターされたのは1979年9月20日発売の『いつか冷たい雨が』と1980年3月1日発売の『明日の君へ』の2作品。

この2作品は、イルカさんが絵本を描くことをきっかけに2年間の冬眠に入り、その冬眠が明けて出されたものです。その間には長男の冬馬君を出産しています。

「考えてみればですよ、もう復活はできないだろうって多くの方に言われながらも思い切って休み、それと同時にうちの夫はイルカオフィスという事務所を作ったんです。そんな思い切ったこと、よくやったなあと思うんです」

当時、芸能人が長期休養をとることは、芸能活動の終わりを意味する時代でした。

「だから、みんなに『もう引退だね』って言われましたね」

夫の英断

「プロデューサーである夫は『イルカがこれから先、もっと大きくなって、ずっと長く歌ってくための二年間にしたい』って言ってくれたんだけど 。できるかな?って私は他人事みたいに思ってましたね。大丈夫?なんて言ってました」

ご主人は名プロデューサー神部和夫さん。イルカさんがソロになる前は二人はシュリークスというグループで活動していました。

イルカさんはソロになり1975年に出した「なごり雪」が大ヒット。以降、活動は俄然多忙になっていきました。

イルカ「だから、このまま忙しい忙しいでずっとやってたら、イルカが精神的にもね、性格的にもパンクしちゃうだろうなっていうこと感じてたんでしょうね」

小堀「そこから奇跡の復活とかカムバックっていう人がいるけど、あれからこっちの方が歴史は長いもんね。偉いもんですよ」

イルカ「偉くはなくて、みんな、皆さまのおかげでございます」と返すイルカさんでした。

冬眠の成果

「自分としては2年間の冬眠の間に、完璧に歌う側から聴く側になってたんですよ。でも、それが私にはとっても良かったみたいで。いろんな音楽をアマチュアの時と同じように楽しめるようになったって言うかな」

プロとして音楽活動をしていると、コンサートに行っても、どうしても分析するような聴き方になってしまうとか。しかし冬眠中は…。

「とにかく音楽は良いもんだなあって思えて、お腹中心(冬馬君妊娠中)の暮らししてましたからね」

不思議なめぐりあわせ

同名アルバムのラストを飾る曲「いつか冷たい雨が」は、もうひとつのイルカさんの原点です。

「これ、シュリークスの時に自然発生的に生まれた歌で、今でも歌ってます。動物だとか地球だとか未来だとか、そういうものについてみんなに聴いてもらおうと思った大きなきっかけになった歌ですね」

そこから、2004年に国際自然保護連盟の親善大使に至るまで、道筋は繋がっていたようにも見えます。

イルカ「ちっちゃい頃は、野生生物の仕事をしたいとか獣医さんになりたいとか思ってたので、違うところに立って歌ってるなって思ってたんです。
だけど、こういう歌を歌ってたから、いま学者さんと一緒に野生生物の仕事をさせて頂いてるんです。気がついたらそうなんですよ」

小堀「だって、ミュージシャン名が"イルカ"ですから。なるべくしてなってるようなもんですよ」

イルカ「これも不思議な巡り合わせよね。クフフ」

独特な死生観

8月15日に亡くなった漫画家のさくらももこさんとイルカさん。声質も似ていますが、それをネタにさくらさんのラジオ番組に出演するなど大変親しい間柄でした。

アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)第2期のエンディングテーマ「針切りじいさんのロケン・ロール」には、これまた声の似た声優のTARAKOさんとコーラスで参加しています。

「ももこさんは素晴らしい作品と、なんと言っても、私たちに素晴らしい世界観というものを残してくださったんです。それはもう本当に大きなことでね。まさか、こんな早く亡くなると思ってなかったから、もっともっと、ももこさんには直接感謝するべきだったって、みんなが思ってますね」

「人間、年齢とか長さではなんです」と言うイルカさん、生きているうちの身体は神様からの借りものだと感じているそうです。

イルカ「いつも、おばあちゃんに、物を借りたら人に返す時はもっと綺麗にして返しなさいって、よく言われたから、ますます奇麗にしてお返ししなきゃと思ってるんです」

小堀「大丈夫です。もう何十年も『去年よりずっときれいになった』って言ってんだから」

アーカイブ・シリーズは終活?

現在、第5弾まで発売されているイルカ・アーカイブ・シリーズ。毎回ライナーノーツは自分自身で書くそうです。

「昔の歌のノートとかひっくり返して、これ、こんな時に書いたんだとか、いろんなことを自分でも思い出すんですね。その時のことがパッと走馬灯のように蘇ってきて。アーカイブ・シリーズ出すのは、なんか自分の終活の一環のような感じです」

第5弾として『いつか冷たい雨が』と同時にリリースされたのが『あしたの君へ』。こちらは渋谷公会堂で行われたライブ盤です。イルカさんは1978年12月14日に冬馬君を出産し、翌1979年6月頃からコンサートに復帰します。

「その12月で、しかも自分の誕生日(12月3日)の前日なので、なんかとても感慨深いものがありましたね。メンバーも凄いんですよ。錚々たるメンバーで、よくこんな凄い人たちとずっと一緒にツアーやってたなって思います」とイルカさん。

当時のメンバーはギタリストの石川鷹彦さん、様々な楽器をこなす名ミュージシャン今は亡き木田高介さん、ヴァイオリニストの中西俊博さんなど。

「僕らにとっては、青春の日々にギターの教則本で見た、教科書の中の先生みたいな人たちですから」と小堀。

「音も、いま聴いてもやっぱり凄いなって思う。でも、みんな若いからテンポがずいぶん速いですよ。今もやってる曲だと、あれ?ずいぶんテンポ速いなって。お客さんの『イルカ~』って言う声も、みんな高くて可愛い。みんな10代だもんね」

また背中を押してもらった

『いつか冷たい雨が』の1曲目「ママのダイアリー」は歌手の石野真子さんから依頼されて作った曲だそうです。しかし当時、詞がちょっと幼いということで没になり、結局、イルカさん自身が歌ったということですが、石野さんはその後も気にしていたようです。

「今回復刻盤で出たんで、真子ちゃんに送ったの。そしたら、『ありがとうイルカさん、ライブで最近歌ってるんですよ』って真子ちゃんからハガキもらって、また大きな背中を押してもらいました。送ってよかったなと思った」

「今度は電話ではなく、直に逢いましょう」と言う小堀勝啓に、「お互いの健康チェックしながらね」と言うイルカさんでした。 
(尾関)

