五右衛門風呂もある!揖斐川町のゲストハウスが気になる💗✨

レポドラ日記 / レジャー
岐阜県揖斐川町にありますゲストハウス
「YADOYA IBIGAWA」



裏山は竹林、入口には白い梅の木
小鳥のさえずりが心地よい
日本の原風景がここにはありました(o^ ^o)

神社の敷地内にあるこちら☀
今月の15日にオープンということで
準備が着々と進んでいますが…
実はちょっと変わったゲストハウスなんです✨

大和神社 禰宜 の
保井円さんにインタビュー🎤♪


ゲストハウス「YADOYA IBIGAWA」
築150年の古民家を改築した、

昔ながらの日本の生活を体験できるゲストハウス🌼

保井さんの家族が代々住んでいた建物だったのですが
しばらくは誰も使ってなかったそう…
しかし、この古民家をなんとか活用しようと改築💡

1階には4部屋、2階には1部屋があり
広さとしては延べ200平米ほど🏠


見上げると立派な梁!
縁側の雨戸も味がありますね(o^ ^o)







他にも!

竈(くど)という、いわゆるかまどであったり、
五右衛門風呂も残っているんです!






では、そもそもオープンのきっかけは?

実は保井さん、30歳の時にフランスに渡り
23年間、日本人が通う学校で国語の教師をしていたそう📚


そして、神社を継ぐために3年前に日本に帰国🛫
日本での生活の中で、

自然の素材を上手く活用している日本の文化は素晴らしい
と改めて実感💗

神社の裏山でたけのこを掘って米糠で煮て食べたのが
とっても美味しかったんだそう🌸


他にも、ワラビ栃の実を食べる文化は日本ならでは!
栃の実に関しては、栗と間違えて食べないように💥
とフランスで言われている程なんだそうΣ(・ω・ノ)ノ!


こうやって自然の恵みを活用し
生活を育んでいるいる姿こそが
本当の観光資源であり、日本の宝なのではないか!

と保井さん🌼🌷




揖斐川町の名産「揖斐茶」をテイスティングしたり
近所には漬物名人のおばあさんと一緒に漬物を作りを体験したり
秋の柿シーズンには、柿をみんなで取ったり、干し柿を作ったり…💡

神社のゲストハウスならではの体験として
断食にチャレンジしてみたりと
揖斐川町の”そのままの生活”を体験することができます💕

しかし、揖斐川町の町民みなさんは

”何もないけれど大丈夫かしら…”
疑問・不安もあったんだそう💧


けれど、普段何気なく生活してるその毎日は宝に溢れ
昔から伝わる知恵や工夫
そして、それを代々受け継ぐ生活こそが観光資源なんだ

保井さんはお話してくれました(o^ ^o)


観光地では体験できない"日本らしさ"
他の過疎化が進む地域でも参考になりそうですね✨






保井さん✨
色々なお話、ありがとうございました!






「YADOYA IBIGAWA」
岐阜県揖斐郡揖斐川町上南方543番地



レポートドライバー 🎀 清水藍

 
この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×