亜咲花 Animetick Night

Vtuber樋口楓はノベルゲーム好き!でもホラーは……?

にじさんじ所蔵のVtuber(バーチャルYouTuber)樋口楓さんは自身のYouTubeに実況動画を配信しているほどのゲーム好き。

ノベルゲームなどお気に入りのゲームトークでパーソナリティの亜咲花と盛り上がりました。
3月21日放送の『亜咲花 Animetick Night』から。

[この番組の画像一覧を見る]

事件を解決するノベルゲームが好き!

”吹奏楽部に所属する女子高生”という設定でVR関西で活動しているVtuberの樋口さん。
ゲームは好きだけど下手という樋口さんに亜咲花は意外そうな声を上げます。

亜咲花「トランペット弾けるくらいだからゲームもちょちょいとできそう」
樋口「偏見かな。トランペット、指3本でいいから」
亜咲花「コントローラーは指全部使いますもんね!」

そんな樋口さんは文章を読み選択肢を読むだけでクリアできる、いわゆるノベルゲームを好むそうです。

亜咲花「乙女ゲームとかじゃなくて?」
樋口「事件を解決するゲームとか」

人気作『逆転裁判』もノベルゲームにカテゴライズされるそうで、樋口さんのオシャレなゲーム選びに亜咲花は感心した様子。一方、亜咲花はホラーゲームが大好きだと話します。

亜咲花「何でもホラー(ゲーム)の話につなげちゃうんです」

樋口さんもゲームが好きと聞いたので、どんなホラーゲームが好きか聞いてみる亜咲花
しかし、「ホラーはNG」と言われてしまい少し悔しそうです。
 

汗をかくのでホラーゲームは苦手?

『かまいたちの夜』というサウンドノベルゲームに興味があるものの、ホラー要素があるためプレイを躊躇っている、と以前Twitter上でも明かしていた樋口さん。

亜咲花「ホラーゲームの何が苦手なんですか?」
樋口「びっくりするじゃないですか」

現実世界に無いものがゲームにあって、目の前に出てくることの意味が分からないと樋口さん。
亜咲花は賛同しつつも、そこが快感なのだと力説します。
幽霊は日常に出てこないからこそ、ゲームの中で非日常を体験できる、その刺激を求めてホラーゲームを楽しみたい亜咲花です。

亜咲花「刺激はあんまり欲しくない?」
樋口「あの…めっちゃ汗かくから…」

なんと樋口さんは汗っかきのようです。
ホラーゲームで刺激を求めてしまうと汗が止まらなくなってしまうという、裏事情を知ることができました!
 

亜咲花オススメの”怖い”ゲームとは?

ゲーム実況動画を日頃から配信している樋口さんにぜひプレイしてほしいゲームがあると亜咲花
タイトルは海外のフリーゲーム『The Mortuary Assistant』。

亜咲花「いっちゃえば作業ゲーなんですね。シミュレーション系のゲームなんですけど」

アクションゲームのような特別難しい操作無しで楽しむことができるそう。
ノベルゲームが大好きな樋口さんには相性が良さそうです。

亜咲花「でも…扱っているテーマが『遺体を処理する』っていう」
樋口「んー」

遺体防腐処理の作業を一人称視点で描くという、かなり変わったホラーゲームなようです。
遺体がいつ動き出すか分からないというドキドキ感はあるけれど、ゾンビのように飛びかかってきたり攻撃したりすることは無いとか。
『バイオハザード』のような怖いテーマとはいえ、ジェットコースターのような激しい展開ではないようです。

亜咲花「もしかしたら楓さん、遊べるのかなと思って」
樋口「合うかもしれない」

亜咲花のイチ押しタイトルに興味を示し始める樋口さん。
いつか樋口さんのYouTubeに『The Mortuary Assistant』の実況動画が上がるかもしれませんね!
(nachtm)

セットリスト
M1 樋口楓 「MARBLE」
M2 亜咲花「Edelweiss」
M3 結城アイラ「Leading role」
 
亜咲花 Animetick Night
この記事をで聴く

2020年03月22日03時34分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報