CBCラジオからのお知らせ

『春の終活文化祭』インタビュー③ 山室雅子(終活プロジェクト)

CBCラジオでは、3月18日(日)まで『春の終活文化祭~シニアにYELL!~』キャンペーンを実施中です。

このキャンペーンの目的は、人生のエンディングを考える「終活」の新しいイメージの提案です。
キャンペーン最後の週末3月17日(土)・18日(日)には、CBCホールなどで楽しく学べるイベントを行います。
イベントはCBCホールでのステージを始め、終活にまつわる催しやセミナーを予定しています。

このキャンペーンについて、スタッフや出演者のインタビューをシリーズでご紹介します。
第3弾の今回は、終活プロジェクトメンバーのCBCラジオ編成業務部 制作担当の山室雅子に連動コーナーやステージイベントについて尋ねました。

パーソナリティがリスナーに代わり…


──『春の終活文化祭』のコーナーは、今月(2月)19日から『多田しげおの気分爽快!!』『つボイノリオの聞けば聞くほど』『北野誠のズバリ』『小堀勝啓の新栄トークジャンボリー』の4ワイド番組で始まっていますが、こちらはどんな内容になるのでしょう?

山室 まさにシニア世代のパーソナリティの皆さんが、例えば日頃はあまり話題にしない、"葬儀"の話にも踏み込んでいます。家族との突然の別れが訪れたとき、遺された家族はまずどこへ連絡すればいいのか…というような具体的な話から、最近メディアでよく取り上げられる「樹木葬」のお話などもご紹介しています。

──墓石の代わりに樹木をシンボルとするものですね。

山室 はい。実は今のシニア世代にとってお墓は「家族に任せるもの」ではなく、自分のスタイルを選択できるようになってきたんですよね。コーナーを通じて、そんな世の中の流れもお伝えできればと思っています。他にも、より健やかに過ごすための健康・医療や、知っておいたほうがいい法律の話、不動産などの財産を次世代に負担を少なく遺すためには…などなど各ワイドで展開しています。



多田しげおさん、つボイノリオさん、小堀勝啓さん、北野誠さん…パーソナリティにとってもまさに自分たちの話ですので、リスナーさんに代わって、専門家の方々に聞いていただけるんじゃないかと期待しています。

世代を問わず"脳"がリフレッシュ


──山室さんは『多田しげおの気分爽快!!朝からP・O・N』のプロデュースも担当していますが、3/18(日)の多田さんのステージについてはいかがでしょう?

山室 日曜日、朝時からの第1ステージで『脳にいいこと悪いこと』と題して、朝PONの「脳の特集」でもおなじみ、自然科学研究機構 生理学研究所の柿木隆介先生にご登場いただきます。
「脳の老化予防」「脳にいいこと!ウソホント!」など、シニア世代でなくても楽しめて、それこそ脳をリフレッシュいただけるようなステージになると思います。
多田さん自身も旅やウォーキングですとか、鉄道ですとか(笑)趣味も多く、目いっぱい人生を楽しもうというパーソナリティですので、柿木先生とのトークは盛り上がること必至です。

皆さんが元気になるステージに


──北野誠さんと『課長島耕作』でおなじみ、最近では60代、70代からの生き方のエッセイが話題の漫画家、弘兼憲史さんとの対談(17日土曜日第3ステージ)も楽しみですが、18日の第3ステージでは小堀勝啓さんが医師で作家の鎌田實さんとのトークセッションを行いますね?

山室 これがお互い初対面となるそうですけれど、小堀さんも楽しみにしているようです。
長野県諏訪中央病院での豊富な経験や、長野県の長寿日本一に貢献されるほど地域医療に取り組まれてきた方ですし、"がんばらない"という柔軟な生き方の提唱もされています。
東京ではラジオのパーソナリティとしても活躍されているので、小堀さんとのトークは楽しみです。ご著書のサイン会も予定しています。

他にも大城バネサさんや梓夕子さんの歌もあり、とにかくご覧になった皆さんが元気になる、そんなステージにしたいと思います。

母を呼びたくなるイベント


──ちなみに山室さんはこの終活プロジェクトでの準備を通じて、プライベートで何か気づいたことはありますか?

山室 私は前回インタビューを受けた3人より、ちょっとお姉さんなんですが(笑)、まさにいま終活に直面している親を持つ、リアルな子世代なんですね。



いま母親が70代なんですが、数年前に病を得まして、それほど重い病状にはならなかったんですが…、それでも以前の母とは変わってしまいまして。お料理をしなくなったり、興味が外に向かなくなって家に閉じこもりがちになったりとか、そういった親を持つ、まさに当事者なんです。
ですから個人的には母を呼びたくなるイベントを、ということを念頭においていました。母には『春の終活文化祭』へぜひ来てほしいと思っています。

──最後に、イベントに対するアピールを。

山室 ラジオのパーソナリティとリスナーには家族のような近さがありますから、ぜひおひとりで暮らしてらっしゃる方にも、家族を訪ねる感覚でCBC会館へ足を運んでいただき、パーソナリティと会っていただきたいですし、隣に座った方ともお友だちになっていただけるようなイベントになれば嬉しいですね。

──ありがとうございました。

なお、次回からは出演パーソナリティへのインタビューです。誰が登場するか、お楽しみに!
(編集部)


関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報