「生きるのって…」SKE48江籠裕奈を悩ませるアレの正体とは?

SKE48 観覧車へようこそ!! / エンタメ

6月11日放送の『SKE48 観覧車へようこそ‼︎』は、チームKⅡ「えごちゃん」こと江籠裕奈、チームKⅡ「さきぽん」こと竹内彩姫、チームS「いずりん」こと仲村和泉の3人が出演しました。
中村は初の番組出演となります。

とうとう16日の土曜日に迫った「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」に向けて、それぞれ選挙期間に行なっているアピールを紹介します。

もうすぐ総選挙!

江籠「私はSNSなどでファンのみんなと一緒に使うハッシュタグを考えて、ツイッターなどで使っています」

今回の選挙期間は、メンバーとファンが繋がれるようにハッシュタグを考えるメンバーが多くいる中、江籠のハッシュタグは「#選抜えごー」。

「選抜へGO!と私の苗字がかかっているんです」とのこと。

竹内「私は普段、SHOWROOMやインスタライブなどの配信系をあまりやってこなかったのですが、この期間中は1日1回、ファンの皆さんの前で配信をするようにしています!」

文章だけではわからない竹内の仕草や表情が垣間見れると、ファンの間でも好評のよう。

仲村「私は、SHOWROOM内の総選挙イベントで、16位になれるように頑張っています。1日に3、4回配信することもあるんです!」

本当の総選挙ももちろんですが、イベントも疎かにしない、若手ならではの頑張りはさすがです。

仲村のSHOWROOMは朝から夜まで様々な時間に配信されているので、ぜひチェックを!

メンバーとしての実感

ここからはリスナーからのおたよりを紹介。

「仲村和泉ちゃんは4月のコンサートでチームSへと昇格しましたね。まだ2ヶ月ほどかと思いますが、チームSの雰囲気には慣れましたか?先輩のお2人も研究生からの昇格でしたが、チームに慣れたと感じたのはどのタイミングでしたか?」(Aさん)

仲村「実はまだあんまり実感がなくって。でもこの間、先輩たちとみんなでコンビニにアイスを買いに行ったんですね。その時に、ああ、自分は昇格したんだなと感じました」

竹内「それは可愛い!コンサートとかじゃないんだね(笑)」

何気ない普段の生活の中で、自分が正規メンバーだと実感することが多いとのことでした。

竹内「私、研究生の時はフラッとSKEの楽屋に入れなかったんですよね。チームの結束を感じて、ちょっと入りづらかったというか。でも、メンバーになったら何事もなく入れるようになりましたね」

江籠「うんうん、そういう時に一員になったんだなって感じるよね」

江籠「私は、正直忘れちゃった(笑)。SKEの初めての組閣のタイミングと同時に昇格したので、1からやっていくんだという気持ちもあって、あんまりそういうのは感じなかったのかも」

しかし昇格したての頃は年上の先輩がほとんどで、お姉さんばかりの環境にちょっぴり緊張もしたとか。

面倒なこと

おたよりが続きます。

「皆さんが最近、面倒だなと思うことはなんですか?」(Bさん)

仲村「私は外に出ることが面倒くさいです。意外と引きこもっていることが多いんです。寝てたり、テレビ見たりしています」

大阪で一人暮らしをしている仲村は、面倒が故にご飯もコンビニで済ませてしまうことが多いとのこと。

竹内「私は反対に予定を詰め込みたい派かも。午前中に東京で仕事があってこっちに戻って来たら、友達に電話して遊びに行ったりね。反対に面倒くさいことは、ラインのスタンプのやりとりかな。なんて返せばいいかわからなくなっちゃって」

メールやラインでの細々としたやりとりが苦手な竹内は、自分のメッセージで終わらせるのが理想だそう。

江籠「私も面倒くさいと思うこと、あります。生きるのって、お金かかるなって。市民税とか、消費税とか。買い物に行く時に特に感じるんですが、今まで親に任せっきりだったこともありあまり考えたことがなかったので、大人になったのかな」

春に高校を卒業し、社会人になったからこその悩みに直面する江籠。

「私たちもちゃんと考えていかなきゃいけないね」と先輩の背中を見て学ぶ後輩2人でした。
(ゆうつん)

♪6/11 セットリスト

M1「無意識の色」(SKE48 22th single.)
M2「焦燥がこの僕をだめにする」(SKE48 18th single c/w)
この記事をradikoで聴く

2018年06月11日20時30分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×