「満タン&灯油プラス1缶運動」

レポドラ日記 / ライフ・ヘルスケア
名古屋市中区の松原にあるガソリンスタンド
「株式会社西日本宇佐美 山王SS」へ☀✨

最近は大きな災害が
どこで起こっても不思議ではない状況が続いていますが、
東海地方は南海トラフ地震が発生した場合、
大きな被害が発生すると予想されています。


災害に備えて、
水や非常食を家庭にストックする行動
ある程度定着していますが、
これらと同じくらい生活に欠かせない

“ガソリンや灯油”を備えておこう!
といった意識は薄いのではないでしょうか。

今回は山王SSの
田中店長さん
9月1日から全国のガソリンスタンドでスタートした

「満タン&灯油プラス1缶運動」について
お話を伺いました🎤




これまで大きな災害が起きると、
ガソリンや灯油を購入するために
多くの方がガソリンスタンドに来店する

という状況が起きています。

東日本大震災や熊本地震、
昨年の北海道胆振東部地震の時もそうでしたが、
ガソリンスタンドの周辺道路は多くの車で渋滞…
というニュースはよく見聞きしますよね💦


「満タン&灯油プラス1缶運動」
万が一、大きな災害が起こった時でも
お客様が安心して暮らすための自衛手段として…
① 車の燃料メーターが半分程度になったら満タンにする
② 暖房用の灯油は専用ポリ容器で1缶多めに備えておく

この2つを推奨する運動です🌼🌷

ガソリンが残り少ないと車での移動も不安ですし
北海道の地震も冬場に起こっていたらと想像すると
灯油のストックがあれば安心ですよね💡



また、車はプライバシーが保てるので
災害時に車で避難する方も多くいらっしゃるそう!

その時に車の燃料が満タンであれば
避難や移動がスムーズにでき、
スマホを充電することラジオから情報を聞けたり
冷房・暖房を使い車内を避難所として使うこともできますよね(o^ ^o)

車が使えると
行動範囲やできることが広がりますね!


このようにガソリンスタンドは、

災害時にみなさんの安全な生活を支える
最後の砦の役割を果たすよう、
発電機の設置や災害時訓練などに取り組んでいます✨


お店には「災害でも満タンで安心」と書かれた
ノボリとポスターがありました♪
スタッフの方の胸にも「満タンで安心」のバッジが✨




もしもの時にも安心!
「満タン&灯油プラス1缶運動」
是非、実践していただきたいです!







レポートドライバー 🎀 清水藍


 
この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×