2017年5月24日(水)

SKE48竹内舞、卒業目前スペシャル!最後の「オ・ト・ナな一言」は?

SKE48 観覧車へようこそ / トーク

名古屋・栄で一番元気なSKE48が毎週月曜20時30分にお送りしている『SKE48 観覧車へようこそ!!』。

5/22のGMことゴンドラマスターは、今月末でSKE48を卒業する竹内舞。
「すっげぇ面倒くさい二人が来ました~」と紹介されたゲストメンバーは、同期の犬塚あさな、都築里佳。

今回は「竹内舞SKE48卒業記念!4期生女子会トーク」ということで、チームSの仲良し3人組がお届けします。

竹内、犬塚にナンパ師級の攻め

今回がこの番組のラスト出演となる竹内。
同じ4期生として約7年間一緒に活動をしてきた2人に「どう?私との思い出なんかないの?」と尋ねます。

SKE加入直後の説明会で竹内と隣同士だったという犬塚は、
「いくつー?何歳?どっから来たの?」と竹内からガツガツ聞かれて「すごい子だな」と思ったそう。
竹内は人見知りな犬塚を前に「落ち着いた子なんだなー。やっぱりSKEってこういう清楚な子が入るんや。大丈夫かな?」と思ったんだとか。
蓋を開けてみれば、実はクセが強いキャラであったということですが。

竹内と都築、アニメ好きの絆

都築は、お互いチームE所属だった時に、竹内と2人きりで行った関東のゲームイベントが思い出深いと語ります。
しかし内容が「2人でマネージャーさんと戦った」という話。
竹内から「いい思い出じゃねえじゃねえかよ!」と突っ込みが入ります。

「アニメが好き、アニソン歌手になりたいと発言できるようになったのは、実はぴよす(都築)のおかげ」と都築に感謝していると語る竹内。
未だにアニメの話で盛り上がるという2人です。

懐かし音源で振り返る竹内舞の軌跡

竹内最後の出演ということで、番組の過去の音源を交えてその足跡を振り返ります。
まずは2011年4月4日第105回の放送。
当時高校3年生、17歳の竹内『観覧車へようこそ!』初登場時の音源です。

「野菜生まれのベジタリアン娘、美少女になるため日々研究中!まいまいこと竹内舞です」

今は封印しているという「野菜生まれ」が久々の登場!なんともフレッシュです。

続いて、2012年1月23日第147回の放送。
ゲームに負けて「理想の告白をしてみる」ことになってしまった竹内です。
「あんたさぁ、この前2組のみなみちゃんにもまた振られてたじゃん。そろそろ舞が付き合ってあげる」
「何このツンデレ!」「こういうこと言われたいの?」と引き気味な犬塚、都築。

竹内は「自分から告白したいってまず思わない、何がなんでも言わない!言って来るまで待ち構える」と、自分はあくまでも「待つ女」であると断言。
「好きです、付き合ってくださいなんて言えないわ!!!」と急にボルテージが上がります。

「告白されたことは?」と振られて「ある!最後だから言っちゃう」と竹内。
「付き合ったらすごいデレデレしそう」と2人に言われると「うん、したい」と甘えた声で語り、「卒業後、婚活と恋愛活動がんばります!」とビックリ宣言まで飛び出してしまいます。

最後の音源は2013年12月2日第244回の放送「まいまいのオ・ト・ナな一言!」。
リスナーさんからいただいた普通の単語を大人っぽく言ってみるという名物コーナーです。
「日めくりカレンダー」「ポンジュース」「魚のすり身」「カラメルソース」をセクシーな吐息で発する約3年半前の竹内。これは貴重です。

「オ・ト・ナな一言!」にチャレンジ

「最後に『まいまいのオ・ト・ナな一言!』のコーナーやって欲しいです。よければゲストメンバーのお二方も」(Aさん)

というリスナーさんのおたよりで、急に竹内の声色がセクシー路線になります。

お題は「シュークリーム」。
竹内、さすがは元祖。
圧巻のシュークリームがさく裂します。
「セクシーというか、大人は吐息が全てだと思うので。これを踏まえて」という助言を受けて2人も挑戦することに。

遠慮がちな犬塚のシュークリームには竹内から「おしい!」の判定。
「今はまだダメ感」を出したという都築のシュークリームには「さすが声優!」と拍手です。

竹内舞から最後のご挨拶

しんみりするのも嫌なので、と元気に語りだす竹内。

「お世話になった番組でした。毎回いいダメ出しをしてくれるから、ラジオについての深さを知ることができて、よりラジオが好きになりました。
卒業しても芸能界を続けていきたいし、またラジオのお仕事やゲストとしても呼ばれたいと思っているので、またこのCBCラジオで皆さんに会いたいと思います!」

最後は「みんなまた会おうね!」とセクシーな声でオ・ト・ナに締める竹内でした。
(minto)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line