~2/14~関富子先生のレシピ♪

丹野みどりのよりどりっ!
大好評!関富子先生のレシピ♪

2月のテーマは・・・
『 湯気立つぽかぽか汁物レシピ 』


今日は…
 水餃子鍋 



 材料 

水餃子
・餃子の皮 1袋
・豚ひき肉 200g
A・塩 少々
 ・醤油 少々
 ・酒 少々
 ・胡椒 少々
 ・卵 1/2個
・片栗粉 大さじ2
B・タケノコ(みじん切り)大さじ4
 ・干シイタケ(みじん切り)大さじ2
 ・ネギ(みじん切り)大さじ2

C・ゆで汁⇒水6カップ
 ・コンソメスープの素 2個
 ・淡口醤油 大さじ2~
 ・胡麻油 大さじ1/2
 ・胡椒 たっぷり

鍋の具
・タケノコ
・水菜
・キクラゲ
・シメジ
・白菜
・ネギ

薬味
・ラー油
・粉山椒
・胡椒

 作り方 

①豚の挽肉に、塩・淡口醤油・酒・胡椒
 卵・片栗粉を入れて混ぜる。
 みじん切りのタケノコ・シイタケ・ネギも加える。
 タネを餃子の皮で包む。
*水餃子鍋の場合は、ニンニクやニラは入れず
 臭みを控えた具材にする。


②6カップから8カップのたっぷりの湯を沸かし、
 煮立ったところに餃子を10個ぐらい入れ、茹でる。
 浮いてきたら差し水をし、沈んだところに
 再び浮かんできたら、掬い上げる。
 掬い上げた後、餃子を重ねるとひっついてしまうので、
 ラップの上に1つずつ丁寧に置く。
*のちに鍋に入れるので、早めに上げてしまってよい。

③餃子を茹でた茹で汁を鍋の汁を使う。
*餃子の皮の表面についていた粉が溶け出し、
 やさしいトロミがついているため。

 茹で汁6カップにコンソメスープの素を2個入れる。
 淡口醤油とゴマ油を入れ、胡椒を振る。
 鍋のスープの完成。

④鍋の具材を準備する。
 タケノコとニンジンは薄切りにし、熱湯をとおしておく。
 水菜、キクラゲ、しめじ、白菜、ネギなどの材料を
 食べやすい大きさに切る。
 鍋の底に白菜の芯をひきつめ、具を放射状にのせる。
 中央に餃子を並べ、鍋のスープを入れ、
 蓋をして一煮立ちさせ、できあがり。


 ぜひぜひお試しあれ~~♪♪




プレゼントのお知らせ

ヒガシマル醤油の

「超特選丸大豆うすくち 吟旬芳醇」

400ミリリットル1本と、

うすくち醤油のレシピを1冊にまとめた料理本

「淡口しょうゆ ほんのり、うれしい」

をセットにして 毎月10名様プレゼント!



ご希望の方はこのコーナーへの感想と

「淡口しょうゆ」希望とお書きの上、

丹野みどりのよりどりっ!

メールフォーム

またはファックスでお送り下さい!


お待ちしております!

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×