小堀勝啓の新栄トークジャンボリー
2018年09月16日08時22分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20442'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20442'); ga('send', 'pageview'); ]]>
gourmet <![CDATA[ <img src="https://radichubu.jp/files/topics/20435_ext_01_0.jpg" / alt="20435_ext_01_0.jpg"> <p>SKE48を卒業した大矢真那がパーソナリティを務める『大矢真那のホームタウン』。 9月15日の放送では、大矢真那が無事に千秋楽を迎えた舞台の裏話などを語ります。</p>        <h2>舞台が終了!</h2> <p>「8月に舞台を観に行きました!今回は台詞も多くて、役者として活躍する姿が見られて最高でした!無理に原作の役に似せようとせず、自然に演じていたのが良かったと思います。また観に行きたいです」(Aさん)</p> <p>ヒロインを演じた『Infini-T Force(インフィニティフォース)』という作品は、アニメ制作会社「タツノコプロ」の人気ヒーローが集結するアニメ『Infini-T Force』の舞台版。<br> 大矢が初めてヘアカラーで黒髪となったことも話題となりましたが。何より人気のアニメを舞台化したとあって、期待の高い舞台でした。</p> <p>「人気の作品のヒロインという役を頂いたということで、プレッシャーもすごかったです。稽古に向かおうにも足が重くて。<br> でも周りの方が優しくて、いろいろな場面で助けてくださって。たくさんの方にフォローされて、無事演じることが出来た作品でした」</p> <p>周りの人から吸収するものも多かったようです。</p> <h2>お芝居への思い</h2> <p>「舞台お疲れ様でした。漫画やアニメを舞台化した、いわゆる2.5次元と呼ばれる舞台をはじめて観劇しました。アクロバットステージということで、ステージ上でのスピード感には感動しました。芝居に対する思いや今後の考えがあれば聞かせてください」(Bさん)</p> <p>スーツアクターを使った迫力のあるヒーローショーを繰り広げる舞台は、観に来たこどもにも大好評だったそう。</p> <p>「今回いろいろな方のお芝居を観て、1つの役に対してこんなに熱い気持ちを持って演じているんだと思うと感動しましたね。<br> もう一度2.5次元をやりたいと思いましたね。キャラを追求して、どう変化していくかなどをもっと考えてみたいです」</p> <p>原作のファンも多く、演じることに多くの悩みを抱えたという2.5次元の舞台に、もう一度挑戦したいという気持ちを持つことが出来たという大矢です。</p> <h2>わすれさ</h2> <p>ここからはリスナーからのお便りを紹介。</p> <p>今夜は「失敗しました!」をテーマにたくさんのおっちょこちょいな話を聞いていきます。</p> <p>「私は忘れ物をしてしまうことが多いです。電車の中で握手券を入れたカバンを置いてきてしまったり、旅先のホテルにお財布を忘れてしまったり。最近は大切なものはカバンには入れずにウエストポーチなどに入れるようにしています」(Cさん)</p> <p>電車の中に忘れ物をすると指定された駅に引き取りに行ったり、確認に時間がかかったりと面倒なんですよね…。</p> <p>「街で酔っ払っている人のポケットからお財布が飛び出していたりとか、よく見ますよね。でもこの人は酔っ払っているわけではないからなおさら心配。気をつけてくださいね」</p> <p>「でも私も、食べ物をホテルの冷蔵庫に入れたまま忘れてしまったりはあるかも。この間、コンビニでお気に入りのデザートをまとめ買いしたんです。毎日食べ続けていたら、いつのまにか賞味期限が切れていて」</p> <p>気づいた時には1週間ほど賞味期限が過ぎていたそうですが、お腹を壊さなくて本当に良かった!</p> <h2>大矢真那ブラックリスト</h2> <p>「この間、欲しいものをネットで見つけたのですが、最安値のサイトを探して、怪しかったのですがそこで購入しました。でも、届いてみたら違うものだったんです。返品不可だったので新しく買い直しました」(Dさん)</p> <p>便利なネットショッピングですが、失敗もしやすいですよね。</p> <p>「私はネットショッピングはあまりしないんですよ。洋服も靴も試着してから買いますね。安くても実物を手に取ってから買うのがいいですね」</p> <p>そんな大矢も最近、思わぬ失敗をしたようで…。</p> <p>「最近ネイルに行ったんです。普段行かないところに行ったのが失敗でしたね。色味や形も伝えた通りにならないし、すぐに全部剥がれちゃって。二度と行かないと思いましたね。『大矢真那ブラックリスト』に入れました」</p> <p>女性のテンションを左右するネイルを失敗されたあげく、高いお金を払ったにも関わらずすぐ剥がれてしまうという最悪な体験をしてしまったとのこと。</p> <p>「でも、失敗は成功のもとですからね。皆さんも一緒に、同じ失敗を繰り返さないよう気をつけていきましょうね!」</p> <p>やっぱりどこまでもポジティブな大矢でした。<br> (ゆうつん)</p> <h2>♪9/15 セットリスト</h2> <p>M1 チクタク - edda<br> M2 もう恋なんてしない - 藤田麻衣子</p> <p>大矢真那のホームタウン<br><a href="http://radiko.jp/share/?sid=CBC&t=20180915190000">2018年09月15日19時00分~抜粋(Radikoタイムフリー)</a></p> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20453 https://radichubu.jp/files/topics/20453_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20453 20453 Wed, 19 Sep 2018 06:02:00 +0900 Wed, 19 Sep 2018 06:00:59 +0900 (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20435'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20435'); ga('send', 'pageview'); ]]>

9月8日から13日までの中日ドラゴンズは5試合を戦い4勝1敗、通算では131試合59勝70敗2分けで借金11、残り12試合でセリーグ5位です。 このうち13日の木曜日は、自身の誕生日に登板した松坂大輔投手が勝ち星を挙げました。 しかし、15日の『若狭敬一のスポ音』で若狭敬一アナウンサーによれば、当日の松坂投手の体調はいまひとつだったようです。 勝因はどこにあったのでしょうか?

      

練習は不安だったけど

9月13日木曜日、甲子園球場で行われた阪神-中日21回戦は6対2で中日が勝ちました。
1回表2アウト三塁でビシエドのツーベースで先制。3回表、ノーアウト一塁で京田、タイムリーヒットで追加点。

38歳の誕生日に甲子園で6勝目を挙げた​​​​​​​先発の松坂投手、試合後には「このところストレートがあまり良くなかったんですけど、甲子園が力をくれたのかな」と語っています。

「松坂投手6勝目さすがです」(Aさん)
「松坂投手は甲子園が似合いますね」(Bさん)
「松坂投手が誕生日に勝ち星。すごいですね」(Cさん)
「松坂投手の登板、痺れました」(Dさん)

しかし「私はめちゃくちゃ心配していたんです」と切り出す若狭アナ。

若狭アナは阪神との3連戦を取材し、松坂投手の試合前練習も見ていました。ブルペンキャッチャーとのキャッチボールは距離が短く、身体が重そうで、終了後はうつむいてダグアウトに下がって行ったそうです。

「前日、これまた動きが微妙だった。大丈夫かな松坂投手って思っていたんですけれども、本人が話していたように『甲子園が力をくれたのかな』?不安を一掃してくれましたよね」

異例の前日囲み取材

松坂投手は登板前日、マスコミに喋ることは一切ありません。シーズン前から松坂投手への取材について「前日は勘弁してください」との申し入れがあり、マスコミも話を聞いてきませんでした。

ところが、登板前日である9月12日、松坂投手は囲み取材を受けました。

この時は、巨人・杉内投手の引退報道があった直後でした。杉内投手へのメッセージという条件付きで取材に応えたのです。

「珍しいですね。私も囲んだんですが、こんなこと、たぶん初めてだと思うんです。『ピッチングのことについては聞かないでください』と広報からお達しがありました」

メッセージの内容は、すでに報道されているように「杉内俊哉という投手がいたから自分も頑張ってこられた。美しいフォーム、野球に対する考え方も素晴らしい。最高のライバルであり本当に刺激しあえた戦友です」というものでした。

ハートで投げた?

