広島カープの3連覇はあるか?彦野利勝のセ・リーグ順位予想

ドラ魂キング / スポーツ

野球解説者の彦野利勝さんが3月20日『ドラ魂KING』に出演し、2018年のセ・リーグの順位を予想しました。

ちなみに彦野さん、昨年の順位予想は1位巨人、2位広島、3位DeNA、4位中日、5位ヤクルト、6位阪神でした。

パーソナリティーの高田寛之アナウンサーが納得できないところもありましたが、果たして今年の予想はいかに?

彦野さんの去年の予想結果


去年の順位は、1位広島、2位阪神、3位DeNA、4位巨人、5位中日、6位ヤクルト。当たったのは3位だけでした。

「この時はそう思ったんですよ。去年の今頃はそう思ってたの!」

言い訳をしない彦野さん。潔いのか、開き直りなのでしょうか?

リスナーの反応


この結果にリスナーからも反響が寄せられています。

「彦野さん、順位予想、必ず当ててくださいよ。解説の皆さんは、責任感を持たず適当に言っているだけのように思えます。もっと正確に分析してほしいです。実況アナも勝利を呼び込むために命を賭けて実況しているんですから。そうですよね、西村さん」(Aさん)

西村俊仁アナへのプレッシャーを兼ねた叱咤激励です。

「彦野さんの順位予想、楽しみです。僭越ながら、僕も順位予想したいと思います。1位カープ、2位ドラゴンズ、3位ベイスターズ、4位タイガース、5位ジャイアンツ、6位スワローズ」(Bさん)

「1位広島カープということは3連覇ということですよね。3年も続けて勝てますかねえ?」

高田寛之アナが疑問を呈しますが、彦野さんはどう予想するのでしょう?カウントダウンで発表します。

彦野予想、6位は阪神


まずは最下位の予想です。

「ごめんなさいね、各球団のファンの方も聞いてると思うんですが、私が勝手に思ってることですから。ごめんなさい、6位は阪神です」

謝りながら6位を阪神にした彦野さん。その根拠は?

「見てて何かしっくりきてないです。ロサリオという新しい外国人をキャンプ中に見て、すごいなと思ったんですよ。未だに打つんじゃないかと思ってますけど、ピッチャー陣と野手陣のバランスがあまりよくないと思います。
金本監督はいろいろ考えながら選手を使ってくるでしょうが、うまくいかない可能性のほうが強いんじゃないかな。僕はあんまりよく見えないです」

「去年、阪神は2位で、6位だったヤクルトよりも最下位?」と高田アナ。

「僕は、去年のヤクルトは別だと思ってます。あんだけ怪我人が出るシーズンってないですよ。だから去年の6位、僕は全く気にしてないです」

彦野予想、5位はDeNA


続いては5位。

「悩んだんですよ。ここまでうまくいきすぎてる、ぐらいなDeNAが上位だろうって、皆さん予想するでしょ?今年は良くないと思います。ということで5位はDeNA」

高田「ちょっと待ってください。彦野さん、冷静に考えましょうよ」

彦野「冷静ですよ、僕は」

高田「去年、2位阪神。3位DeNAですよ。そんなチームが5位、6位でいいんですか?」

彦野「まあいいんじゃないですか。まだ始まってないですよ」

高田「そうですけどね…」

冷静じゃないのは高田アナの方でした。

「DeNAはちょっと雑というか、大味な野球が多いんですよね。特に打てなかったら、勝ちきれない可能性も出てくると思います。確かに勢いもあって魅力的なチームなんだけど、そううまくいくかな?思い切って5位にしてみました」

冷静に分析している彦野さんです。

彦野予想、4位は巨人


そして4位は巨人、と予想する彦野さん。

「3位と迷ったんですけど、やっぱりピッチャー陣が弱いと思います」

高田は「そうなんですよね。決定的な存在が菅野、田口…」と2人名前を挙げたところで、後が続きません。

菅野が万が一、故障した場合、軸になるピッチャーがいない、と彦野さんは指摘します。去年のマイコラスの代わりに今年はヤングマンというピッチャーを採りましたが、今のところ、パッとしません。

「となると、次に出てくるのが田口ぐらいですから、先発が不安だと思います」

彦野予想、3位はヤクルト


3位は、昨年最下位だったヤクルト。

「このチームは、昨年の成績は全く関係ないと思ってるんで、強い時は強いですから。ここの推しは打線が強力だ、ということだけです」

ピッチャーは万全とは言えませんが「それを昨年のDeNAのように、打って打って、打ち勝つ野球でいけるんじゃないかなと思います」

彦野予想、2位は中日


「1位、2位は一緒にしといてもらえます?」

こう前置きして彦野さんが先に挙げたのは中日。

「一応(2位として)書いたのは、期待も込めてドラゴンズ。去年の順位から下がるような要素はないですよ」

ここまで大きなケガ人を出していないというのも好材料です。

「いま悪いと言われているピッチャー陣。大野、吉見は必ず上がってきますから。若いピッチャー陣も揃ってきたので、昨年よりは絶対勝ちます。そう考えると、下がり目は絶対ありません。優勝までしたいと思ってたんですけど、やっぱり…」

彦野予想、1位は広島


「やっぱり…広島は強いと思います。マツダの力がすごい」

思わず高田アナも「マツダって!?」と確認します。

「マツダスタジアム。球場のマツダ。あそこは負けないんですよ」

つまり広島の強さは、ホームゲームに尽きるということです。
マツダスタジアムでの試合で、前半に貯金を作られてしまっては危険です。たとえ後半、イーブンで来られても、追いつける可能性はほぼありません。

「ドラゴンズもナゴヤドームでの勝率を昨年より上げればいいだけの話ですが、そう簡単にはいきません」

中日、広島との開幕戦はマツダスタジアムで開催されます。

広島のピッチャーはたぶん野村、ジョンソン、大瀬良だと思います。ジョンソンと大瀬良があんまり良くないんで、2勝1敗で帰って来てほしいですね」

今年は、マツダスタジアムの対戦成績を五分ぐらいに持ってきたいところです。

「あそこは1回か2回しか勝てないので、5~6回勝てれば勝負になると思います」

今シーズンの彦野さん、1位予想は、高田が疑問を呈したリスナーと同じになりました。果たして広島カープの3連覇はあるのでしょうか?
この予想はずっと1年間大事にとっておいて、来年の反省材料にしたいと思います。
(尾関)
この記事をradikoで聴く

2018年03月20日18時31分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×