プロ野球選手って引退したらどうするの?山田久志が語るセカンドキャリア

若狭敬一のスポ音 / スポーツ

野球解説者の山田久志さんが、11月24日放送の『若狭敬一のスポ音』に出演し、プロ野球選手の第二の人生について語りました。

長くプロ野球の現役生活を続けて頂点を極めた山田さん。いわゆるセカンドキャリアについてはどう考えているのでしょう?

野球に携われればいいけど

「自分がプロという最高のレベルでやってきたので、何かの形で野球に携わっていけると一番幸せだと思います」と山田さん。

1984年まではプロアマ規定により、プロ野球選手がアマチュア選手を指導することはできませんでした。
現在は規制が緩和され、講習を受ければ指導できるようになっています。

山田「高校、大学、社会人に加えて独立リーグも出てきたから、プロ野球のユニフォームを脱いでも、もう一度野球に関連したことができる可能性はだいぶ広がりました。
とはいえ、全員がそういうわけにいかないんだよね。ある程度、実績を残さなかったらなかなかお呼びがかからないので」
 

こどもたちの指導者不足

山田さんは、現在ボランティアで「ヤングリーグ」(全日本少年硬式野球連盟の会長を務めています。

甲子園を目指す中学までのこどもたちの硬式野球のチームは、全国に千単位あるそうです。ところが指導者が不足しているということです。

山田「小学校高学年から中学校、高校時代は一番大事な時でしょ?ここで教えるのは本当の基本中の基本です。取り組む姿とか野球選手になるための考え方とかを教える人がいない、というのは非常に不幸なことなんです」

指導者として、その指導だけで生活できるビジネスになっていけばいいのですが、なかなか難しいようです。しかし、徐々に子供たちのスポーツをバックアップする企業が増えてきたということです。

山田「そういうことがもっと前面に出てくれば、復帰して指導しようというプロ野球選手は結構いますよ」
 

飲食店を経営する人

一方、引退後に野球から離れて独立起業する人もいます。
昔であれば、焼き肉店、焼き鳥店などの飲食店経営に乗り出す人が多くいました。

山田「店に顔を出しに行くんだよね。しかし何回も何回も行けるもんじゃないのよ。みんな、頑張ってやってるんだけど、焼き鳥、焼き肉、毎週毎週食べに行けないしね。
そうなってくると、だんだん遠ざかっちゃう。

野球選手やってて商売を上手に切り盛りするのは難しい。自分がオーナーで、誰かに任せるのが良いんだろうけど、それで成功するのも、これまた難しいしね」

山田さんが見てきた経験によれば、飲食店経営はなかなか難しいようです。

山田「選手時代に、あいつはなかなかいいヤツだったぞとか、あいつはしっかりしてるぞということがわかれば、就職先ってあるけどね」

選手時代にできた人脈を頼って就職するパターンもあるそうです。
 

球団が保証してくれた

話を聞いていて、こんな仮定をする若狭敬一アナ。

「私もこうしてプロ野球に携わっていると夢を見るんです。もし自分が野球が得意でプロからお誘いがかかったら?
その時、高卒で飛び込むよりも、社会人や大学を経由して行った方が、OBや後輩も増えて人脈が広がるから、そっちの方がいいなあと考えちゃったりするんです」

「今でもそっちの方が圧倒的に就職率がいいです」とズバリ言う山田さん。

山田「高卒はかなり苦しいですよ。ただ、我々の時代は恵まれていたと言えばそれまでですけど、入団する時にですね、球団が必ず一筆くれたもんですよ。私の場合は永久就職」
 

引退後も頑張らなきゃ

山田さんとの契約書には阪急株式会社が定年まで保証するという一筆があったそうです。
電車、旅行会社、ホテルなど当時の阪急系列会社は80以上。阪急では引退した選手は関連会社に必ず就職できたそうです。

山田「阪急だけじゃないですよ。みんな、そういうのをだいたい貰っていたもんですよ。引退する、今年契約を打ち切りますって言ったら、会社が斡旋してくれるんですよ。そういう意味では昔の球団って優しかったんだね」

球団を所有する企業側にも余裕があった時代なのでしょうか。
転職が流行って終身雇用が当たり前のことではなくなったとは言え、長い景気低迷から雇用環境が激変した現在から見ると、実に羨ましい気もでします。

山田「ベテラン選手が頑張ってるって言ってもまだ40いってるかいってないかぐらいよ。引退してもまだ人生は半分以上あるのよ。
それをどう生きるかって言ったら、やっぱり良い人生にするなら、残りのもう半分も頑張らなきゃいかんもんね」

ここまで話した後、「最後、良いこと言いましたね」と自画自賛して笑う山田久志さんでした。 
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2018年11月24日13時17分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×