レポドラ日記

🦁『ライオンキング』🦁 劇団四季「名古屋四季劇場」で上演中❕

[この番組の画像一覧を見る]

名古屋市中村区にある
劇団四季の劇場
「名古屋四季劇場」
にお邪魔しました🦁

お話しを伺ったのは
現在上演中のミュージカル
『ライオンキング』のに出演されている
伊藤綾祐さん🎤


         
           

伊藤さんは知立市のご出身で、
22年前『ライオンキング』が
日本で初めて上演された際に、
子役として、主人公・シンバの子ども時代を
演じられていました🦁
その後、2006年に劇団四季へ入団!

昨年の名古屋公演から
ティモン役で出演されています。

「ライオンキング」
物語の舞台はアフリカのサバンナです。
主人公はライオンの子ども・シンバ。
父親で動物たちの王・ムファサから、
命の尊さを教えてもらいながら、
未来の王として育てられます。
しかし、伯父のスカ―の陰謀で父を殺され、
王国を追放させられます。
放浪先で出会い、仲間となる
ミーアキャットのティモン
イボイノシシのプンバァや
幼馴染であるナラとの再会を通じて
成長をしていくシンバですが
果たして父の死を乗り越え、王になれるのか・・・。

✨現在名古屋四季劇場で上演中です✨



劇団四季といえば
『ライオンキング』を
思い浮かべる方も多いと思いますが、
『ライオンキング』名古屋公演では、
なんと!名古屋弁が登場します😲💓


シンバが放浪先で出会う、
ミーアキャットのティモンと
イボイノシシのプンバァの2匹が
名古屋弁を話します。

これは、シンバが王国を出て
遠くへやって来たことを表現するための演出
で、
アメリカ・ニューヨークの
ブロードウェイ版では、
ブルックリン訛りの英語が使われているそう!

劇団四季の公演では、
この演出を上演地の方言を話すという形で
取り入れたそうなんです✨


東京では江戸弁、大阪では関西弁を話します🌵


なんと・・・
中継中に名古屋弁で演じて頂きました😭💕


馴染みのないサバンナから
一気に親近感が増しました!
長く上演されている作品ですが
こうやって地域ごとに違った演出でみられるのも
ライオンキングの魅力の1つですね🥰



名古屋弁の演出以外にも、
パペットと呼ばれる動物の人形や、
サバンナの大地を感じさせる舞台装置など、
注目してほしいポイントがたくさん❣

私もはやく観たいです🥰
 

昨年3月に開幕した
『ライオンキング』名古屋公演ですが、
来年5月15日の千秋楽が決定しました。
現在、12月公演までのチケットが一般発売中です。
2週間後の10月16日には、
千秋楽までの全公演のチケットが
一般発売となりますよ!😊✨


これが、『ライオンキング』が
名古屋で観られる、
最後のチャンスです!

🌵みなさんも最後のチャンスをお見逃しなくっ‼🦁

--------------------------------------------------------------
「劇団四季 名古屋四季劇場」
名古屋市中村区名駅南2丁目11-11

レポートドライバー🌈上田知宙
関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報