北野誠のズバリ

熱中症対策にミネラルが大切な理由

5月の毎週水曜日『北野誠のズバリ』では、「熱中症対策にズバリ」と題し、これから気をつけたい「熱中症」と、その「対策」を、熱中症に詳しいノザキクリニックの野崎院長からの情報を元に詳しく紹介しています。

パーソナリティの北野誠大橋麻美子が伝えます。

[この番組の画像一覧を見る]

室内でも熱中症に注意!

冒頭、北野が改めて熱中症について説明をします。

「熱中症は高温の環境下にいることで体内の水分やミネラルのバランスが崩れたり、体内の調整機能 が破綻するなどして、発症する症状のことを言います。そして、暑さに慣れていない身体では、急に気温が高くなると、身体が暑さに慣れてないため、熱中症のリスクも高くなるそうです」

特に体温調節機能が未発達な乳幼児や、暑さを感じにくく、体温調節、発汗機能が低下している高齢者は注意が必要です。
そして、熱中症は昼夜問わず、室内でも注意が必要でした。
 

熱中症には暑熱順化で対策を

続いて、前回にもクローズアップされた、“暑熱順化(しょねつじゅんか)”について。

北野「“暑熱順化”は徐々に身体を暑さに慣らしていくことでしたよね。暑熱順化を獲得すると、上手く汗をかけるようになるので体温の上昇を防ぎ、熱中症の対策に繋がるんですよね」
  
野崎院長によると、暑熱順化を獲得するためには、ウォーキングやジョギングなど汗ばむくらいの軽い運動や、湯船にしっかり浸かることが大切だということ。

北野「大事なのは、汗腺を鍛えることで、上手に汗をかける身体にすることですね」

さらに野崎院長は、ただ、汗をかくと身体の健康を維持するために必要なミネラルも失われる。ミネラルとは、身体の健康を維持する5大栄養素のひとつで、体内で作ることができないので、食品や飲料から補給する必要があるとのこと。
 

血流改善にもミネラル入りむぎ茶

北野「おススメなのが、ミネラル入りむぎ茶ですね!」

ミネラル入りむぎ茶には、ミネラルが手軽に補給できるだけでなく、血液がサラサラになる“血流改善効果”があり、血液を皮膚表面に集め熱を体外に放出することができるため、熱中症対策に効果的とのこと。
さらに心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因となる血栓の予防にもなるそうです。そして身体の余分な熱を奪い、体の熱を低下させる“体温下降効果“もあるそうです。

北野 「そして、生活シーンや体調に合わせた飲料選びが重要ですよね」

野崎院長によると、大量に汗をかいた時には、スポーツドリンクを推奨していますが、糖分が多いため過剰摂取により糖尿病や、肥満のリスクを高めるとのこと。
また経口補水液は、脱水症状に陥ってしまった時、医師から脱水状態の食事療法として指示された場合に限り飲んでほしいとのこと。

自己判断で予防的に飲むと、塩分の過剰摂取になることがありますので注意が必要だそうです。
一方、ミネラル入りむぎ茶は無糖でカロリーもなく、カフェインを含まないため、日常的な熱中症対策飲料として推奨されています。
 

点滴飲み

熱中症対策として効率的な水分、ミネラルの補給方法として“点滴飲み”がいいようです。

水分、ミネラルは一気に補給しても体に上手く吸収されないため、こまめに飲む「点滴飲み」が重要です。
睡眠中はたくさんの汗をかくので、就寝前、起床後、また入浴前後など、特に汗をたくさんかく前後は意識して飲んでください。

最後にリスナーからのメッセージの紹介。

「5月に入り暑くなりましたね。むぎ茶の季節ですね。7歳の孫が、なぜか?お茶ではなく、むぎ茶しか飲みません。こだわりがあるようです」(Aさん)

むぎ茶は赤ん坊から飲めますからね。ぜひとも皆さん、ミネラル入りむぎ茶を飲んで、暑さ対策をしましょう。

5月の毎週水曜日は「熱中症対策」を特集していきます。
リスナーからも「熱中症」についての体験談や感想を募集し、「熱中症対策」に対する周知を図っていきます。
 
北野誠のズバリ
この記事をで聴く

2020年05月20日14時51分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報