登板当日、若狭アナが実際に見たところ、身体のコンディションは良くなかったようですが、5回を投げきって1失点に抑え6勝目を挙げました。

「やっぱり甲子園が力をくれた。そしてヒーローインタビューでも話しておりましたが、杉内、後藤そして村田。彼らへの、まだまだ僕はやるよという決意表明の日にしたいという思い。彼の戦友たちへの思いがあのピッチングをさせたんじゃないでしょうか」

ピッチング中の松坂投手は途中、自分でお尻を叩いたりと、体調は決して万全ではないようにも見えたという若狭アナ。

「心技体と言いますけれども、あの試合に関しては、彼のそのハートがいい結果に導いたんじゃないかなと思いますね」

アスリートが力を出す時

「アスリートは誰かのために戦うと思った時に、ものすごい力を発揮するんだと、一年ほど前に大塚晶文コーチが教えてくれたんですよ」

ここで言う「誰か」とは誰でもいいんだそうです。チームメイトでも親でも子供でも、付き合ってる彼女のためでもいいそうです。

誰かのために戦う、そのスイッチが入った時というのはものすごい力を発揮するそうです。ただ、そういう想いになれる瞬間、試合はそうそうないそうです。

「松坂投手のあの9月13日の試合に関して言うと、やっぱりユニフォームを脱いでいく仲間たちへの思いが強かったんじゃないかなと感じましたね」

あの感動の真実

松坂投手が勝ち星を挙げた前日の12日、プロ初登板した山本拓実投手に関するおたよりも寄せられました。プロ初奪三振の好投を讃える声に混じって、こんなメッセージも。

「NHKのBSを見ていました。山本拓実投手の母親らしき人を映していて、目が真っ赤で涙を流していました。もしお母さんなら感無量だったでしょう」(Eさん)

「私、山本拓実投手のご両親に会っております。CBCテレビ『サンデードラゴンズ』にも来ていただきましたし、入団会見でもお母さん会っております」

この日、若狭は甲子園のインタビュールームでモニターを見ながらその番組を見ていたそうです。
山本拓実投手のタオルを持って、目を真っ赤にしてボロボロ泣いていた女性が何度も映し出されていました。

「ハッキリ言います。お母さんではありません!」と言い切る若狭敬一アナでした。では、誰?
(尾関)

若狭敬一のスポ音
2018年09月15日12時31分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
sports <![CDATA[ <script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20436'); ga('send', 'pageview'); </script> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20452 https://radichubu.jp/files/topics/20452_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20452 20452 Wed, 19 Sep 2018 06:00:00 +0900 Wed, 19 Sep 2018 06:00:59 +0900 (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20436'); ga('send', 'pageview'); ]]>

中小企業を中心に人手不足が大きな社会問題になりつつあります。 この8月に人手不足が原因で倒産したのは45件で、昨年同月と比べて倍以上。 これは2013年1月に東京商工リサーチが調査を開始してから最多の数字だそうです。 そんな中、ユニークな福利厚生制度を続々と導入することで、社員のモチベーションを上げ、求人にも良い効果が出ている会社が三重県にありました。 9月15日放送『北野誠のズバリサタデー』では、「福利厚生で会社を元気にする方法」という話題で、三重県四日市市にある株式会社四日市事務機センターの代表取締役、佐野智成さんにお話を伺いました。

      

失恋したら翌日はお休み!?

株式会社四日市事務機センターは創立45年、グループで36名の会社です。

ユニークな福利厚生制度に「失恋をしたら1日お休み」「家族の誕生日はノー残業デー」などいったものがありますが、その制度は「社員の家族向けのもの」「健康」「チームワーク向上」の3つの目的があり、すでに約40個の制度があるそうです。

まず目を引くのが「失恋休暇」。通常は前日までに休暇の申請をしなければならないところですが、失恋した場合は上司にLINEやメッセージで「フラれたので今日は休みます」と連絡すれば良いのだそう。

ただ、本当に失恋したかどうかの証拠として、普段から誰と付き合っているのかを知られていなければならず、年2回の面談の中で交際の報告を受けるそうですが、まだ実際にこの休暇を使った人は誰もいないそうです。

また、妻のバースデー制度では、夫が妻をねぎらうための費用として12,600円(「いいチームプロジェクト」の語呂合わせ)が支給されたり、妻の健康診断費用も会社が負担するなど、家族向けの制度も充実しています。

健康関連では他にも「脱ピロリ菌計画」という制度がありますが、これは経済産業省から2018年に健康経営優良法人(中小規模法人部門)に認定されたことで、「脱インフル計画」に続いて実施しようと思ったそうです。

胃がんの原因と言われるピロリ菌は5歳までに感染するので、そのリスクを回避するため、社員とその家族のピロリ菌検査は会社が負担しようと、去年11月に病院と調整して制度ができました。

導入のきっかけは?

ここで北野が気になったのが、「ありがたいと思う一方で、プライベートに関わり過ぎじゃないか」という点。

佐野さんは、「申請制度なので全員が受けるわけではなくて、自分の方からやりたいという人だけなんですよね。ただ、誕生日のお祝いをした写真などを掲示するため、嫌な人は受けないかもしれませんですね」と答えました。

さまざまな制度を導入していますが、そのきっかけは何でしょうか。

佐野さんは、「元々父が創業者だったんですが、結構(考えなどが)固かった。机は四角くなければいけないというような。でも今は丸でも机自体がなくても良いという、柔軟に対応できるようになって。
中小企業の強みは小回りがきく柔軟性で、だったら、みんなの記憶に残るような面白い名前に変えていった方が良いんじゃないかということで、制度を作っていきました」と答えました。

会社にとっての効果は?

