銭湯の魅力再発見!あいち銭湯資料館♨✨

レポドラ日記 / カルチャー

名古屋市中区千代田「あいち銭湯資料館」♨️
のれんをくぐると…お馴染みケロリンの黄色の風呂桶や昔ながらの番台など✨
実際に県内の銭湯で使われていた昔ながらの備品を集めており
全国的にみてもかなり珍しい資料館です(`・ω・´)

そもそも銭湯って…?♨

銭湯資料館の立ち上げに関わられた、
寺崎晋さんにお話を伺いました🎵

銭湯といえば…
大きな富士山の描かれた壁
天井が繋がっていることから、男湯と女湯で会話をしたり…
中には!男湯と女湯で石鹸を貸し借りするために
石鹸を通す穴も空いていることろもあるんだとか💡
し、知らなかったー!!



そういう構造からも
町全体のお風呂だったということが分かりますね(o^ ^o)

そんな銭湯の備品が資料館にはたくさん!
下駄箱傘立て体重計風呂椅子お湯をかき混ぜる道具
昔の石鹸シャンプーなど…約80点☀️






実際に使われていたものばかり…✨ということで
木も深い色に変わっておりますし、
風呂椅子などには傷もありそれがまた味なんですよねぇ💕

そんな中!私が気になったのがこちら!オカマドライヤー!!!
ヘルメットのようなオカマ部分ドライヤーになっているんです!
本物は初めて見たため大興奮✨✨



このオカマドライヤーレトロなマッサージ機実際にまだ動くので、
お金を入れて体験することもできますよ(o^ ^o)


 

ではなぜ銭湯資料館を作ろうと思ったのか?♨

まちの小さな銭湯は近年減る一方…(´・ω・`)
愛知県は昭和40年頃のピーク時には800軒以上の銭湯があったのですが
今は92軒ほどに減少しています💦

家風呂の普及や大規模なスーパー銭湯の増加や
デイサービスを使い入浴する高齢者の方も増え利用者自体が減少していること
また後継ぎのいない業者も少なくありません💧



そんな中
日本の伝統的な入浴文化を再認識してもらい後世に伝えるため
愛知県浴場組合の設立60周年を記念し、
昨年12月にオープンしました🔥

あいち銭湯資料館には
庶民の社交場っでもあった銭湯の歴史と楽しさが詰まっています(o^ ^o)

銭湯は日本の文化!
大人には懐かしい気持ちを…
若い方には銭湯に行くきっかけになればうれしいです♪

寺崎さん🎤✨


 

まとめ…♨

こちらのあいち銭湯資料館には
県内の銭湯マップも置いてありますよ(o^ ^o)



愛知の銭湯には話好きな愉快な店主の方も多いそうなので
身も心も、ゆったりほっこりしに行ってみてはいかがでしょうか♨


 


あいち銭湯資料館
愛知県名古屋市中区千代田3-9-14



レポートドライバー 🎀 清水藍
この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×