レポドラ日記

日本一大きい蝶「オオゴマダラ」が、豊橋市のんほいパークに!

愛知県豊橋市の「のんほいパーク」にやってきました。

2月9日、こちらの温室で日本で一番大きい蝶「オオゴマダラ」が公開されたというのです。

食べると苦い!?

お話を伺ったのは、豊橋市自然史博物館の長谷川道明さんです。



タテハチョウ科マダラチョウ亜科に属している大型の蝶。
羽を広げると13センチほどになり、日本に生息している蝶の中では最大とされています。

東南アジアなどの熱帯・亜熱帯の地域に主に生息しており、野生の個体を、日本では沖縄で見ることができます。
羽の柄は白地に黒のゴマダラで、少し黄色を帯びているものもいます。
このような柄が、新聞紙のように見えることから「新聞紙の蝶」「ペーパーバタフライ」と呼ばれたりもしているそうですよ。



この蝶の蛹は見事なゴールドなのも魅力の一つ!

幼虫の時に、「ホウライガラミ」という毒のある植物の葉を食べており、蝶になっても胴体の部分に毒をもっています。
苦い味がするそうなんですが、こうすることで鳥などの天敵に「食べると苦い」と思わせ、自分の身を守っています。
そういった身体をしていることから、この蝶は他の蝶と比べてゆったりと飛んでいるそうです。

毒の植物「ホウライガラミ」は、特に石垣島では民家の石垣に生えており、蝶を普段から目にすることは多いです。
また、優雅で人気があるので、家の前で「ホウライガラミ」を育てる方もいらっしゃいますし、石垣市では市の蝶に指定されています。
石垣の蝶、というイメージがありますね。
 

サイズは問わず、生き物の移動は大変

こちらの大温室では、植物以外で亜熱帯の再現度をより上げられないか、ということでオオゴマダラを迎える企画を考えたそうです。

オオゴマダラは石川県ふれあい昆虫館からいただいたそうです。

ここでレポーターは先週の中継を思い出しました。
アメリカから日本に来たキリンが、2ヵ月ほどかけて海を渡り、トラックで移動しました。
生き物の移動は大変ということを学んだわけですが…じゃあ、蝶は、どうやって運んだ?

長谷川さんの答えはこうでした。

「大きめの虫かごの中に入れて、電車で運んできました」

ただ、基本的に5度以下になると蝶に良くないので、温かい環境で運ばないといけないそうです。
そのため、比較的温かい電車を使っての運搬となりました。
年明けの石川県は寒いため、気にかけながら運んだとのこと。

規模はどうであれ、やはり生き物の移動は難しいものですね。
 

遠くにいてもすぐわかる大きさ

そうやって運び込まれたオオゴマダラ、いましたよー!



わかりますか?(笑)
白いものが、空に…。

両手で蝶の形を作った、くらい大きく感じましたよ。
わ、わかりますか…?



いた!!
きれい!

ビニールが風の流れでふわふわと浮いているように、オオゴマダラもゆっくり優雅に飛んでいました。

ゆっくり飛んでいる理由は「毒を持っているぞ!」とアピールするためなんだとか。
私たちにとって、その姿は美しいものですね。



温室内にはエサがいくつか設置されているので、運が良ければストローで吸っている様子を見ることができます。

オオゴマダラは、天気がいい日は飛んでいることが多いそうです。
曇りになると太陽の陽がなく、暗くなるのであまり飛んでくれません。
そして、曇りや寒い日にはなかなか飛んでくれません。
そのためオオゴマダラを見るためには、天気がよくて気温が高い日を選ぶと、優雅に飛んでいる様子を見れる確率が上がります。

実は今回のオオゴマダラの放蝶はは試験的に行われているとのこと。
オオゴマダラを見た来場者からは大変好評!

2月9日に20匹のオオゴマダラを放ったのんほいパークの温室。
この蝶の寿命は成虫になってから、約2ヶ月とされています。
ということは、見るなら今!?

日本一大きい蝶を発見して、より亜熱帯のジャングルを感じてください。
(CBCラジオレポートドライバー 小林美鈴)
豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)
愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238
 
レポドラ日記
この記事をで聴く

2019年02月26日16時47分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報