ただ、実施には制度を作る難しさもさることながら、やはりネックになるのはコスト。かつて日本でリストラの嵐が吹き荒れた時は、真っ先に福利厚生がカットされていきました。

これについて佐野さんは、「それほどでもないんですよね。確かに以前よりも費用はアップしましたけど、四日市市や三重県などの制度を有効活用することで、ある程度抑えることができたり、病院などにもご協力いただいております」と答えました。

ユニークな制度が導入されたのは、佐野さんが会社を引き継いだ8年前から始まり、最初は「禁煙制度」から開始して、現在は40制度まで広がりました。

実際に効果があるのか尋ねたところ、佐野さんは「特に男性陣に効果があって、修理のサポートはチームワークが必要なので、効果が出たと思いますね。売上もかなり伸びて、寄与してます」と答えました。

新卒採用にも効果があるのかについては、2019年度採用分から始めたため、前年との比較はできないそうですが、新聞などにこのユニークな制度が取り上げられたことによって話題となったからか、30名を超える方と面接をしたそうで、効果は感じているそうです。

働き方改革が進む中、今後は会社選びに「働きやすさ」が重要となりそうですが、その1つのものさしとして、「福利厚生の充実」が再び脚光を浴びそうです。
(岡本)

北野誠のズバリ
2018年09月15日09時43分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20438'); ga('send', 'pageview'); ]]>
entertainment <![CDATA[ <script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20438'); ga('send', 'pageview'); </script> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20442 https://radichubu.jp/files/topics/20442_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20442 20442 Tue, 18 Sep 2018 06:03:00 +0900 Tue, 18 Sep 2018 06:00:59 +0900

世界的に見て、圧倒的に睡眠時間が短い日本人。 せめて質の良い睡眠をとってぐっすり眠りたいところですが、「睡眠時間は90分の倍数が良い」「22時~2時の間のシンデレラタイムに寝る」、「翌朝が早起きの時は早く寝る」「靴下を履いて寝る」「羊を数えて寝る」など、巷で噂されている睡眠についての話には、俗説が多いといいます。 9/14放送の「北野誠のズバリ」では、『東洋経済ONLINE』の記事から、このような「睡眠の間違った俗説」について取り上げました。

      

羊を数えてはいけない

「はぁ」と大きなため息をつく北野誠。

「羊関係ないねんなぁ…」

どうやら眠れない夜は羊を数えるタイプの人間であったよう。

もともとこれは、「sleep」と「sheep」の綴りが似ていることから、英語圏で始まった話。

「sheep,sheep,sheep…」と繰り返すうちに、脳を睡眠モードに切り替える効果があるというもので、これを日本語に訳して「羊が1匹、羊が2匹…」と数えたところで、意味があるはずがないのです。

ノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルの関係から「睡眠時間は90分の倍数が良い」という俗説についても、「これごっつい意識してた」という北野と片山淳子。

実は、睡眠の周期は人それぞれ。

70分の人もいれば110分の人もいるため、一概に90分の倍数が良いとは言えないんだそう。

シンデレラタイムのウソ

そして耳にするにすることの多い「22時~2時までのシンデレラタイム」について。

シンデレラタイムは成長ホルモンが盛んに分泌されることで、肌の新陳代謝が促進されて美肌効果が得られる時間帯で、この時間に寝ておくことが大切だと、様々な媒体で盛んにいわれてきました。

しかし、これも日本だけで広まった、全く科学的根拠のない都市伝説だというのです。

やはり「知らんかった~」と嘆く北野と片山。

この俗説が広がった理由は、「22時~2時の間に寝ている人が多いから」とのこと。

片山「なんやー寝られへんかったらすごい罪悪感やったー、今まで」
北野「俺もそうやねん、早く寝ないと肌荒れるとかいうからなぁ」

俗説に振り回されていたことを悔やんでいる様子。

睡眠禁止ゾーンでは眠れない

「いつも眠りにつく時刻の、直前から2時間前あたりまでが最も眠りにくい」という睡眠研究者の報告にあるように、眠気は入眠時刻に向かって「徐々に増していく」わけではありません。

入眠直前の「脳が眠りを拒む時間帯」は「睡眠禁止ゾーン」と呼ばれていて、このゾーンは「日中の長時間覚醒を維持するために、蓄積する睡眠圧に対抗するようなシステム」だといわれています。

これが入眠直前に最高に強くなった後で急速に弱まり、脳が睡眠モードに入るようにできているというのです。

つまり、「翌朝が早起きの時は早く寝る」というのは、人間にとってかなり難しいことであるんだそう。

この記事に、「俺、前から思っててん!」と合点がいった様子の北野。

北野「普段の生活より早く起きてなんかやらなアカン時に、早く寝れる人立派やな思って」
片山「余計寝れないですよね」
北野「5時起きやから言うて、そないにはよ寝られへんで。眠たなるまで寝たらあかんねん!眠たなったら倒れるように寝てしまうねん!」

片山の同居の義母も「昨日は○時まで寝られんかったー」と罪悪感を感じている時があるそうですが、『お義母さん、眠たなったら勝手に寝るから、あんまり気にせんほうがええとちゃいますか?』それでいいってことですよね」と、義母をなぐさめる言葉を思いつく片山。

枕元にアインシュタインを

「靴下を履いて寝ると風邪を引きにくくなる」という俗説は、北野も人から聞いて実行していたものですが、「アカンねんて」と思わず苦笑い。

人間は深部体温が下がると眠くなるようにできているため、良い眠りのためには手足から熱を放散する必要があります。

靴下を履いて寝てしまうと足の表面から熱が逃げにくくなり、体の中の体温「深部体温」がスムーズに下降せず、眠りの質が悪くなってしまうというわけです。

「はよ言うてくれや。まちごうてたー、全てがまちごうてたー(涙)」

北野の嘆きが止まりません。

「眠る前にスマホみたりすんのはアカンらしいよ。これはホンマに寝れんらしいから。ずーっと太陽の光浴びてるみたいな感じになるから」と忠告する北野。

スマホやパソコンからの光が、人間の目を夜と認知させず、眠るモードにならないといいます。

というわけで北野が出した結論は、「寝るんやったら、難しい本を読んだほうがいいです」。

北野の学生時代、眠れない夜のお供であったのは「アインシュタインの本」。

「買いなおそうか。99の謎の3つぐらいで寝てたわ。4つ目以降、いったことがなかったわ」

恐るべしアインシュタインの本。
どんな俗説よりも睡眠効果絶大のようです。
(minto)

北野誠のズバリ
2018年09月14日13時23分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20434'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20434'); ga('send', 'pageview'); ]]>
entertainment <![CDATA[9月14日はバレンタイン絡みの記念日が2つもあった!]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20435 https://radichubu.jp/files/topics/20435_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20435 20435 Tue, 18 Sep 2018 06:02:00 +0900 Tue, 18 Sep 2018 06:00:59 +0900

『つボイノリオの聞けば聞くほど』「トーマスの箱コーナー」では冒頭、取りあげる話題にちなんだ曲が流れますが、9月14日放送でかかった曲は、国生さゆりさんの「バレンタイン・キッス」(1986年リリース)でした。 バレンタインは2月14日であり、ちょうど5ヶ月早いのですが、実はバレンタインに関係のある記念日が9月14日に制定されていることをご存知でしたでしょうか。

