鉄道ファン大注目!養老鉄道の運転体験

レポドラ日記 / レジャー

今回は岐阜県大垣市の養老鉄道養老線西大垣駅で養老鉄道の車両からお届けしました。

養老鉄道では、今月末の25日・26日の土日に、現役の電車の運転体験ができるイベントが開催されるんです。

どんなイベント?

お話を伺ったのは、養老鉄道株式会社 総務企画課の小林峰生さん。



養老鉄道の運転体験は、現役の運転士さんが付き添って、普段から運行している実際の電車を車庫の中で100m程運転してみよう!というものです。





さらに扉の開け閉めや車内放送などの車掌体験までできちゃうんです。



また、実際に運転する前には、電車が動く仕組みや運転士の仕事についての座学も学べます。

イベント開催のきっかけは?

この運転体験は7年ほど前に「電車の運転士になりたい!という夢を叶えたい」という思いから始めたそう!

確かに、小さい頃の将来の夢が電車の運転士さんという方は多いですが、実際の運転士はやはり狭き門…
その想いを少しでも叶えてあげたい!という夢のお手伝いなんだそうです。

またローカル線である養老鉄道に少しでも親しんでもらいたいとも…

今回は小学4年生以上130cm以上の方が対象ということで、鉄道大好きキッズも多いんですが…なんと応募者のほとんどは大人なんだとか!

さらに県外からの方も多く、高知・岡山・大阪からもリピート参加されるファンの方も。

多くの方に愛され、鉄道に憧れていた子供たちの夢も叶えているんですね。

運転で一番難しいのは?

ちなみに1番の醍醐味はやはり運転。
時速10km/hほどで100m運転するのですが、そこからゆっくり止めることが1番難しいのだそうです。

電車は乗っているお客さんの量や気象条件によって、ブレーキの効き具合が毎回変わるそう!

毎日運転されているプロの方は、日々の様々な条件のもと運転していらっしゃるのですね。

今月末の運転体験の募集はすでに終了してしまいましたが、また機会があればみなさんも参加してみてはいかがでしょうか?



小林さん、いろいろなお話ありがとうございました!
(レポートドライバー  清水藍)
この記事をradikoで聴く

2018年08月09日16時47分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×