鰤のしょうが味噌焼き

実絵子のつくってみりん

鰤のしょうが味噌焼き

Podcast はこちら

 

**** 材料 2人分 ****

鰤(切り身)...2切れ(200g
菜種油...小さじ2


 麦味噌...大さじ1
 三州三河みりん...大さじ2
 酒...大さじ1
 しょうが...1片(7g

白ねぎ...1/2
大根...50g


作り方

① 鰤は流水で洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取る。
ねぎは4㎝幅に切り、
菜種油(分量外)をひいたフライパンで
焦げ目が付くまで焼く。
大根はすりおろす。

② しょうがをすりおろし、
Aの調味料を混ぜ合わせる。
③ フライパンに菜種油を入れて強火にかける。
鰤を入れて両面こんがりと焼き、
中火にして蓋をする。
中まで火が通ったら【②】を加えて絡める。
④【③】を器に盛り付け、
焼いた白ねぎと大根おろしを添える。


<みりんポイント>
みりんを味付けに使用することで、鰤特有の臭みを取り除きます。また、みりんには照りツヤ良く仕上げる効果もあります。

<愛知の魚 鰤>
鰤は成長に伴い出世するように名称が変わる「出世魚」の1つで、縁起の良い魚として知られています。愛知の各地方でも、昔からおめでたい席で食されてきました。栄養価が高く、特にEPADHAを多く含むため、血液がサラサラときれいになる効果があると言われています。


実絵子さん

お味噌としょうがの相性がバツグンですね。みりん効果で、魚の臭みもなくおいしいです。また、冷めてもかたくならないそうなので、お弁当にもピッタリですね!

この記事をシェアする

アーカイブ

同じカテゴリー

×