      

男性が女性の下着売り場で…

なんでも9月14日は、日本ボディファッション協会が1991年に制定した「メンズバレンタインデー」だそうで、男性から女性に下着をプレゼントして愛を告白する日とのことです。

「付き合ってもない男性から下着をプレゼントされて告白されたら、引かないですかね。だって、下心丸出しでの告白ですもんね。女性からするとドン引きしないのでしょうか」(Aさん)

これはある程度、相手が好意を持っているというもくろみがないと告白できなさそうで、場合によってはセクハラで通報されかねないですね。

ホワイトデーはバレンタインデーに対するお返しであって、確かに男性側から告白するための記念日というのはなかったのですが、チャレンジするにはハードルが高そうです。

さらに、小高アナは「付き合ってる彼氏からとか、夫からとかもらっても、結構微妙ですよ。『これが欲しかったの!』って言われるのを選ぶのはピンポイントですよ。難しい」と語り、そもそも商品を選ぶことが難しいのではないかと指摘していました。

爪が白い女性をチェック

ここでもう1つ、9月14日が記念日だというおたよりが紹介されました。

「ホワイトデーから半年経った9月14日は、女性から別れを切り出す日、セプテンバー・バレンタインという日でもあるらしいです。白いマニキュアを塗って、緑色のインクで手紙を書くらしいです。今日、白いマニキュアを塗った女性を見かけたら、『誰かに別れを告げに行くんだな』と思われますので、そうでない人は気を付けてください」
(Bさん)

バレンタインデーから付き合いだして7ヶ月あたりで、恋愛の危機が訪れやすいということでしょうか。

発祥が外国っぽい感じがしますが、制定したのは野沢那智さんや愛川欽也さん、永六輔さんなどがパーソナリティーを務め、主に1970年代に放送された深夜のラジオ番組『パックインミュージック』(TBSラジオ)です。

番組発の記念日ということで、「つボイノリオ記念日みたいなもん?」と言う小高アナに対し、「もっと清らかでしょう」と返すつボイ。

いえいえ、一般社団法人・日本記念日協会によると、つボイノリオ記念日も「日付はつボイノリオ氏とリスナーが大切にしているというラッキーナンバー」で、制定の目的を「番組を通してパーソナリティーのつボイノリオ氏とリスナーが一体となり、その絆を深める日とする」としていますので、清らかですよ。

番組終了から35年以上も経っており、セプテンバー・バレンタインを知らない方は多いと思われますが、来年の9月14日は、思わず爪をチェックしてしまうかもしれません。
(岡本)

つボイノリオの聞けば聞くほど
2018年09月14日10時15分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20432'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20432'); ga('send', 'pageview'); ]]>
sports <![CDATA[ CBCラジオの朝の情報番組『多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N』は、1999年(平成11年)4月5日にスタートし、この9月14日に5,000回を迎えました。 この日は「ありがとう!『朝PON』5,000回スペシャル」として、過去の出演者が生出演、あるいは録音コメントで登場しました。 ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20436 https://radichubu.jp/files/topics/20436_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20436 20436 Tue, 18 Sep 2018 06:01:00 +0900 Tue, 18 Sep 2018 06:00:59 +0900

CBCラジオの朝の情報番組『多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N』は、1999年(平成11年)4月5日にスタートし、この9月14日に5,000回を迎えました。 この日は「ありがとう!『朝PON』5,000回スペシャル」として、過去の出演者が生出演、あるいは録音コメントで登場しました。

      

沢朋宏も5000回目

今回はレギュラー出演者である多田しげおと、担当曜日の異なる山内彩加アナウンサー、桐生順子、沢朋宏アナの4人が一堂に会しました。
桐生は2015年から参加。山内アナは今年の2月2日からとまだ半年。

それに比べて沢アナは初回から20年連続出演です。
番組開始時、沢アナはまだ25歳。それから1年半後に、今も続く「沢朋宏のめっちゃウマお取り寄せ」のコーナーが始まりました。

沢は「お取り寄せという言葉はこの番組が作ったんだからね。世の中にお取り寄せというブームはまだなかったんですよ」と誇らしげです。
「ホントですか?」と信じられない様子の山内。番組が始まった時はまだ4歳ですから無理もありません。

多田は「"お取り寄せ"の言葉を作った、は言い過ぎですが、言い始めたのは実はこの番組なんです。日本の歴史を作っている沢です(笑)」

第一回は鹿児島県の旅館が作っていた黒豚の角煮で、沢はメモ付きの原稿を今もきちんと保存しています。

多田「実は、沢朋宏はすっごくまじめに努力して取り組むタイプなんです」

この18年でおよそ900品のお取り寄せ情報を紹介したそうです。

初回アシスタントは誰?

1999年4月5日、初回放送のオープニングが流されました。
多田の声も若干若く、やや早口で張り切っている感じが伝わってきます。

アシスタントは当時入社2年目のアナウンサーだった大橋麻美子。CBCを退職後、2015年にフリーアナとしてアシスタントに返り咲いた大橋、スタジオに参加して振り返ります。

当日はリスナーからのメッセージが600通ほど寄せられました。
リスナーにも初回から聴いている方が。

「第一回から拝聴しております。最初の放送の時『なんじゃこれは、朝からハイテンション疲れるわ』と思ったんですが、だんだん慣れてしまって、そのうちに聞かなければならないようになってしまいました」(Aさん)

大橋は当時23歳で「よくわかってなかったですね」。
放送中、自身のあまりの未熟さに不覚にも泣いたことがあるそう。でも、コマーシャルの1分半の間に気持ちを持ち直し、そこから根性だけでやり切ったそうです。

社会人となり、妻となり母となり、そしてシングルマザーとなって「濃い20年でした」と振り返ります。

「朝PON」は研鑽の場

過去のレギュラー出演者が続々と登場します。やってきたのはCBCテレビ『ゴゴスマ』で、今やCBCの顔となった石井亮次アナウンサー。
『朝PON』では、入社1年目(2000年)の10月からコーナーを持っていました。

出演は通算で8年半。ただ、担当コーナーの数も最多です。次々にコーナーの中身が変わり、半年で終わったものもあるそう。それはリスナーも気になっていたようです。

「石井さん、ご自分でいろんなコーナーを作っては失敗して、でも楽しくてためになりましたよ」(57歳主婦・Bさん)

ところが2004年、「石井亮次の一品に技あり」のコーナーで、JNN・JRN系列のコンクール「アノンシスト賞」の2003年度ラジオ「フリートーク部門」で最優秀賞を獲得しました。

石井「職人さんをひとり取り上げて10分間ご紹介するコーナーです。
3年くらいこのコーナーをやらしていただいて、どれだけ学んだか。起承転結、インタビュー、ラジオにおける表現、すべての要素が詰まってます。
そして多田さんがアドバイスをくれる。ありがたい研鑽の場でした」

これを聞いて多田は「『朝PON』ってすごい番組じゃん」と笑いを誘います。

「朝PON」史上異質のコーナー?

