2017年11月21日(火)

祝セ・リーグ新人王!京田陽太選手に大器を予感する山田久志

若狭敬一のスポ音 / スポーツ

伝説のサブマリン投手、元中日ドラゴンズ監督の山田久志さんが語る『若狭敬一のスポ音』のコーナー、「山田久志の栄光に近道なし」。

11月18日は山田さんが今シーズンの京田陽太選手を評価し、さらに強いチームの土台作りの話題まで熱く語りました。
聞き手は若狭敬一アナウンサーです。

三拍子揃った京田選手

昨日(11/20)新人王が発表されました。下馬評では横浜DeNAベイスターズ濱口遥大投手との一騎打ちと言われましたが、最終的に中日ドラゴンズの遊撃手・京田陽太選手が新人賞を獲得しました。

今年はルーキーイヤーで頑張った彼に対する山田久志さんの評価は?

「高いです。久々に走攻守三拍子、それも高いレベルでそろった選手。珍しく打つ方も、守る方も、走る方も魅せられる選手がドラゴンズに誕生した」

こう語る山田さん。二拍子までの選手なら結構いるんですよね。

「いっぱいとは言わんけど、おおよしよし、という選手はいる。ただ三つはなかなかいない。京田はショートの守備も良くなってきた。スローイングの安定感が良いし、あの足があるから守備範囲もそこそこ良い。これからは守備で見せられるようになったら、スーパースターに近づくね」

バランスのいい走り

シーズン前、キャンプで見た時の印象はどうだったのでしょう?

「ここまでやるとは思ってませんでした。私はひ弱に感じたので」

これではプロのスピードについていけず、成長には時間がかかると思っていたそうです。

「走塁練習を見た時に、速いやつがいるなと思ったら京田だった。走り方がキレイだよね。足だけが回転しているような感じで、上体が動かない。バランスがいい証拠ですね」

自信が自信を産んだ

ひ弱に感じたということですが、事実、開幕当初はなかなかプロのスピードについていけなくて、特にバッティングでは、あまり前に飛んでいない印象もあった京田選手。

「最初は当ててしまう感じだったね。でも何かのきっかけがあったんでしょうなあ。引っ張れるようになって、ライトへ良い打球が飛びだしたもんね。
経験がまだない人って、自信が自信を産んでいくって、よく言うんです。それと堂上直倫だったはずのショートに起用されたこと」

良い方向に勘違い

「キャンプでは、堂上(直倫)選手がレギュラーだと思って、京田も見てるわけですよね」と言う山田さんに、「そういうもんですか?」と驚く若狭敬一。

「口では、ショートのポジション獲りたいです、みたいなこと言ってましたけれども」とアナウンサー目線の若狭。

「そうは言ったって、堂上がバリバリ守って、打ってるわけだから。自分はまだ、そこまで勝負できないなと思いつつ、最初はやってるんですよ」と山田さん。

去年は、規定打席にも到達し、守備も安定感のある堂上さんには、とても敵わないなと思ってところへ。

「今度は自分を使ってくれるわけでしょ。そうしたら良い方の勘違いをする。俺って凄いんじゃないかなと思う。それがまず、きっかけになるわけ。それで結果が出たら、やっぱり俺ってできるわ、という風にどんどん良い方に伸びていく」

プロの世界は安心が禁物

「使ってもらえた時に良いモノを出したから、今の京田があるわけ。プロ野球の世界で俗に言う”チャンスを掴んだ男”の一人ですよ」

山田さんによれば、どんな選手にも入ったら3回ぐらいはチャンスがある、とのこと。京田選手は最初のチャンスを掴んだということです。

「堂上直倫なんかね、チャンスは3回どころじゃない。6回、7回チャンスがあった。で、やっと去年チャンスを掴んだと思った。オフはこんなことをして、キャンプはこんなことをして、ペナントレースはこんな成績を目標にしてって思ってた。
ところが始まったら、あれよあれよという間に自分のポジションがなくなってしまった。やっぱりプロの世界は安心したらあかんね」

来年の京田選手は?

となると、来年京田選手がここまでやれる保証は?と尋ねる若狭アナに「ありません!それはないです」激しく否定する山田さん。

「プロの世界は、成績を毎年ちょっとずつ上積みしなくちゃいけないんですよ。今年、仮に京田が新人王獲るとする。ならば来年の京田への、チームが与えるハードルは高いですよ」

打率が2割6~7分では物足らないですし、盗塁も20個そこそこではどうなの?と、やっぱり求めるものは高くなります。

ハードルを越えていく選手たち

「それを確実に、一人一人が上げてきて、今のチームを作ったのが広島カープ。カープのレギュラー陣を思い出してください」

菊池涼介、丸佳浩、田中広輔、鈴木誠也、松山竜平、安部友裕。いずれも、年々、個人成績が上がっています。

「年々ハードルが高くなっているんだけど、それに答えている。それがチームの力になってカープがあるわけ。ドラゴンズもそうならなきゃいけない」

求む。京田陽太

「京田のような選手があと2~3人出てきてほしい。だから、ショートを堂上直倫と争ってもダブることはないわけ。直倫か京田がセカンドへ行って、それでガチッといけば、凄い強力な二遊間ができる可能性があるわけね」

お互いに、年々自己成績を上げるような形でやっていくとなると、思い出すのは往年の荒木と井端であり、福留と森野です。

「そうなってこなきゃ、チームは常にクライマックスとか、ファイナルとかシリーズまでは簡単には行けないですよ。カープなんて一朝一夕にできたチームじゃないですから」

京田選手の評価から、強いチームの土台作りの話になりました。どんどん京田選手のような選手が出て来て欲しいものです。出でよ、第二、第三の京田陽太。
(尾関)

※画像は昨年10月のものです。

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line