2017年10月26日(木)

手作りカレーがあるのにレトルトカレーを食べる…嫁舅問題の闇

つボイノリオの聞けば聞くほど / トーク

『つボイノリオの聞けば聞くほど』、10月24日は、選挙の話、台風の話など、話題は尽きませんが、いつも永遠のテーマなのが「嫁姑問題」、のみならず「嫁舅問題」。
そこからカレー問題に発展し、日本の文化にまで話は至ります。

パーソナリティはつボイノリオと小高直子アナウンサーです。

おじいの反乱?

「ありえん、おじい!我が家の夕飯のメニューはカレーでした。普通カレーなら次の日もカレー食べるでしょ。お昼は当たり前に残りのカレーを食べるものだと思って、多めに作るんですよ。
なのにですよ、おじいは昨日のカレー食べずに、レトルトのカレーを温めて食べたんです。ふざけんなおじい!私のカレーよりレトルトの方が美味しいってか!(そうかもしれんけど)、だとしても、そんなにレトルトが好きなら、三食レトルト食べとけ!」(Aさん)

「別のものが食べたい、というのはあるかもしれませんが、カレーあるのになんでカレーなんでしょうかね?」

小高はみんなが抱く疑問を、代表して漏らします。

つボイは「一晩おいたカレーはおいしいものの定番だったけど、この頃は、置いておくとカレーの中で菌が繁殖するので気をつけてくださいという番組をよく見ますね。その影響かも。保存の仕方の問題ですけど」と、衛生面から解説したつもりが…。

「おじいちゃん、それが心配なら家族にも注意してあげな」と小高に、切り返されます。

つボイ「なんでしょうね」
小高「最近のレトルト、美味しいからね」

その理由はおじいちゃんに聞くしかなさそうです。

つボイの好きなお袋のカレー

つボイ「カレーは好きですが、いわゆる日本の文化の中でできたカレー、お袋が作るカレーが捨てがたい。インドカレーが本場だと気づいた時、日本のカレーってインチキやなと思ったんです。
が、タイカレーも美味しい、中国のカレーもある。そしたら日本のカレーも日本の文化の中でできたものでええんやないかと、最近認め出しました」

小高「外国の人も日本のカレー好きですよ」

つボイ「ましてや私は、お袋のカレーにソースかけて食うのが好きなんです。ソースの合うカレーは、タイでもインドでもない、日本のカレー。お袋の作ったカレー!」

それはつボイの好きなように食べたらいいと思いますが。

小高「おじいちゃんも食べてあげてね、家のカレー」

Aさんのおじい、再び

「くそー!夏の炊事は地獄なんだぞ。ビール飲みながらじゃなきゃ、やっとられんの。
なのにおじいは、晩酌用のビールを冷蔵庫から出す時、『あ、1本減っとる』。
ええやないか。ビール1本くらい。あんたがビール飲みながら食べてる枝豆も焼きナスも豚の生姜焼きもかぼちゃの煮つけも、ぜーんぶ私が、汗をかきかき作ったんだ。わかってんのか!私の汗に比べたらビールの1本くらい安いもんじゃ!
…と言えたら、ストレスたまらんのになぁ」(Aさん)

「このおじいは、わがままなおじいですね。レトルト食ったり、ビールでイヤミ言ったり」とつボイもあきれ声です。

都合のいい周波数

歳をとると耳が遠くなるといいますが、具体的に言うと、聞きとりにくい周波数ができてくるという話が、以前この番組で紹介されました。

「うちの85歳のオヤジがまさにそれです。TVの音量は音が割れるくらい。目の前で話しても会話できませんが、自分と母親が別の部屋でひそひそとオヤジの悪口を言っていると『おい、俺の話してたか』と言ってきます」(Bさん)

小高「ひそひそ話の周波数はよく聞こえる?」
つボイ「テレビの音量くらいでしゃべったらええんや、それなら聞こえへん」
小高「聞こえるよ、それ」

まさに周波数問題勃発!

「姑が耳が遠いので、主人が補聴器をつけたら?と言ったそうです。姑の返事は『おみゃあさんとC子さんの声だけ聞こえんだけだで、要らんわ』と」(Cさん)

まさしく、これは周波数問題ではないでしょうか。

つボイ「他はみんな聞こえとる。あんたらの声は聞きとうないわ、かな?さっきと逆の場合や。平気で悪口言えるわ」
小高「それは聞こえるんだね、きっと」
つボイ「周波数やな~」

それぞれの家庭にドラマがあります。

つボイのカレー文化論

高齢者との会話の工夫についてメールが寄せられました。

「高齢者の世話をしていた時、のどを傷めないためにやっていた方法です。享年95歳の祖母は耳が遠い。でも、私は喉が弱い。大きな声が出せない。そこで思いついたのは100円均一の店で売っている小さいメガホン。広がっている方を、祖母の耳にあてれば、普通より小さな声でもちゃんと聞こえましたよ」(Dさん)

小高は「ナイスな方法ですね」と感心。
そしてカレー問題にもリアクションが届きました。

「以前、朝のワイドショーの街頭インタビューで、インド人が、日本に来て一番美味しいのは?という質問に『カレーライス!』と言っていました」(Eさん)

つボイ「タイカレーも美味しいし、日本のカレーも美味しい。本場と違う味だと言われても、胸張ってその土地、文化の中で育つカレーがあっていい」

小高「私はソースより醤油かけますけどね」
つボイ「関西人は卵乗せるんやろ」

つボイは「どんなものでも、日本の中で醸造されて別のいいものができてくる、ということです」とまとめました。

この話を聞いていて「今晩はカレー!」と思った人も多かったことでしょう。
(みず)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line