現在深夜番組『ナガオカ×スクランブル』を担当する永岡歩アナウンサーも登場しました。

多田「永岡の顔を見たらやっぱり『朝PON』は研鑽の場だなぁ。若いアナウンサーの研修番組だったんだ」

永岡アナは「世界伝説大発見や!」のコーナーを5年担当しました。

永岡「20年続いたその一翼を担ったと言っても過言ではない!」
多田「研修しすぎたな」

これは多田いわく「朝PON史上、異質の記憶に残るコーナー」で、世界中の伝説・昔話を永岡が見つけてきて紹介するものです。

多田が印象に残っているのは「何かつっこむと必ず永岡君はすぐに答えられない。『あのー』と一拍置くこと」だとか。

リスナーもそのやりとりを面白がっていたようです。

「仕事に行くまでの時間、聴かずにはいられない身体になってしまいました。会社についても永岡君のコーナーが終わるまで聞いて、それから会社に入ると、お前何ニヤニヤしてんねん、と叱られました」(Cさん)

多田「朝PON20年の5年間、一時代を築きましたね」
永岡「将来の多田しげおは僕だ!」
多田「僕みたいでいいんですか?」
永岡「あのー(笑)」

研鑽の甲斐がありました。

アシスタントは総勢16人

過去のアシスタントを振り返るおたよりも。

「強烈に記憶に残っているのが氏田(朋子)さんです。確か頭にカーラーを巻いたままニュースを読んでましたよね。後にも先にもこんな変なアナウンサーは聞いたことがありません」(Dさん)

現在フリーアナとして『北野誠のズバリ』(CBCラジオ)でも活躍中の氏田アナも朝PON出身です。

そしてスタジオにはアシスタントを代表して加藤由香アナが登場。2013年から3年ほど担当しました。5,000回でアシスタントは全員で16人だそうです。

加藤アナのコーナーは実験教室のように、いろいろなものを作ってみましたというものでした。水まんじゅう、アップルパイ、味噌漬けなど。和菓子はなんと作品展まで開催しました。

多田「研究心が旺盛なのと、手先が器用なんだ」
加藤「好きですね。でも極めると、それから一切やらないです(笑)」

『朝PON』ネタで盛り上がる

リスナーもいろいろな状況で聴いています。

「この番組を初めて聴いたのは、父が保育園に車で送ってくれる間に流れてくるラジオに耳を傾けるようになった時です」(24歳・Eさん)

「私は新米リスナーです。今年の6月頃から聴き始めました。ひょんなことから聞いて意外に面白く、ずっと聞いています。先日娘が『お母さんも『朝PON』聞いているの?』と『朝PON』ネタで大いに盛り上がりました」(Fさん)

「多田さんの番組はアットホームな感じが好きです。出演者さんのみなさんに限らず裏方のスタッフさんも巻き込んだ放送がとても楽しいです」(Gさん)

多田は「その意味ではこの番組始まって5,000回、20年ですけど、ディレクターも最初からの担当が3人もいます。それもあって5,000回を迎えられたのかなぁ」と感慨深げです。

最後に気を引き締めて、「来週からはまた頑張ってまいります。今日もぜひ、いい一日でありますように」といつものコメントで力強く結びました。
(みず)

多田しげおの気分爽快!!~朝からP・O・N
2018年09月14日07時37分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20369'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20369'); ga('send', 'pageview'); ]]>
society <![CDATA[ <img src="https://radichubu.jp/files/topics/20363_ext_01_0.jpg" / alt="20363_ext_01_0.jpg"> <p>いよいよ秋。岐阜県中津川市で人気の銘菓"栗きんとん"の販売が本格的に始まりました。 今回は岐阜県中津川市・中津川駅前にある「にぎわい特産館」にお邪魔しました。数多くのお店で作られているこの地域の栗きんとんを選びながら購入できるそうです。</p>        <h2></h2> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_1.jpg"></p> <p>中津川の秋の味覚と言えば、栗きんとん。</p> <p>今回はこの栗きんとんについて、中津川観光協会の田口さんにお話を伺いました。<br> お忙しいところありがとうございました。</p> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_2.jpg"></p> <p>今年も9月1日から発売開始した中津川栗きんとん。<br> 既に秋の味覚を求めて多くのお客さんがいらっしゃっているそうですよ。</p> <p>お邪魔したにぎわい特産館にも栗きんとんスペースができていました。</p> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_3.jpg"></p> <p>にぎわい特産館では、なんと15店分の栗きんとんを販売しているそうです。</p> <p>使っているものは栗と砂糖ですが、お店ごとにやっぱり味は違うそうで、しっとり・ほくほく・粒多め。もちろん甘さも違ったりと、それぞれこだわりポイントがありました。</p> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_4.jpg"></p> <p>『中津川栗きんとん』のパンフレットにはお店情報と地図、そして栗きんとん情報がびっしりと掲載されています。</p> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_5.jpg"></p> <p>にぎわい特産館にいらっしゃっていたお客さんも、どの栗きんとんにしようか、じっくり悩みながらお買い物されていましたよ。</p> <p>私も栗きんとんの食べ比べにチャレンジしてみました。<br> 今回は味の違いがよくわかるように、松月堂さんのものと七福さんのものをチョイス。</p> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_6.jpg"></p> <p>包みを開けてみると…色からすでに違います!</p> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_7.jpg"></p> <p>もちろん味わいも違いましたよ。<br> 松月堂さんはしっとりなめらか!<br> 七福さんは栗の粒が多めに残っていてホクっとした感じ。<br> 口に入れた瞬間から後味まで、どの栗きんとんも全然違いました!</p> <p>こんな風に食べ比べできちゃうセットが実はあるんです。<br> それが「中津川栗きんとんめぐり」。</p> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_8.jpg"></p> <p>「ささゆり」と「風流」の2種類があり、1箱に7店舗分+栗きんとんにぴったりのお茶がセットになっています。</p> <p>どちらも買えば14店舗の栗きんとんが食べ比べ可能!<br> 手土産にはもちろん自分で独り占めするのもアリです(笑)。</p> <p>お客さんからの「いろいろなお店の栗きんとんが一度に食べたい」という要望に応えて生まれた商品だとか…</p> <p>毎日数量限定で大人気なので、大体お昼過ぎには売り切れてしまうことが多いそうです。</p> <p>そして栗きんとん以外にもまだまだ商品ありましたよ。<br> お餅に栗きんとんのそぼろをまぶした「栗粉餅」。</p> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_9.jpg"></p> <p>栗のお花から採ったはちみつ「栗蜜」。</p> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_10.jpg"></p> <p>栗尽くしでどれもおいしそうでした。</p> <p>ちなみに、中継後に栗きんとんソフトクリームも頂きました。<br> 贅沢な味わいでした!</p> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_11.jpg"></p> <p>栗ひろいに紅葉、そして栗きんとん…秋の中津川は素敵ですね。<br> ぜび皆さんも秋の味覚を楽しんでくださいね!</p> <p><img alt="" src="https://radichubu.jp/files/user/2018/05/201809102100_12.jpg"></p> <p>(松本結花)</p> <p>レポドラ日記<br><a href="http://radiko.jp/share/?sid=CBC&t=20180910164832">2018年09月10日16時48分~抜粋(Radikoタイムフリー)</a></p> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20438 https://radichubu.jp/files/topics/20438_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20438 20438 Tue, 18 Sep 2018 06:00:00 +0900 Tue, 18 Sep 2018 06:00:59 +0900 (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20363'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20363'); ga('send', 'pageview'); ]]>

愛知県安城市にある安城農林高校に行って来ました。 こちらの高校の食品科学科の生徒たちが、イチジクからチーズを作っているということで、お邪魔してきました。

      

牛乳を固める酵素がイチジクにもある!

