2017年5月10日(水)

女性も納得?!北野誠と井上トシユキが語る「やたら長いタイトルのAV」

北野誠のズバリ / トーク

ゴールデンウィークに関するこんなメッセージが『北野誠のズバリ』に寄せられました。

「嫁さんとこどもたちが私を休ませるために『パパはひとりで留守番してのんびりしておいて』と外出してくれました。
すぐに『今日や!ここしかない!』と、全裸になったその時でした。
玄関をガチャっと開ける音がして、忘れ物をした家族が戻ってきたのです。慌ててお風呂に駆け込み難を逃れたのですが、今なぜあなたはシャワーを浴びていたのかと問いただされ、言い訳が大変でした」(Aさん)

家族にはヒミツ。男の醍醐味

このおたよりに、北野誠が堂々と語ります。

「リビングの一番でかいテレビでAVを見てひとりエッチをするというのは、結婚してこどもができた後の、男の醍醐味ですから」

月曜アシスタントの松岡亜矢子は「それが醍醐味なんですか?!」と驚きます。
ITジャーナリストの井上トシユキも「久しぶりに俺の大黒柱の出動であると」とBGMまで口ずさみながらノリノリで続けます。

やたら長いタイトルのAVがトレンド?

ここで北野誠が今日の番組を支配してしまう、あるひと言を発してしまいます。

「お相手はソフトオンデマンドのタイトルのやたら長いやつ」

「あの長いやつね!」と井上は大爆笑。

「『僕に迫ってくるショートカットの彼女がどうのこうの』長いわー」
「『息子が交通事故にあって入院した。その日の夜に息子の嫁が風呂に入っているところを偶然のぞいてしまったら』シリーズ!」
など、とにかく盛り上がる二人。

一方で「何ですかそれー!ネタバレしてるじゃないですか!」とやたら長いAVタイトルには納得がいかない様子の松岡です。

ここで井上が全人類のオスという生き物を代表して「いやっ!内容が思った通りの時と、ちょっと外して来る時もあって、どっちにしろ興奮する!」と断言します。

しかし北野は次のコーナーを思い出し「しまったっ!ラジオショッピングの前にこんな話してしまった…」と反省し、いったんはこの話題から離れます。

やたら長いタイトル賛成派、追加

ところが、続くラジオショッピングの出演者さんもこの話題にいたくご執心。

「いやーもう素晴らしい話でした。声をあげて笑いましたよ。松岡さんがネタバレになるって言ってましたけど、中身がわからないと買ったり借りたりできないんですよ」と、自身も「やたら長いタイトル賛成派」である様子。

「タイトルが具体的で細かいほど面白さが増すっていうのがあんねんね」と言う北野の促しに「絶対タイトルで全て言っておいてもらわないと困りますもんね!僕としてはキッチリ説明してもらいたいですね!」と、自分のコーナーを忘れてしまったかのように声高に語ります。

男性陣にとってAVとは、語りつくせない憧れの存在のようです。

松岡、やたら長いタイトルに陥落

早速、この話題に関してのメッセージが届き、番組終了間際に紹介しました。

「やたら長いAVのタイトルありますね。『格闘技ジムに通うスケベな体つきの女格闘家と、くんずほぐれつセックスしたいパート2』とか」(Bさん)

「結構認知度高いんですね!」と感心した様子の松岡。
「人気ありますよ!」「一大ジャンルですよ!」と北野と井上は口々に語ります。

「あのね松岡さん『やたら長いタイトルのAVの方がそそるのコーナー』ですが、女性も似たようなものにそそられてるんですよ。ただの『グリーンサラダ』よりも『朝採れの野菜とシェフのこだわりの岩塩とオリーブオイルをふんだんに使ったサラダ』のほうが期待感高いでしょ!」(Cさん)

いつの間にかコーナーが新設されてしまいましたが、松岡もこの例えに納得したのか「高い!食べる!共感しちゃった!頼むこれ!」と大興奮。

「そんなサラダを女体の上に盛ってみないか」「急にソフトオンデマンドになった!」
とにかくやたら長いタイトルに心踊らせる3人でありました。
(minto)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line