レポドラ日記

「常識を捨てたら、家は広くなる」新しい建築を提供する会社を発見


名古屋市西区にあるエグセファームにお邪魔しました。



エグセファームは、今までなかった家づくりを挑戦しつづける建築会社!?
ということで、お話を伺ってきました。



エグセファームの牧田社長にインタビュー。
(この椅子の製作者は牧野社長!中継の前日に美容院に行かれたそうです^^)

オフィスはとっても明るく、開放感もあります◎



デザインも光っていることが伺えますね。

そんなエグセファームの強みはなんといっても「希少地工法」

希少地工法とは、建築が難しいとされている土地に、付加価値を見出して、その特性を最大限活用したり、コストを抑えたり・・・さらに豊かな空間を創造する建築工法のことです。

建築が難しい土地というのは、坂や段差での高低差があったり、四角ではなく三角形などの変形といった”希少地”です。

例えば、段差のある土地に家を建てようとすると、通常では段差をなくすために埋め立てをします。
しかしエグセファームでは、段差は残して段差部分にも家の空間を作ってしまう!そうすることでより家が広くなるし、埋め立てる為のコストも削減◎

建築が難しいとされている土地は寧ろ個性がある
その個性を活かして、さらに広く、豊かな住まいを作ることができるのが、エグセファームなんですね^^

現在土地に関してお悩みをお持ちの方や、これからマイホームの購入を検討される方は、是非ともエグセファームにご相談に行ってみてください^^
ホームページや電話で事前に予約をするとスムーズです!



「常識を捨てたら家は広くなる!」

理念も未来も社員も明るいエグセファームでした^^
 

「エグセファーム」
名古屋市西区枇杷島1-2-20
TEL 052-325-3578




 
関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報