2017年12月23日(土)

松坂大輔投手が中日ドラゴンズ入団テスト!ファンの反応は?

ドラゴンズスペシャル / スポーツ

最強の中日ドラゴンズ応援番組を目指す『ドラ魂KING』。
メインパーソナリティはCBCアナウンサーの久野誠。木曜日のレギュラーメンバーは同じくCBCスポーツアナの高田寛之と、チアドラゴンズの三浦志麻です。

12/21の放送では、中日球団からこの日発表された「来年1月下旬にナゴヤ球場で、松坂大輔投手の入団テストを行なう」というニュースについて、リスナーから届いたたくさんのおたよりが紹介されました。

事のあらましとは

その入団テストには、森繁和監督や現場スタッフ、球団編成の幹部らが立ち会って実施されます。

松坂投手は球団を通じて「チャンスを頂き感謝しています。テストに向けてしっかり準備していきます」とコメント。
森監督は「まず見てから。自分の目で見て、投げられるか。1月に判断する」というコメントを残しています。

西山和夫球団代表のコメントは「松坂投手と直接話をして、熱い決意をひしひしと感じた。テストをクリアして、一軍マウンドへの復帰を期待している」ということです。

この公式プレスリリースを受けて、高田アナは球団事務所に行き、西山代表に直接話を聞きました。

まだ細かくは話せない部分も多いようですが、とりあえずはテストが決まったという段階。
「本人は投げられる状態にある、ということは既に理解している」という話でした。

ソフトバンクホークスを退団後、アメリカで投球練習をしているVTRも球団として実際に見たそうなので、松坂投手は今かなりいい状態であると、球団も把握しているということです。

直接電話で本人と話をした西山代表は、「野球に対する真摯な姿勢だとか、もう一度一軍のマウンドで投げたいという熱い思いが伝わってきた。非常に好青年でした」と話していました。

「仮にテストに合格したら」ということで話を聞いたところ、西山代表は「戦力として活躍してくれるということはもちろんなんだけど、若い投手たちに松坂投手の背中を見ていろんなものを吸収してもらう、そういう役割も期待している」と答えたそうです。

テストは形だけかも?

話を聞いた感触として、高田アナが個人的にこう捉えたそうです。
「『テストに受かるか落ちるか分からんぞ』ということではなく、ある程度は合格ありきのテストになる可能性があるかなあ、というようなニュアンスを受け取りました」

その根拠として、テスト期間を挙げる高田アナ。
日程は決まっていませんが、期間は「そんなに長くならないのではないか。合否の判定は時間はかからないと思う」と西山代表が言ったことから、恐らくはスパッと決めるのではないかと。

春季キャンプなどで、きっちり見極めるためテスト期間が1週間に及ぶパターンがありますが、どうやらそういう感じではなさそうだと高田アナ。
それに、十分実績のある松坂投手ですから、投げられる状態なのであればまだまだ魅力があります。
という訳で、内定に近いかもという推測が生まれるのでした。

1月下旬のテストに合格すれば、すぐ契約して、2月からの沖縄キャンプに参加する運びになるでしょう。
ここで久野がいい考えを思いつきました。
「2月1日に背番号も名前もちゃんと入ったドラゴンズのユニフォームを着ていたら、『もう出来てるやん!やはり前から決まってたんや!』って分かる(笑)」

それに関した質問を、高田アナも西山代表に聞いたそうです。
「背番号は、(松坂投手の代名詞である)18番は既に鈴木翔太投手が付けてますよね。…(中日のエースナンバー)20番は空きましたよね?」

「何を言ってるんだ、まだ入団は決まってないんだ」という、至極当然の答えが返ってきたとか。

さらにこんなやりとりも。
高田アナ「沖縄、賑やかになりそうですね」
西山代表「まだ決まってないんだから」

手を変え品を変え、代表を攻めている高田アナなのでした。

不安視する意見が多数

では、リスナーからの意見を紹介していきましょう。

Aさん「松坂投手のいる沖縄・北谷(ちゃたん)キャンプ。少しは盛り上がることと思います。後はナゴヤドームでもう一度あの躍動感を見せてほしい。そして初めて、『彼を獲っておいて良かった』となるように」

Bさん「正直、3年間まともに投げていなくて、年齢も来年38歳。球団が何を期待しているのか疑問ですが、松坂側から売り込んでくるということは、ようやくまともに投げられる状態になったからだと信じるしかありません。あまり気は進みませんが、ファンは待つしかないという事です。変な意味で期待を裏切ってほしいものです」

Cさん「松坂さんを入団させるなら、以下の事をクリアしてほしいです。まず、1年間ケガなく一軍。ストレート145km/h以上。20試合先発登板、8勝以上。ナゴヤドーム満員。これぐらいやらないと獲得に納得できませんよ。どうかお願いします。ムダな買い物になりませんように。若手の邪魔になりませんように」

Dさん「球団としては確かに、松坂投手が入団すれば観客動員の面では良いでしょうが、若手の育成の面では疑問符が付きます。とにかく来年の1月はいろんな意味で楽しみができました」

Eさん「松坂投手が入団したら、後輩の涌井秀章投手(千葉ロッテマリーンズからFA)もメジャー行きを断念して、来てくれたらいいのに。それなら納得できる。横浜高校の先発3枚、松坂・涌井・柳裕也投手で20勝はしてほしい。いや、小笠原慎之介投手を加えた“神奈川カルテット”で30勝以上だね」

賛成意見もあります

否定的な意見が多数ですが、番組後半には賛成意見も増えてきました。

Fさん「松坂投手、私は大歓迎です。若手投手にもいい刺激になると思います。私はドラゴンズファンなので活躍を期待して応援しております。ナゴヤ球場でのテスト、見たいんですけど多分一般公開しないんでしょうかねえ」

これについては、さすがにそれはしないだろうと。報道陣でさえ入れないかもと、久野が答えました。

Gさん「松坂投手の背番号20、見たいです。200勝達成できる環境はあります(現在通算164勝)。球団はぜひ獲得を!」

さらにはこんな意見も。

Hさん「松坂投手をテストするなら、同じ元・ソフトバンクの大隣憲司投手をテストしてやってください。左腕だし先発でも谷間に使えそうです」

一気に賑わってきたドラゴンズのストーブリーグ。要注目です。
(岡戸孝宏)

この記事の radiko.jp
facebook twitter hatebu line

ドラゴンズスペシャル

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line