安城農林高校2年生の仲良し3人組にインタビュー!
(左から、正岡詩音さん、溝田千陽さん、田尾小百合さん)

まず、チーズは一般的に、牛乳に、牛乳を固める「レンネット」というタンパク質分解酵素を混ぜることで、牛乳が固まってチーズになります。

このタンパク質分解酵素は、パイナップルやキウイなどの南国フルーツに良く含まれていますが、安城市の特産品であるイチジクにも含まれている!

イチジクをペースト状にして、牛乳を混ぜ合わせることでチーズができるそうです。

チーズもイチジクも嫌い!?でもこのチーズは美味しい

イチジクの酵素からできたチーズがこちら!

モッツァレラチーズ!

見た目も感触もモッツァレラチーズそのものですが、よく見るとイチジクの粒々が見えます。

チーズの独特の香りをあまり感じないのでチーズが苦手な方も食べやすいです。
食べてみると、イチジクの香りが広がりますが、甘くはない!
アクセントをつけつつ、いろんな料理に合いそう!

実は千陽ちゃんはイチジクもチーズも苦手…。でもこのイチジクから作ったチーズは食べるんだとか(笑)。

また、レンネットは微生物やカビから作られることが多いのですが、イチジクのチーズは牛乳と果物のみ!なので添加物がなく身体に優しいんです。

美味しく食べてもらえるように、とチーズを用意してくれました。

先生がイチジクから牛乳を固める酵素を発見したことをきっかけに、2年前から始まったこのプロジェクト。
改良を重ねて5時間かけて作っていたチーズを、風味や味を落とさずに30分~40分ほどで作れるようになったそうです。

これを高校生がやっている!驚きです。

今は商品化を目指し、品質の安定化などに力を入れているんだとか。
これからが楽しみですね。
(小林美鈴)

レポドラ日記
2018年09月13日16時45分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
column <![CDATA[ <script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20366'); ga('send', 'pageview'); </script> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20434 https://radichubu.jp/files/topics/20434_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20434 20434 Mon, 17 Sep 2018 06:03:00 +0900 Mon, 17 Sep 2018 06:00:59 +0900 (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20366'); ga('send', 'pageview'); ]]>

木曜日の「オトナのいろどりっ!」は、関富子先生のお料理レシピ。 毎月のテーマに沿ったレシピを1品ずつご紹介いたします。 9月のテーマは「淡口醤油について、もっと知ろう」。 今回は、三河地方の郷土料理「高浜とり飯」です。

      

淡口醤油を使うと出汁が要らない?

そういえば、高浜鶏飯は、去年教わりましたよね。

「そうなんですよ。今回はグレードアップして持ってきたんです」

淡口醤油をうまく使うことで、グレードアップさせたという関先生。
いつものように、富子流の高浜鶏飯は、炊き込みご飯ではなく、混ぜご飯。
普通どおり白く炊いたお米に、味を煮付けた具材を混ぜることで、味ご飯を作ります。

そして今回、鶏肉やニンジンを煮ていく味付けは、水・淡口醤油・みりん・砂糖。
たったこれだけ。

「あら、お出汁は使ってないんですか?」
「使ってないんです。入ってないんだけども、逆にお肉の旨みとかニンジンの甘みとかいろんなものが加わっちゃって、よりおいしい具になるんです」

出汁のない高浜鶏飯。
丹野みどりがさっそくいただきます。

「んー!先生、もう、これでいいです。っていうか、これがいいです」

本当に出汁が入ってないの?と疑う丹野みどり。
どうして、出汁がないのに、こんなに旨みが出るのでしょうか?

「“出汁”という言葉を、“旨味”という言葉に置き換えると分かりやすくなります」

そう答えるのは、淡口醤油のスペシャリスト、ヒガシマル醤油研究所所長の古林さん。

鶏肉の「旨味」というのは、イノシン酸といわれる旨味成分。
このイノシン酸は、鰹節の旨味成分でもあります。
そして、醤油の「旨味」というのは、グルタミン酸といわれる旨味成分。
これは、昆布の旨味成分でもあります。
だから、鶏肉と淡口醤油をうまく使うことで、鰹節と昆布の旨味成分がお料理に現れ、相乗効果でより一層おいしくなるということです。

鰹節と昆布は、代表的な出汁の材料ですよね。

「イノシン酸とグルタミン酸という、両横綱がタッグを組んだので、だからすごくおいしくなる」

関先生もお料理を研究する中で思い当たるところがたくさんあるようです。

「鶏肉と淡口醤油が入っていれば、わざわざ鰹節と昆布で同じものを取る必要はないんですね。……ということは先生、私向きというか、出汁を取る手間がないというか」

そのとおり。手間が省けて丹野さん向きですね。

「しかも、色もきれい。お上品な感じです」

淡口醤油は、少量で味が付くと関先生。
控えめに使うだけでおいしくなります。

「今日は鶏飯だけど、ゴボウが入ったり、いろんなものが入ると相乗効果で、味ご飯的なものに淡口醤油はおススメなんです」

鶏飯、味ご飯には淡口醤油が一番適していると関先生は言います。
どんどん味を引き出してくれる淡口醤油。
うまく使っておいしい料理を作ってください。

材料とレシピ

【材料】4人分
・米 2合
・鶏もも肉 1枚(300g)
・ニンジン 1/2本
・油あげ 1枚

 A・水 1/2cc
 ・砂糖 大さじ2
 ・みりん 大さじ2
 ・淡口醤油 大さじ3~

・淡口醤油 大さじ1/2
・インゲン(茹)

