2017年9月8日(金)

北野誠、おニューのサングラスでまさかのあの人に変身!

北野誠のズバリ / トーク

ラジオで原稿を読む時に、“ジャパネットたかた”で購入した赤い老眼鏡をかけている北野誠。

今から8年前、50歳の時にレーシックを受けて以来視力は回復したのですが、老眼はまた別の話。
遠くを見た後に近くを見るとなかなかピントが合わないこともあり、普段用に遠近両用眼鏡を作ってみたところ、なかなかいい感じ。
それで、日中日差しがまぶしい時用に遠近両用のサングラスも作ろうと思い立ったんだそう。

しかし、このサングラスにまさかの落とし穴が潜んでいようとは…

「みうらじゅんやん!」

自分でフレームと色を選び、度数を合わせて、結構なお金をかけてベーシックなレイバンタイプの遠近両用サングラスを作ったものの「これが失敗でした」と、ションボリ。

できた瞬間は「おっ!オシャレやん」と思ったという北野。
北野が持参した現物を見て、大橋麻美子も「うん、かっこいいですよ」と、好感触。

ところが、このサングラスを掛けて自宅に帰った時に事件は起こりました。
奥さんの第一声です。

「みうらじゅんやん!みうらじゅんやん!ビックリした!みうらじゅん帰ってきた思った!」

どうやら、みうらじゅんさんタイプのサングラスであるよう。

北野「この眼鏡掛けたら、みうらじゅんになんねんな」
大橋「ごめんなさい!私も思いました。失敗だと思います!」

とにかく笑いが止まらない大橋。

「単体でみたらオシャレですよ。でも掛けると?ハイ、みうらじゅん!」

大橋、ノリノリです。
3つの眼鏡の中で一番高額であるというそのサングラス。

「まさか、みうらじゅんになるとは。高い金だして…」

自他ともに認める失敗?サングラスを作ってしまったと、落ち込む北野。

というわけで、今回のおたよりテーマは「失敗したー」。
みうらじゅんさんに関して、眼鏡の失敗について、たくさんのおたよりをいただきました。

「福士蒼汰にはなれないから!」

「25年前、名古屋市某所で降りてくるエレベーターを待っていた俺。エレベーター到着、扉が開きビックリした。エレベーターの中にポツンとみうらじゅんさんがいました。本当にビックリし、大ファンなんで反応できずに固まる俺の横を飄々と通り過ぎるみうらじゅん。失敗したー、声かけといたらよかったな」(Aさん)

「誠さんじゃなくてね」一応確認する大橋。
「僕ではないです。僕は今、みうらじゅん“もどき”ですから」あくまでも、もどきの北野です。

「免許の更新に合わせて眼鏡を買いました。今までセルフレーム、要するに黒縁メガネは使ったことなかったんですが、店員さんのお勧めで初めてセルフレームにしてみました。『あのー、僕マツゲが長いし鼻が低いから、レンズ汚れると思うんですけど』という僕に店員さんは『福士蒼汰さんがイメージキャラクターの製品ですからオススメですよ』と福士蒼汰さんを連呼されます。買いました。でもやはり、福士蒼汰さんになることもなく、マツゲが短くなることもなく、レンズが汚れっぱなしになります。店員さんが好みの女性というわけではなかったんですけどね」(Bさん)

大橋「福士蒼汰にはなれないから!」
北野「なれないから!」
大橋「なれませんから!ダメダメ」
北野「やめといたほうがいいと思いますよ、それかもうマツゲ切るしかないです」

「福士蒼汰」を連呼されると、ついその気になってしまいますよね。
Bさん、あきらめずに掛け続けていたらもしかして福士蒼汰さんになれる日が…来る…いや、来ません!ごめんなさい。

10万越えの眼鏡に不安増大

「オープニングから、何を心配になるような話題をしてるんですか!やめてください!僕は普段から眼鏡を掛けているんですけど、初の遠近両用を作って、明日できあがりなんですよ。僕の場合、乱視がかなりキツイもんですから、レンズだけで7万ですよ。フレームとかで10万越えですよ、めちゃくちゃな大金ですよ。仕事するのに遠近両用ってどうなんやろ、失敗したら、と思っているところに何ですか?今日のオープニングの話は、ドキドキしますわ!」(Cさん)

Cさんにとって最悪のタイミングでこの話題。
心配になる気持ちもよくわかります。

みうらじゅんサングラスの使い道

「私も眼鏡で失敗しました。通常は遠近両用眼鏡をしてますが、パソコンで作業する時は中近の眼鏡をしています。中近の眼鏡は、パソコンとの距離ぐらいがちゃんと見えるための眼鏡で、通常は距離感がつかめません。家の駐車場で母親の車を移動しようとこの中近の眼鏡かけたまま車を動かしました。ゆっくり動かしたのにもかかわらず、車の後ろを壁にこすって、ハンドルを切ってしまいへこんでしまいました。失敗です。やはりこの眼鏡で車を運転したら距離がつかめないんですね。高くつきました。修理で5万円が飛んでいきました。たかが眼鏡、されど眼鏡ですね」(Dさん)

「使い分けなきゃいけないわけですよね、誠さんの3つのように。まぁ、1つちょっと使えませんけどね」

またしても、みうらじゅんサングラスの話題を持ち出してきた大橋。
かなり気に入ってしまった様子。

北野「ほっといてくれよ!新幹線の中で寝てる時あの眼鏡掛けて、みんなみうらじゅんさんが寝てる思う」
大橋「思う思う!やたら出没するなと。名古屋に。最近みうらじゅんが多いなと」
北野「最近みうらじゅんめっちゃ来てるでな、おい」
大橋「東新町によく出るけど」
北野「錦のあたりもおるで、みうらじゅん、やたら見んでって。みうらじゅん目撃情報があふれるかもしれん、あれでウロウロしとこ。怪しい店はあの眼鏡で」
大橋「使える使える!」
北野「フィリピンパブ行く時はあれで十分や。みうらじゅんが来た、思われる」

みうらじゅんサングラスの使い道が、無事?決定しました。
みうらじゅんさんと、みうらじゅんサングラスを掛けた北野が並んだ、“ダブルみうらじゅん”を見てみたいものです。
(minto)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line