2017年5月13日(土)

北野誠『おまえら行くな。』の方向性に悩む?!

北野誠のズバリ / トーク

今日のメッセージテーマは「なかなかやめられません」。
北野誠も「やめるにやめられない」ことがあるようです。その熱くもどかしい胸の内を聞いてみましょう。

楽しい沖縄旅行?

現実に起きている怪異・心霊現象に北野誠が体当たりリポートする『おまえら行くな。』のDVDについて、北野誠がしきりにぼやきます。

「自分で見て『全然アカンな、わしら』と思った。どこ行っても怖さがなくなってる。沖縄では3つの最強の心霊スポットに行ってて、それなりに怖そうな雰囲気は醸し出てるんですよ。
気味悪い廃墟にも行って、よう分からん宗教的な儀式とかやっているお札とかも燃えてたり散らかっていたりするけど、そんなに怖くない」

ロケを始めて10年が経過。いろんな楽しみ方をしてもらおうと、沖縄のエイサー踊ってるところとか、ガジュマルの木とか、大コウモリが飛んでるところも入れているそう。4Kカメラで映像がきれい。

でも「いまいち怖さが伝わらん。ところどころ俺が言うてることが妙におもしろくて、みんなで笑ってるうちに、のどかな単なる沖縄の旅行ちがうか」と、北野。

沖縄旅行の間に心霊スポットに行くという、趣旨の逆転に悩みます。

いや、それはもうネイチャリングスペシャル?

北海道ロケのときも怖さを求めて行ったけれど、気がつけばネイチャリングスペシャルになってるとも。

北海道も山の奥だと、いちばん怖いのは幽霊でなく、ヒグマや夜中に走り抜けてくるエゾ鹿になってくる。

北陸では実際にツキノワグマに会いました。あまりの怖さに、みんなで輪になってツキノワグマから逃れたそう。

沖縄最大の廃墟では行くまでの道中、雨が降ってきて目の前にカエルが跳んでくる。ということは、それを食べるハブが現れる。そっちの方が怖い。

ヒグマ、ツキノワグマ、ハブときたら、ただのネイチャリングスペシャル。

「北野さんが元気ならそれでいい」

そして北野は『おまえら行くな。』のAmazonでの評価を見たとか。全体としては、3.5点くらい。
星一つのもあり、「これ何をやってんねん。ただの沖縄観光旅行やろ、怖さのかけらもない」みたいに書かれている。

「確かに2時間くらい見て、ちょっと怖いなと思った場面って2、3分しかなかったから。これどうなんや」と北野。

「趣旨を変えるしかないね。旅番組みたいにして、グルメなんか入れたら?」と木曜アシスタントの氏田朋子。
「違うねん。俺らはガチで幽霊見たい!というのがホンマにあるねん」と北野。

北野がAmazonの書き込みでいちばん悲しかったのが、「北野さんが元気でロケしてるなら、もうそれでいいんです」というもの。
しかも、それに同意する人が15人くらいいること。

「違うやろ!もっと叱咤激励してくれ!」と北野の真実の叫び。

「ありがたいファンの気持ちは分かるが、できることなら、あらぬ方向に手足が曲がって誰かケガ人がでるようなことを望んでます、の方がまだいい」

幽霊が見たいんや!

先日記事で触れたように、ゴールデンウィーク中に『原点回帰スペシャル』のロケをした北野。

今度は10年の区切りとして「幽霊とちゃんと出会うためには、日本国内では無理じゃないか」ということで、インドネシアにいくという企画が上がっています。台湾以来久しぶりの海外ロケ。

氏田「そうしたら海外の風景も見たい」
北野「また、違うスペシャルになるがな!」

北野は語ります。
「俺らは幽霊に会いたいんや、ツキノワグマとかハブとはもうええ。観光とネイチャーと心霊と、もう分からんようになってる。
インドネシア最強の心霊スポットがあるけど、蛇とか多いで。ヒルとか野生動物との闘いになるから、結局、ネイチャリングスペシャルや。もう幽霊出るまで、やめられなくなっている。いいかげん出てくれへんかな。なかなかやめられへん」

幽霊さん、ラジオを聴いていたら早く北野さんの前に出てきてあげてください!
(みず)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line