モー娘、新メンバー3人が登場!牧野真莉愛の前で驚異の特技を披露

モーニング娘.’19 牧野真莉愛の まりあんLOVEりんですっ / エンタメ

モーニング娘。'19の新メンバー3人がゲストに登場。先輩である"まりあん"こと牧野真莉愛は初々しい後輩たちを上手にトークのリードできたのでしょうか?

8月13日放送の『モーニング娘。'19 牧野真莉愛のまりあんLOVEりんですっ』では、15期生3人の特技や魅力を引き出しました。

お姉さんの一面を見せるまりあん

今回登場した3人は、モーニング娘。の2年ぶりの新メンバーとなった15期生。
まだ対面して日が浅いこともあってか、まだあまり打ち解けていない様子。

いつものハキハキしたトーンとは違い、打って変わってお姉さんモードの牧野。
自己紹介のあとは特技の質問に。

東京都出身の北川莉央(15)はフルートとパソコンのタイピングが得意。
東京都出身の岡村ほまれ(14)はタップダンスと変顔が得意。
北海道出身の山﨑愛生は(14)にして準二級をもつほど英語が堪能だそう。

三者三様に特技を持っているようです。

12期生で18歳の牧野とは3つほどの差ですが、臆することなく自然体で理路整然と話す新メンバーたち。
 

3人とも全く違うオーデション応募の理由

次に、モーニング娘になったきっかけを尋ねられた3人。

ピアノの先生がモーニング娘のファンで、オーディション用の告知動画を見せてくれたという北川。

ここに入れば「幸せになれる!」と直感がはたらき応募。

最終審査後のある日、(リーダーの)譜久村が自宅を訪問して呆然。
まさかの合格には応募を勧めたピアノの先生も驚いていたとか。

また、アンジュルムが好きでオーディションに応募したという岡村。
合格の知らせを受けた当日は、おしゃれなカフェに行こうと何気なく母親に誘われたとか。
”おしゃれなカフェ”を楽しみに向かうと、カフェにはなんと譜久村の姿が。
まわりには「ジョナサンに行ってきた」と可愛らしい嘘をついたそうです。

一方、小さい頃からアイドルになるのが夢だったという王道路線の山崎。
母親がモーニング娘のファンということもあり、3年前の研修生のオーディションに応募したそう。
研修生合格後、レッスンやダンスなどに北海道で3年間励んだそうです。

歴史の長いグループだけに、親や先生がモーニング娘のファンだったという話が印象的。
 

冷や汗!憧れの先輩メンバーは誰?

続いて、「あこがれの先輩は誰?」と定番の質問を浴びせる牧野。
新メンバーがどう答えるか見ものです。

北川「歌なら小田さん、ダンスなら石田さん、人柄というか普段の姿勢なら…すみません、上から目線で…」
牧野「いや、大丈夫です」
北川「加賀さんです」

「今待ってた!まりあだと思ったのにまさかのね…」と肩を落とす牧野。絶妙な間でした。

微妙な空気を察したのか、加入前の推しメンは牧野と加賀だったと補足する北川。さらに母親も牧野のファンだと続けると、「私の母親も…」と山崎もすかさず同意。
牧野はお母さん方からの人気が高いようです。

牧野「ありがとうフォローしてくれて」

岡村「ダンスなら石田さん、見せ方は佐藤さん、人柄は同じく加賀さんです」
山崎「私は小田さんです」

どうやら加賀に人気が集まっているようです。

最後に3人の印象を語る牧野。
リハーサルでは3人ともとても頑張っていて、フォーメーションもすぐ覚えるし、すごいと評価。
今後のハロコンも楽しみにしているとのことでした。

リクエストでは、北川が好きな『BRAND NEW MORNING』をチョイス。
歌詞にある”新たな時代の幕開け”や、”過去を超えていく”意気込みが伝わってきました。
(nachtm)

セットリスト:
M1  モーニング娘。「ザ☆ピ~ス!」
M2  モーニング娘。’17  「BRAND NEW MORNING」
 
この記事をradikoで聴く

2019年08月14日00時37分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×