【作り方】
①米はきれいに洗って30分水切りをする。いつもよりやや少なめの水加減で硬めのごはんを炊く。
②鶏肉の皮をはがす。皮は細かく切り、肉は大きめにコロコロ切る。
③ニンジンの皮をむき、3㎝長さの太目の千切りにする。油あげは半分に切って細かく切る。味付けのために、水・砂糖・みりん・淡口醤油を合わせておく。
④フライパンに鶏皮を入れ、弱火で炒める。脂が出てきたら中火にし、更に炒める。皮から大さじ3杯くらいの脂が出たら、強火にして皮に焼き色をつける。肉も入れて炒める。
⑤肉の色が変わったら、ニンジンと油あげを入れて、30秒ほど炒める。ここに合わせておいた味付け用の調味料を入れ、甘辛く煮る。煮汁が大さじ6杯まで煮詰まったら、大さじ1/2の淡口醤油を入れて火をとめる。
⑥炊きあがったごはんに、煮汁ごと入れる。10分むらしてから具を混ぜる。器にもって茹でたインゲンを散らして完成!!
(榊原)

丹野みどりのよりどりっ!
2018年09月13日16時35分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20345'); ga('send', 'pageview'); ]]>
column <![CDATA[ <script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20345'); ga('send', 'pageview'); </script> ]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20432 https://radichubu.jp/files/topics/20432_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20432 20432 Mon, 17 Sep 2018 06:02:00 +0900 Mon, 17 Sep 2018 11:13:41 +0900

先日、鍼灸師さんに身体をメンテナンスしてもらったという北野誠。 その時に、「寝てる身体じゃない」と言われてしまったといいます。 自分では寝ているつもりでも頭がつねにフル回転、安眠できていない状態とのこと。 自宅でも、1階と2階で離れて寝ている奥さんから、夜中に叫んでいたと指摘されたという北野は、「寝てないのは確かやわ」と確信を持ちました。 年齢的には男性も更年期障害で鬱に傾く人が増えてくる頃なのに、北野の場合は真逆の躁状態。 体力がついてこなくなるとややこしくなるので、身体の緊張感を緩めることが大切だと言われたそうです。 というわけで、9/13放送の『北野誠のズバリ』、この日のテーマは「大変でした(大変です)」。

      

サンキューサイリウム

リスナーから寄せられたおたよりを北野が読み進めていきます。

「大変でしたというと、この間の台風21号。
会社は午前でみんな上がることになり、僕も早々に自宅待機。

『ズバリ』聞きながらテレビの映像見ていたら、突然のプーンという停電。
まっ、すぐまた電気付くやろう思ってのんびり待ち構えていたら、日が暮れて真っ暗になっても復旧せず。

家には小っちゃなLEDライトが一つあるだけ。
これではご飯どころかカップ麺も食べられません。
『どうする…どうする…』と悩んだあげく、1つ考えつきました。

そうや!アイドルのライブ行く時に使う"サイリウム"!
あれが家に何本かあったので、これを部屋中に点灯させてバラまいてみました。

思ったより明るくて快適です。
アイドルの現場に行く時に必ず買ってて良かったなと思いました。

ただ色がピンクとか水色なのがちょっと難でしたけど」(Aさん)

「これは買っとくべきやな!。これ結構ええよね、アイドルのペンライトね」と感心した北野。

「外から見たらでもなんか…ピンクとか、黄色とかね(笑)カラフルなお家になるね」と、停電の中さぞかし目立つだろうと指摘する氏田朋子。

アイドル応援グッズの意外な使い道が判明しました。

ほっぺが落ちそうなおじさん

「今から10年ぐらい前です。娘と栄に24時間テレビの募金に行きました。

いろいろ番組コラボのおいしいものもあり、娘を迎えに行くと、女性と一緒に戻って来たからなにかというと

『お父さんですよね、突然申し訳ござません。間もなく番組開始のオープニングに親子でテレビに出てもらえませんか?』

と言われてビックリです。

そして5分後、ぶっつけ本番。
すると、親子で大好きなアンジャッシュが登場、ビックリしました。

娘は『パフェを食べておいしいですか?』とアンジャッシュからマイクを向けられるが、固まってしまい『あ…あ、はい』と言うのがやっと。

私はビール片手に娘から食べさせてもらいまして、『うん、これはうまい!ほっぺが落ちそう』」(Bさん)

ここまで読んだところで「うわー」と北野。

Bさんが「ほっぺが落ちそう」と言っているところを想像して、「はぁ…」と深くため息をつきます。

「落としたろか!お前は」

「アンジャッシュから『またまたお父さん、ビール片手にホントに味わかってるんですか』とツッコまれて無事になんとか終わると、なんかズボンのポケットの中に違和感が。

携帯見るとなんとメールが30件。
見ると『今見たぞ』『何やっとる!ビックリだわ』と、偶然テレビを見た知り合いや友人からメールが殺到。
娘の携帯も20件、友だちから同じような内容。

その後、半年ぐらい店頭販売していても『そういえばあなたって』『お前この前』とか、百貨店の担当マネージャーなんかも『ええなぁ缶ビール片手にテレビ出れたら』とか嫌味を言うておりましたが、その対応にしばらく親子で大変でした」(Bさん)

「コメントがツッコミどころ満載でよかったですね」という氏田。

「みなさん言うときますけど、『ほっぺが落ちそう』とか。ちょっともうーすいませんが、やめといてください。おっさんがビール片手に『ほっぺが落ちそう』。『落としたろか!お前は』ってなりますからね」

娘が言う分にはかわいらしいが、おっさんの「ほっぺが落ちそう」は禁句!とご立腹の北野でした。
(minto)

北野誠のズバリ
2018年09月13日13時00分~抜粋(Radikoタイムフリー)

]]>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'newspass'); ga('set', 'referrer', 'https://newspass.jp'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20354'); ga('send', 'pageview'); ]]> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-96260981-1', 'radichubu.jp'); ga('set', 'appName', 'gunosy'); ga('set', 'referrer', 'https://gunosy.com'); ga('set', 'location', '/topics_detail1/id=20354'); ga('send', 'pageview'); ]]>
economy <![CDATA[]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20369 https://radichubu.jp/files/topics/20369_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20369 20369 Mon, 17 Sep 2018 06:00:00 +0900 Mon, 17 Sep 2018 06:00:59 +0900 column <![CDATA[]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20363 https://radichubu.jp/files/topics/20363_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20363 20363 Sun, 16 Sep 2018 06:00:00 +0900 Sun, 16 Sep 2018 10:00:59 +0900 gourmet <![CDATA[]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20366 https://radichubu.jp/files/topics/20366_ext_01_0.jpg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20366 20366 Sun, 16 Sep 2018 06:00:00 +0900 Sun, 16 Sep 2018 06:00:59 +0900 gourmet <![CDATA[]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20345 https://radichubu.jp/files/topics/20345_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20345 20345 Sat, 15 Sep 2018 06:03:00 +0900 Sat, 15 Sep 2018 06:00:59 +0900 omoshiro <![CDATA[]]> https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20354 https://radichubu.jp/files/topics/20354_ext_01_0.jpeg https://radichubu.jp/topics_detail1/id=20354 20354 Sat, 15 Sep 2018 06:02:00 +0900 Sat, 15 Sep 2018 06:00:59 +0900