今中慎二が振り返る。星野監督、ブリーフ一丁で激怒!?

若狭敬一のスポ音 / スポーツ

元中日ドラゴンズのピッチャーで野球解説者の今中慎二さんが、6月29日放送のCBCラジオ『若狭敬一のスポ音』に出演しました。

リスナーからの質問に答える今中さん、現役時代に体験した、星野仙一さんにまつわる衝撃的なエピソードを披露しました。

キャッチャーのリード問題

「今中さんの現役時代で、いまドラゴンズのキャッチャーだったら誰に受けてもらいたいですか?」(Aさん)

「加藤でしょ。肩ええもん」と今中さん。
加藤選手は「加藤バズーカ」と言われているほどの強肩。今中さんが求めるものは肩のようで…。

「リード(の良し悪し)なんて俺が投げるんやから関係ないでしょ。俺の投げミスで打たれるだけのことやから」

よく、キャッチャーのリードで云々と言いますが…

「あれはメディアとか監督とかが言うだけであって、投げてるのはピッチャーやから。それ考えたらキャッチャーがよう怒られるのは、可哀想やなと思うもん」

現役時代、一緒にバッテリーを組んでいた中村武司さんは、当時の監督・星野仙一さんから、今中さんの倍は怒られていたそうです。
 

上原投手卒倒事件

この話からか、パーソナリティーの若狭敬一アナが、元中日の立浪和義さんに聞いた、という話の真相を今中さんに尋ねました。

それは今中さんが投げたある試合後のこと。

バッテリーミスによる失点で負けました。
試合後、星野仙一さんから監督室に呼ばれたのは今中さんと中村さん。それに上原晃さん。

上原さんは立浪和義さんと同期入団で、沖縄水産高校からドラフト3位で入った、小気味のいいピッチャーでした。
何度も呼ばれている今中さんと中村さんは鉄拳制裁も覚悟して監督室に行きました。

しかし上原さんは監督室に呼ばれたのが初めてだったようで、監督が怒る前に、その場で気絶して倒れたんだとか。

果たして、この真相や如何に?
 

ブリーフ一丁の星野監督

「甲子園で、宿舎に帰って、全体ミーティング終わって、部屋の電話が鳴ったんですよ。『監督室に来い』って言うから。3人で行ったんですが、もう入る瞬間から怒ってるわけですよ」

すでに監督室の扉の前から「怒ってるオーラ」が出ていたそうです。意を決してノックをして入ると…。

「ブリーフ一丁でおったんです」

3人の前に、星野仙一さんがブリーフ一丁で仁王立ち!これは怖いです。

「3人、横に並んでたんですけど、監督が怒ろうとしたら、上原さんが横で急にパターンって倒れたんです(笑)」

若狭アナいわく「最高の笑顔」で語る今中さん。

上原さんを心配する今中さんですが、監督からは「放っとけ!」の声が。
ユニフォームを着ていたら「はい」か「いいえ」しか選手は監督に言えない時代、今中さんは何もできずに放っておいたそうです。

「あれは逆にびっくりしたよ。でも、あれで監督もちょっと冷静になったんちゃうかな。怒ってたけど手までは飛んで来んかった。良かった~と思って。ずっとこの辺で喋ってたけどね」

星野さんとの顔の距離は3センチもないくらいだったそうです。
若狭アナが立浪さんに聞いた話は真実でした。
 

テンションの低い解説

「NHKのメジャー(リーグ中継)の解説をされているのを、いつも見ています。沈着冷静な解説が楽しいです。今中さんに質問です。あなたはテンションが上がる時はあるんですか?」(Bさん)

「テンションを上げて解説って難しいですよ。メジャーなんて特に」と答える今中さん。

実況で盛り上げるアナウンサーの話に乗っていけないそうです。
放送用の部屋はブースで仕切られてシーンとしており、放送中に付けるイヤホンからは、現地の解説が英語でずっと流れているそうです。

今中「終盤なら盛り上がるんですよ。前半は盛り上がらないんですよ。序盤は、時間との戦いです」

若狭「どういうことでしょうか?」

今中「今日は試合が長いなあ、と思いながらやってると、全然テンション上がってこないでしょ?だって、メジャーは引き分けがないんですから。終わりなき野球ですよ。延長19回とかやるんですから。どうせなら早く済んで欲しいんですよ。まずは、そこなんです」

実は、この週も14回までの試合を解説した今中さん、グッタリだったそうです。
 

厳しいのがイヤでプロへ?

「高校卒業後の進路はプロ球団を始め、大学、社会人、いろいろスカウトが来ていたと思いますが、その中から一番困難な道であろう、プロの世界を高校卒業時点で選んだのはなぜでしょうか?自信満々だったのでしょうか?」(Cさん)

今中「それはもう全く反対ですよ。とにかくプロは行く気がなかったんです。ドラフトにかかるとは思ってなかったんで、大学一本で決めてたんです。
大学行って、ちょっと高校3年間の疲れを大学で癒そうと思ってたんです」

若狭「どういうモチベーションですか!それ」

今中「野球部に入ったふりして、さっさと辞めて、大学生活を満喫したいなと思ってたんです」

今中さんは遊ぶ気満々だったようで、大学は東京の方に行きたかったそうですが…。

今中「大学のレベルの選択が難しかったんです。厳しいとこ厳しいとこ行かされるから。それやったらイヤやなと思ったんですよね」

若狭「ということでプロの道。ドラゴンズのエースへと進んだわけです」

今中「締まらんな~」 
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2019年06月29日13時21分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×